小豆柴とはどんな犬?性格やサイズ・値段をご紹介!

小豆柴とはどんな犬?性格やサイズ・値段をご紹介!

小豆柴とは柴犬の大きさとは全く異なるサイズの小さな柴犬です。つまり世界最小の柴犬なのです。小豆柴専任のブリーダーが産出している、非常に小さな柴犬のことを、小豆柴と呼びます。今回は、小豆柴に関する情報を集めてみました。画像を見るだけで癒されます。

hoshino
ライター

hoshino

小型犬と家族同様に暮らして10年が経ちます。現在0歳から5歳までの小型犬を大切に育てています。毎日が発見と学びの連続です。

記事の目次

  1. 1.小豆柴とはどんな犬?
  2. 2.柴犬らしさを大切にしたブリーディング
  3. 3.小豆柴の値段は?
  4. 4.小豆柴は飼いやすい?

小豆柴とはどんな犬?

小豆柴は、人気の豆柴を先祖に持つ小さな柴犬です。小さな柴犬というよりも、豆柴と比べると半分程度の大きさです。つまり柴犬の種類の中も想像以上に小さい柴犬です。まるで愛玩犬のチワワやトイプードルと同じくらいの体高や大きさなのです。この、小さい柴犬を求めてブリーダーを探している人も多いようです。

小豆柴は「あずきしば」と呼びますが、中には小さな豆柴と区別がつかない人がいるようです。豆柴と並べてみると、「あずきしば」と呼ばれる所以がわかります。小豆のように小さくて、華奢な体をしています。それでもメンタル面は柴犬そのものです。そのギャップが可愛いと思う気持ちを倍増させるのかもしれませんね。世界で一番小さな柴犬ということで、値段もどうしても高額になります。

View this post on Instagram

可愛い❗欲しい #小豆柴

久保田さん(@jiubaotian3)がシェアした投稿 -

小さいけれども柴犬なのだ!

あまりにも小さな体をしていますので、室内犬としては最適です。それでも飼い主は理解をしておくべきことがあります。それは、柴犬としての気質をきちんと持ち合わせていることです。小さいけれども「柴犬」であることには違いないのです。「子豆柴」などという表現をされる場合もあります。

豆柴は柴犬の一種で、一番小さい品種なのです。正式名称が「小豆柴」です。柴犬のプライドにかけて小さくても、ちょっと冒険心が旺盛で、柴犬本来の忠誠心や従順な心を持ち合わせます。愛玩犬に接するように甘やかして育てようとすると!小豆柴の方から、拒否をされる場合も!その理由は、柴犬は飼い主との程よい距離を好みます。そこを理解して飼い主も小豆柴に接していく必要があるからです。

小豆柴の被毛は?

柴犬と同じようにアンダーコートとトップコートの二重構造になっています。毛色も、赤茶色、黒色、ゴマ色などがあります。親の被毛によって生まれてくる赤ちゃん小豆柴の被毛の色が変わります。

性格

実物の小豆柴があまりにも小柄なので、ついつい小型犬のように甘えん坊で依頼心も強いのでは?と錯覚してしまいます。実は小豆柴の性格は柴犬らしく、実直で飼い主に対しては固く忠誠心を貫きます。かなり、頑固で融通が利かない場合もあるのです。飼い主以外の人に心を開かないのも、柴犬特有の気質です。

その分、家族の一員として愛らしく、「小さな柴犬」という横顔を眺めているだけで、幸せな気分になります。柴犬としての風格と気質の強さを大事に育ててあげたいものです。

サイズ

小豆柴の成犬は体高が25センチ程度です。そして体重は2キロ前後ということで小型犬と変わらないサイズです。個体差がありますので一様ではありませんが、チワワやトイプードルという犬種とほぼ同じサイズです。

柴犬らしさを大切にしたブリーディング

  • 綺麗な三角形のしっかりとした立耳
  • 瞳の色は深い褐色で丸みを帯びず三角形の目
  • 尾っぽは背中にぴったりと付いていてる。きれいに巻き上がった形
小豆柴は上記の柴犬の個性をそのまま、生き移したような個体です。まだまだ希少価値の高い小豆柴は、比較的高値で譲渡されます。ブリーダーは日本でも数える程です。ペットショップなどで出会える「小豆柴」のルーツは、不確かなものが多いようです。正式に豆柴を交配させて産出したものではない可能性もあるようです。被毛の色も、白色を始め柴犬らしい被毛を揃えてブリーディングしているのが専門犬舎です。

あくまでも純血種の柴犬を土台に、ブリーダーが苦労をして産出したものです。だからこそ、物理的にペットショップなどで販売しているということは考えられないのです。本物の小豆柴に出会うためには、専門のブリーダーに問い合わせる必要があります。
 

