キャバプーとはどんな犬?人気のミックス犬の大きさ・性格・写真を紹介!

キャバプーとはどんな犬?人気のミックス犬の大きさ・性格・写真を紹介!

キャパプーというミックス犬をご存知でしょうか。キャパプーとはキャバリアキングチャールズスパニエルとトイプードルのミックス犬です。可愛らしい見た目から人気があり飼育頭数も年々増え続けています。キャバプーとはどのような犬なのか、キャバプーの魅力について紹介します。

堀江
ライター

堀江

記事の目次

  1. 1.キャバプーとはどんな犬?
  2. 2.キャバプーの性格
  3. 3.キャバプーの飼い方
  4. 4.キャバプーの値段
  5. 5.まとめ

キャバプーとはどんな犬?

キャバプーとは、「キャバリアキングチャールズスパニエル」と「トイプードル」のミックス犬です。
上品で可愛らしい見た目からファンが多く、人気を集めています。

キャバプーとはどのような犬なのか、大きさや寿命など、子犬・成犬それぞれの写真と合わせて紹介します。
キャバプーの飼育を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

写真

キャバプーの子犬と成犬の姿をそれぞれ紹介します。

ミックス犬なので、それぞれ姿は違いますので成長が楽しみな種類の犬たちです。

子犬

ミックス犬なのでどっち寄りになるかは変わってきますが、子犬の姿は毛がフワっとしていて気品よりも可愛さが抜群です。
これからの成長が楽しみな時期です。

成犬

毛が伸びてきて、カットが楽しめるようになってきます。
毛質によってもカットスタイルが変わってきますので、トリマーと相談して決めましょう。

大きさ

キャバリアキングチャールズスパニエルの体の大きさが体高30cm~35cm・体重7kg前後、トイプードルの体の大きさは体高28cm前後・体重3kg~4kg程なので、キャパプーの体の大きさは体高30~32cm・体重6~7kg程が平均であるといわれています。

キャバリアキングチャールズスパニエルとトイプードルをバランスよくとった個体であれば、トイプードルを少し大きめにした体の大きさになるでしょう。

のイメージ
トイプードルの大きさや平均体重・体重推移をご紹介!【子犬・成犬】
クルクルした毛と愛らしい瞳で人気のトイプードル。見かけることの多い犬種ですが、実は大きさに個体差があることはお気づきでしょうか。うちの子は大きいのか小さいのか、気になる方もいるでしょう。そこでトイプードルの大きさや平均体重、体重の変化についてご紹介します!

寿命

キャバプーの寿命は15歳前後とされ、比較的長寿な種類であるとされています。

トイプードルは長寿な犬種として常にランクインしている犬種ですが、キャバリアキングチャールズスパニエルは遺伝的な病気が多く、若くして亡くなることも多い犬種なので、キャバプーも遺伝的な病気に気をつけなければなりません。

しかし、トイプードルの長寿な部分も引き継いでいるので比較的、安心なミックス犬ではないかといわれています。

キャバプーの性格

キャバプーは、キャバリアキングチャールズスパニエルとトイプードルのどちらの性格も持った犬です。

キャバプーはどのような性格をしたミックス犬なのか詳しく紹介します。

のイメージ
トイプードルの性格は悪い?性別・毛色による性格の違いをご紹介!
トイプードルは、性格が悪いというのは本当でしょうか。毛色や性別によって性格が違うと言われています。個体差もあるとは思いますし、一概にトイプードルが性格が悪いとは言えないでしょう。それでは、トイプードルの性格を性別や毛色ごとのご紹介しましょう。

キャバプーの性格:賢い

キャバプーはトイプードルの賢い部分をよく引き継いでいますので、しつけが入りやすく賢く順応性があります。
キャバプーは飼い主が大好きで飼い主の指示に従うのが好きなので、指示を出すときは分かりやすいようにハッキリと指示するようにしましょう。

飼い主と一緒に行動することが好きなので、アジリティーやドッグダンスなど、ドッグスポーツを楽しむことができる犬たちです。

キャバプーの性格:遊び好き

やんちゃで遊び好きな性格をしている犬たちです。
小型犬としては運動量が多いので、自宅の運動だけでは満足しない可能性があります。

毎日の散歩やドッグランなどの施設で、ストレスがたまらないようにたくさん運動させてあげてください。

キャバプーの性格:社交的

社交的で誰とでも仲良くできます。
遊び好きな性格でもあるので、ドッグランで気の合う犬がいればすぐに遊びだすこともあります。

初めは相性を確認し、問題ない場合は遊んでいる姿を見守ってあげてください。
ドッグランで喧嘩にならないように注意しましょう。

キャバプーの性格:神経質

恐がりで神経質な面も持ち合わせています。
子犬のころから様々なものに慣らし、恐いものを減らしてあげてください。

特に自分を守るために吠えや噛み付きなどの攻撃にも出やすいので、子犬の頃から注意してしつけをおこなっていく必要があります。

次のページではキャバプーの飼い方や値段について紹介していきます。

関連記事

Article Ranking