獣医師監修記事

犬が食べていい野菜・フルーツまとめ!犬に野菜・フルーツを与える時に注意すべき事は?

犬が食べていい野菜・フルーツまとめ!犬に野菜・フルーツを与える時に注意すべき事は?

犬が健康のために食べてよい野菜は何でしょうか?実は犬にとって野菜は適度な食物繊維のおかげで便秘を予防しておなかに細菌バランスを整える効果もあるのです。今回は犬と野菜の関係性を追求してみました。消化に十分に注意を払えば、野菜も健康維持に役立つのです。

hoshino
ライター

hoshino

小型犬と家族同様に暮らして10年が経ちます。現在0歳から5歳までの小型犬を大切に育てています。毎日が発見と学びの連続です。

監修: 獣医師・院長 平松育子

(ふくふく動物病院)

記事の目次

  1. 1.犬が食べていい野菜は?
  2. 2.犬が食べていい果物は?
  3. 3.犬に野菜・果物をあげる際の注意
  4. 4.まとめ

犬が食べていい野菜は?

みなさんは犬が食べても良い野菜と、ダメな野菜を見分けていますでしょうか?

人と犬とでは消化器の作りが違いますので、どんな食べ物でも人間同様に犬に与えてもOK!というわけにはいかないのです。

犬が食べてよい野菜を把握しておく事について

フリー写真素材ぱくたそ

出来れば安心して与えられる種類の野菜を常に頭に入れておきましょう。

犬にあげていい食べ物を知っていることで、ワンちゃんの安全な食生活を維持することができ、食はそのままワンちゃんの健康に繋がります。

今回は犬が食べて良い野菜・果物についてですが、犬が食べてもいい野菜・果物をきちんと知っておくことで、怖い誤食を起こすことを予防できます。

例えば子犬にとっては、いつから与えても良いのかどうか?と判断に迷うところです。原則的に1歳未満の子犬には、野菜を与えることは控えた方が無難です。犬にあげていい食べ物と思っていても、それは思い込みで見当違いの場合もあるのです。

特に野菜の中にも犬にとって毒性の強いものもあります。そこをきちんと知識として知っておいて見分けて与えることが大切です。

またエサの上にトッピングとして与えている飼い主さんも多いようです。野菜の種類によっては柔らかく茹でることで消化しやすくなったり、中にはゆでることで害のある成分がお湯の方に溶けだし安全に食べることが可能になるものもあります。反対にゆでてしまうことで柔らかくなりますが、栄養素が流れ出てしまいあまり栄養のない野菜になってしまう場合もあります。口当たり、消化しやすさ、栄養面、それぞれを考えて野菜別にどのように調理したらよいのかをしっかり見極めましょう。

犬が食べてよい野菜

野菜ならばどれも犬にあげていい食べ物!と思っていませんか?きちんと野菜を種類別に分けて考えておくべきです。安全に与えることのできる野菜を選ぶことを大前提としましょう。あくまでもメインの栄養源はドッグフードを優先することを忘れないようにしてください。

またいつから野菜を与えれば良いのか?と迷ったときには、まずは獣医師に相談をして普段の消化状態や食事の進み具合によって、食べさせても大丈夫な時期を見極めれば良いでしょう。成犬になっていても、与えた野菜を食べない場合には、無理に勧める必要はありません。

キャベツ

フリー写真素材ぱくたそ

キャベツは生のままでも食べられる食材です。千切りにしてあげると、ムシャムシャと食べる犬もいるほどです。大型犬など、消化器が丈夫な犬の場合には、多少、生の状態でキャベツを食べても大丈夫です。

キャベツは犬が食べてもいい野菜の代表格です。犬が食べていい野菜、安心して食べられる野菜としてキャベツは一番手軽な食材です。
しかしあげてはいけない病気がありますのでご注意を。

但し、消化不良を起こしやすい小型い犬の場合には一度茹でた方が安心です。一度に大量のキャベツをそのまま与えるというよりもひと手間かけてあげませんか?他の野菜と一緒に茹でてあげるなど、美味しく感じてもらえるように調理してあげましょう。生で与えても食べますが、適度に茹でること甘味が増して美味しくなります。

また、キャベツは甲状腺の病気のある犬にはあげないほうがよい食材です。キャベツには、ヨウ素の吸収を邪魔するゴイドロゲンという物質が含まれています。健康な犬の場合は、過剰に摂らない限り問題はないでしょう。