子豆柴と小豆柴との区別を

豆柴の子犬を「子豆柴」と言います。そして小豆柴は豆柴を交配させて産出しています。つまり、子豆柴と小豆柴とは違うものなのです。サイズだけで判断すると、素人には難しい場合もあります。専門のブリーダーのところで直接面会させてもらうことが賢明です。

豆柴と小豆柴の2ショット

View this post on Instagram

可愛い富士野荘の豆柴ちゃん達のご紹介❤❤Part1 @yochan.papa 黒柴風太くん🐕 磨呂くっきりのイケメン✨ パパさんと風太くんにお会い出来て、お話出来て嬉しかったです😌 パパさんありがとうございます💕 @miphoosan 白柴藤丸くん🐕 会いたかった藤丸くん❤️お目々が可愛い😆💕 遊んでたのに、写真撮らせてくれてありがとう❤ @marou_shibaken 赤柴マロウくん🐕 写真撮るよーって時に、くぅくぅお喋りしてて、それがめちゃくちゃ可愛かったのです😍💕💕 またお話したいなぁ😌❤️ 、 、 @lily0316am 赤柴リリちゃん🐕 #極小豆柴界のアイドル 💕もふってしたお口が可愛いの😆次回はリリちゃんひとりで撮らせてください✨✨ 、 、 @family.k 黒柴ハッチちゃん🐕&赤柴Pちゃん🐕 ハッチちゃんは初対面✨とまとピッタリくっつけたけど、怒らずたくさん写真撮らせてくれてお利口過ぎました😆 小豆柴のPちゃんは2度目✨ キレイなお顔でお眠タイム?とにかく小さい✨本当、可愛い😍💕💕 、 、 Part2へ続く… #豆柴 #極小豆柴 #小豆柴 #富士野荘オフ会 #柴だらけ #柴犬 #黒柴 #犬 #まめしば #まめしばいぬ #ふわもこ部 #富士野荘 #とまと #エブリドッグ #浜松 #pecoいぬ部 #いぬのきもち #shiba #shibainu #shiba_snap #shibastagram #mameshiba #豆柴とまと

豆柴とまと姫🍅さん(@shiba_dog_tomato)がシェアした投稿 -

実際に、豆柴の体つきはかなり小さいものです。画像で確認するとさらに小さな柴犬が小豆柴だということがわかります。画像だけでも、その小ささはつたわってきます。

白い小豆柴は小熊のあかちゃんのよう

ぬいぐるみのような雰囲気の白い小豆柴です。その小ささや愛らしさから我が家にも是非迎え入れたいと、願い飼い主さんも徐々に増えているようです。白い小豆柴は、どちらかと言えばまだレアカラーです。譲渡金額の方もどうしても値が張ってしまうのは、致し方がない部分もあるようです。

寿命

一般的な小型犬と同じで、15歳前後と言われています。基本的に室内暮らしになりますが、お散歩の時間や運動量も考えてあげることが必要です。寿命を全うさせること。飼い主としての役割です。

小豆柴の値段は?

小豆柴を譲渡してもらうためには、ブリーダー探しから始めましょう。日本国内では数少ない小豆柴の正式譲渡となります。気になるのは子犬の生体代金です。血統にもよるのですがおおよそ次の通りです。

  • 親犬にチャンピオンタイトルがある場合 30万円~40万円
  • 一般的な小豆柴の場合 25万円~35万円
こちらが平均的な譲渡価格です。ブリーダーが、希少価値が高いと感じた被毛の色や顔立ちを持った子犬の場合には、高額設定になる場合もあります。もちろん、血統も重視されます。普通に小型犬の子犬を購入しようとした場合よりも、さらに値段は高額になることをあらかじめ知っておいてください。

小豆柴は飼いやすい?

小豆柴は、柴犬に多い病気さえ気を付けていれば長生きさせたげられます。サイズは小型犬ですが、警戒するべき病気や体質はあくまでも柴犬がルーツであることを常に意識しておいてください。柴犬自体に皮膚病が多いのも事実です。生活環境をきちんと整えて適切な食事管理と健康管理をおこなうことで、平均寿命までは家族同様に暮らすことができるのです。

まとめ

室内で過ごせる小豆柴(あずきしば)と幸せに暮らしたい!そう考える前に、まずは柴犬の気質をきちんと理理解をすることから始めてください。そして柴犬らしさを小さなボディーに秘めている小豆柴(あずきしば)を適切に管理をして、長生きをさせてあげること!それが飼い主として最初に必要な意識です。画像だけではなかなか伝わらない、小豆柴の魅力はできれば直接、専門ブリーダーを探して会わせてもらうことが最良です。

関連記事

Article Ranking