あなたのシェルティは肥満?成長過程の体重の推移・平均体重を紹介!

あなたのシェルティは肥満?成長過程の体重の推移・平均体重を紹介!

シェルティは毛量が多く肥満になっていても見た目では分かりにくいことがあります。シェルティの成長過程の体重や体重管理に気をつけたいことについて紹介します。ペットのシェルティは肥満ではないか、食事量はあっているかなど確認してみてください。

シェルティの成長過程の体重推移

Photo by Laineema

シェルティの子犬から成犬までの体重の増え方について把握はできていますでしょうか?

以下はあるご家庭の10Kg程のメスのシェルティの成長過程での体重の増え方になります。子犬~2歳までの体重の増え方を見ていきましょう。

生後3ヶ月 2.5Kg
生後4ヶ月 5.2Kg
生後5ヶ月 5.9Kg
生後6ヶ月 6.7Kg
生後8ヶ月 7.5Kg
生後11ヶ月 9Kg
1歳半 9.5Kg

以上がシェルティの成長過程の体重の増え方の一例です。大体のシェルティが11ヶ月くらいまではグッと体重が増加し、体が大きくなります。そして1歳ぐらいには体重の増加が止まり、成犬の大きさとなります。

1歳になったらその体重を維持できるように管理していくのが良いですが、健康診断で獣医師からの指示がありましたらその指示に従い管理しましょう。

元々の大きさや遺伝の問題で大きく変わる場合もありますので、不安な場合は獣医師に確認してみると安心です。
痩せすぎ、太りすぎの場合はそれぞれどのような管理が必要か指導してもらえます。

自分では判断が難しい場合は、プロを頼りましょう。

シェルティの成犬の標準体重

Photo bycongerdesign

シェルティの理想的な平均サイズは体高37cm、体重6.4Kg~12Kgです。
オスメスで大きさはそれほど変わらないといわれています。

シェルティの体のサイズは幅が広く、5Kg程の小さな固体もいれば20Kgにもなる大きな固体も存在します。
そのため一概に体重だけをみて太っている痩せているとは言えないものがあります。それぞれ、体の特徴を確認して判断する必要があります。

体高・体長の測り方

ペットの体高と体長を把握しておくことで、洋服のサイズや健康維持・成長記録に役立ちます。
それぞれどのように計ればよいのか紹介します。

体高の測り方

体高は犬の背中の高さから地面までを計測します。
体の大きさといえば大体が体高が該当し、体高が計測されます。

体長の測り方

体長とは犬の胸骨からおしりまでを計測します。
尻尾は別として計測しますので、自分で計測する際は尻尾は含まないように注意しましょう。

体長を把握しておくことで、実際に服を試着しなくてもサイズが分かるようになります。
シェルティは抜け毛対策から服を着せる飼い主が多いので、ネットで買うときなどに便利です。

あなたのシェルティは肥満?

Photo byMr_niceshoot

ペットのシェルティは体重管理が出来ていますでしょうか?

シェルティはフサフサの毛のため肥満かどうかが分かりにくいですが、毛をかき分けて肋骨を触ったときに軽く肋骨が確認できるようでしたら肥満の心配はありません。
逆にゴリゴリ触れる場合は痩せすぎの可能性がありますので、食事量を増やしてみるのも検討してみてください。

以下で体重が適正なものか確認方法を詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

体重を維持するために必要なこと

肥満や痩せすぎを防止するためには、毎日適切な管理をしてあげる必要があります。
どのような管理をすればよいのか紹介します。

シェルティの体重管理:食事管理

シェルティに与える食事は、必ずドッグフードの総合栄養食にしましょう。小食なシェルティも多いですが、ドッグフードを食べないからと人間の食事を与えるのは避けましょう。

人間の食事は塩分が多く味が強いもののため犬にとって、とても美味しいものとなりますのでよりドッグフードを食べなくなる可能性があります。人間の食事はカロリーが高く、肥満や高血圧・糖尿病などの病気の原因になりますので十分注意しましょう。

ドッグフードを食べない場合は、ボイルした鶏ムネ肉をトッピングしたり煮汁をかけてあげるだけでも食欲が出る場合もあります。

逆に食欲旺盛な場合は、ボイルしたキャベツなどの野菜をトッピングしてあげる、または早食いを防止する食器を活用してあげると満足感を得られやすいです。

肥満や痩せすぎを防止する対策をとった食事内容を考えてあげてください。

シェルティの体重管理:運動管理

シェルティは牧洋犬として走り回って働いていた犬なので、運動量が多く、運動して体を動かすことが好きな犬種です。
室内だけでの日常生活では運動量が足りないので毎日散歩は必須です。

運動不足はストレスになりやすい犬種なので、ストレスが溜まらないように定期的に発散させてあげることが大切です。

ストレスは破壊行動や性格の変化があらわれることがあります。
人間と同じようにストレスが溜まるとイライラして何かで発散させようとするので、いたずらが増えたり人間に対して攻撃行動をしたりと問題行動につながる場合があります。

穏やかに過ごせるようにストレスが溜まらないように管理してあげてください。
最近いたずらが増えた、性格がきつくなったと感じるようであれば、ドッグランなどで目一杯遊ばせて疲れさせてみるのが良いです。

シェルティの体重管理:室内環境

自宅はシェルティが足を痛めないように工夫してあげてください。

足を痛めると運動が制限されてしまうので、床には滑り止めを敷くなど対策をとり安全に過ごせるようにしてあげることが大切です。

滑って怪我をしないように管理してあげてください。

まとめ

シェルティの体重の推移や体重管理について紹介してきましたがいかがでしょうか。

シェルティは運動が必須な犬種です。肥満対策のためにも毎日たくさん運動させてあげてください。

肥満は病気の原因にもなりますので、適切な体重を保ち、元気に長生きできるように管理してあげることが大切です。
ストレスが溜まらない快適な環境を用意してあげましょう。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう