狼犬(ウルフドッグ)とはどんな犬?性格や飼育しやすいのか・購入価格などをご紹介!

狼犬(ウルフドッグ)とはどんな犬?性格や飼育しやすいのか・購入価格などをご紹介!

狼犬(オオカミ犬)とは犬と狼との交雑犬です。飼い主のしつけ次第で家族にも従順に接してくれるようになります。オオカミ犬は警戒心注意深さを本能的に持ち合わせます。飼い主との過度なスキンシップは苦手という性質もあります。そんな狼犬についての情報を集めてみました。

hoshino
ライター

hoshino

小型犬と家族同様に暮らして10年が経ちます。現在0歳から5歳までの小型犬を大切に育てています。毎日が発見と学びの連続です。

記事の目次

  1. 1.狼犬(ウルフドッグ)とはどんな犬?
  2. 2.狼犬(ウルフドッグ)の飼育は難しい?
  3. 3.狼犬(ウルフドッグ)の購入価格は?どこで購入できるのか
  4. 4.狼犬(ウルフドッグは危険?)
  5. 5.まとめ

狼犬(ウルフドッグ)とはどんな犬?

狼犬(ウルフドッグ)と聞けば、やはり気性が激しく獰猛な性格をしているのでは?と思ってしまいますよね。

実際の狼犬はどのような性格をしているのでしょうか?確かに見た目は狼のような雰囲気です。

確かに狼の血統が混ざっていることもわかります。果たして、ペットとして一緒に暮らしていくことは可能なのでしょうか?その前に飼い主になろうとしている人が、狼犬の性格をきちんと把握しておくことが大切です。

簡単に言えば、元々犬は飼い主に忠実です。しつけ次第では従順な性格を形成することもできます。そこに加えて、狼犬の場合には、犬以外である狼の本能が加わっていると考えてください。つまり狼の持つ警戒心の強さを持ち合わせて生まれてきているということです。エサも大型犬以上に旺盛に食べる場合があります。一杯食べて元気に育てる!それが狼犬には必要なことなのです。寿命は一般的な大型犬と同じで10年から12年程度です。

性格

狼犬(ウルフドッグ)は、性格的にとても警戒心の強い性格をしています。一般的な犬とは違う独特な用心深さは、狼の持つ本能が作用しているものです。そこを矯正するのは困難です。結論から言えば、一般的な犬のようにペットとしては飼育困難な犬種であることは間違いありません。それでも、愛犬として迎え入れようとしている人もいます。

この場合には子犬のころからドッグトレーナーを付けて完全なしつけを身に付けるなど、飼い主側の努力も必要になってきます。狼犬には種類がありますが、性格的なものはほとんど変わりません。

学習能力は高い

飼い主が努力をし、狼犬の方が信頼を置いて飼い主を認識すると、リーダーとして信頼関係を築くことができます。ただ、そこまでに至るまでには時間がかかる犬種と言われています。エサを与えるときに、コミュニケーションを十分に図るなど、飼い主としても精一杯努力をしてください。コミュニケーションさえ、きちんと取れれば狼犬を飼うことは難しいことではありません。

大きさ

狼犬(ウルフドッグ)の大きさは次の通りです。

  • 体高→60センチ~85センチ
  • 体重→40キロ~70キロ
比較的大きな犬ですので、力も強く危険性もあります。他者に危害を加えることがないように、きちんとしたしつけが肝心です。家族として狼犬を飼うためにも狼犬の大きさや気質を家族全員が認識しておくことが重要です。

種類

狼犬(ウルフドッグ)には種類があります。輸入元の違いから姿形や呼び名が違っています。

サーロスウルフボンド

オランダが原産の犬種で、見た目も美しく国際畜犬連盟に公認されているウルフドッグです。身体能力の高さからも世界中のウルフドッグ愛好者から注目をされている犬種です。ピンと上を向いた耳と豊かな垂れ尾が特徴的です。引き締まったボディーにハスキーのような毛色で精悍なイメージがあります。

  • 体高→60センチ~75センチ
  • 体重35キロ~40キロ

クンミングウルフドッグ

中国、雲南省昆明市原産の狼犬です。そもそも警察犬、軍用犬として活躍をしている犬種です。2008年北京オリンピックの開催時には雲南省の警備にも活躍を果たしました。中国以外ではまだ知名度も低く認知されていない犬種でもあります。見た目はジャーマンシェパードによく似ています。毛色はウルフカラーです。

  • 体高→65センチ~70センチ
  • 体重→30キロ~40キロ
狼犬の中で人に慣れるのも早く外交的な性格をしています。警戒心の強さの中にも知的な部分を多く持ち合わせる犬種です。

チェコスロバキアンウルフドッグ

旧チェコスロバキア三の犬種です。国際畜犬連盟に公認されているウルフドッグの一種です。他のウルフドッグと比べると、本物の狼に一番、容姿が似ていると言われています。性格的には内向的でおとなしいタイプが多いようです。狼犬を家庭犬として育てたいと思う人には向いていると言われているほどです。訓練次第では素直で忠実な犬に育てることが十分に可能です。

  • 体高→60センチ~65センチ
  • 体重→20センチ~30センチ
夏と冬とでは換毛の差が激しく、毛量も変わります。冬場は多くの毛を蓄えて夏場は換毛をするので一回り小さく見えるほどです。

寿命

ウルフドッグの寿命は一般的な大型犬と同じです。12年から14年というのは平均的な寿命となっています。飼育環境や持病などによっては、多少の前後は生じますが、健康的に寿命を全うするウルフドッグは14歳程度までは長生きします。

狼犬(ウルフドッグ)の飼育は難しい?

狼犬(ウルフドッグ)は、一般的に飼育が難しい犬種と言われています。

それは狼本来の警戒心や攻撃性を持って生まれてきているからです。それでも、飼い主として狼犬と暮らしていきたいと考えている人も中にはいます。その場合にはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか?できるだけ寿命を全うできるように、しっかりと育ててあげることは飼い主としての役割です。

大型犬の一種として、大きな体に強い力を持ち合わせます。人間の身体能力を遥かに超えるほどの危険性もあります。

子犬のころから勤勉に訓練に励み飼い主として、密に接していくことで、狼犬も飼い主をリーダーと認めます。ここまでの道のりは困難極まりない場合も多いことを知っておいてください。個体によって性格の差はかなりあります。後は、飼い主との相性や訓練をどこまで受け入れるのか?ということが問題になります。肉食系の狼を想定してエサもたんぱく質の多いものを与えるようにしてください。

狼犬(ウルフドッグ)の購入価格は?どこで購入できるのか

現在、日本国内で販売されている狼犬(ウルフドッグ)は次の犬種です。

  • サーロスウルフドッグ
  • チェコスロバキアンウルフドッグ

いずれも、JKC(ジャパンケンネルクラブ)では狼犬として認定されています。

基本的にペットショップで購入できる可能性は低いようです。できればウルフドッグ専門に繁殖をしているブリーダーを訪ねた方が安全です。ウルフドッグに対して正しい知識を持った繁殖者の説明をきちんと受けたうえで、譲渡を決定することをお勧めします。価格も、ブリーダーによって多少の差があります。十分に説明を受けて、価格などの事前に問い合わせておくことが大切です。

狼犬(ウルフドッグは危険?)

狼犬(ウルフドッグ)や野性味のある犬です。狼の特性を思い返してみてください。常に群れの中で暮らす生き物です。自分のリーダーは誰なのか?ということを考えられる知能を持っています。

だからこそ、危険を回避するためにも、飼い主が毅然とした態度と信念をもって接することが重要課題です。

運動量も多くて食欲も普通の犬よりも旺盛なのは、よく知られたことです。普通の大型犬よりも広い飼育スペースを準備し普段から運動不足にならないように心がけるなど、ウルフドッグが狂暴化しないように、飼い主が先回りをして飼育環境を整えることが必要です。

狼犬(オオカミ犬)には満ち足りた運動量と食事量

狼犬(ウルフドッグ)はストレスが溜まるとどうしても狂暴になります。それを未然に防ぐためにも毎日の運動と、栄養価の高い食事を準備することが大切です。肉食動物ですので、毎日多めの肉を与えて満足のいく食事状態をキープしてあげることもポイントです。

飼育環境を整えて飼い主が狼犬に対しての知識をきちんと持ち合わせる。理解を持って誠実に接することで、いつしか、飼い主を唯一無二のリーダーと認識します。そこまでにかける労力や時間を費やせる自信がある人だけが、狼犬の飼い主として相応しいのです。

まとめ

狼犬(ウルフドッグ)と暮らすためには覚悟と知識が必要です。思い付きで購入をするようなことは避けてください。きちんと自分の生活状況や犬の飼育環境を整えた状態で、狼犬との暮らしを考えてみましょう。狼犬を飼うということには、すべての準備が必要なのです。

関連記事

Article Ranking