ブロッコリー

フリー写真素材ぱくたそ

ブロッコリーはビタミン類が豊富に含まれている野菜です。柔らかく茹でてドッグフードのトッピングにするなど、食べ方は色々とあります。レモンよりもビタミンCを摂取できるという優れた効能があります。

そして生きて行く上でとても必要なカリウムも豊富に摂取でき野菜です。

ただ消化が悪い野菜ですので生で食べさせるのはやめましょう。アレルギーが出る場合もありますので最初に与える場合には、少量ずつを与えて様子をみると安全でしょう。
ブロッコリーには抗がん作用があり適量あげるのは問題がありません。しかし、ブロッコリーはキャベツと同じアブラナ科ですので甲状腺の問題のある犬には上げないほうがよいでしょう。また、ブロッコリーにはシュウ酸が含まれていますので、よく茹でてシュウ酸を茹でているお湯の方に溶かし出してから与える方が安全な野菜の一種です。
ブロッコリーは犬にあたえていい食べ物ではない!?と迷っている人も多いようです。実は栄養成分的にはかなり優秀な食材なのです。茹で方が甘いと、消化不良になりますので、ブロッコリーは茎の部分までしっかり茹でるようにしてから与えるようにしてください。

人参

フリー写真素材ぱくたそ

人参には豊富な繊維質が含まれています。人間とは消化機能が違う犬にとっては消化不良の原因にもなります。

犬が食べてよい野菜の一種ですが、与え方に注意が必要です。特に子犬時代には、注意を払って下痢の原因にならないように工夫をしてあげましょう。

稀に匂いが気になって食べないという犬もいます。その時には無理強いしないようにしてください。フルーツのような味の人参も最近では販売されています。もしも人参が好きという犬の場合には、たまにはバリエーションを付けてあげると大喜びしますよ。人参はおやつの中にも「人参チップス」などもありますので、犬にあげていい食べ物というイメージが強いのです。

さつまいも

Photo byauntmasako

さつまいもは、犬が食べていい野菜の代表です。おやつ類にも、サツマイモを原料にしたものが多いのです。ただ一つカロリーの問題があります。

さつまいもは栄養豊富な野菜ですが、糖分が多く含まれていますので与えすぎると太ってしまうという可能性があるのです。これは困った問題です!適量を適時与えるようにするのは飼い主の意識次第です。さつまいもにはシュウ酸が少々含まれています。ホウレンソウなどにもシュウ酸は含まれていますが、サツマイモの場合はホウレンソウなどのように茹でてもゆで汁の方にシュウ酸が溶けだしていきません。尿路結石がある犬の場合は要注意です。好きな子も多いのですが、病気治療中に与える場合はあげてもよいかを獣医師に確認してください。

かぼちゃ

フリー写真素材ぱくたそ

かぼちゃには良質なベータカロテンが含まれています。そもそも犬にとってビタミンAという成分は人よりも多く摂取するべき栄養素です。

かぼちゃを食べることで健康にプラスに働くかぼちゃは、犬が食べてもいい野菜です。好き嫌いがあるので無理強いはしないようにしてください。

かぼちゃが好きな子の場合、どんどん食べて気が付いたら適正体重を超えていたということになりかねない食材です。食べ過ぎには要注意です。中にはカボチャに対してアレルギーを起こす犬もいますので初めてあげる場合は少量あげて嘔吐や下痢、痒みなどが出ないかよく確認してください。

きゅうり

Photo bykrzys16

きゅうりは、食べない子も多いのですが、たまに、きゅうりの食感が好きで好んで食べるという場合もあるようでうす。

ただきゅうりは犬が食べてもいい野菜の一つですが、食べ過ぎると注意が必要になってきます。

きゅうりには「シュウ酸」が含まれます。これは尿路結石の原因にもなりますので食べすぎに注意してください。尿路結石を治療中の場合はあげないほうがよいでしょう。食べ過ぎると水分が多いので下痢や軟便になることがあるので要注意です。メリットとしてはビタミンCを気軽に摂取できることが挙げられます。

食べてはいけない野菜の種類

犬が食べてはいけない野菜があります。飼い主はきちんと把握しておくことで危険防止にもなります。

  • ネギ類 玉ねぎ
  • アボガド
  • タケノコ
  • キノコ類

これらは原則食べないように気を付けましょう。うっかりと置き忘れてそのまま、犬の口に入ってしまうようなことだけは避けましょう。間違ってもエサと一緒に与えることが無いように気を配っておきましょう。

玉ねぎの恐怖を知っておく

子犬を迎えた頃に、犬についての解説書や雑誌に必ず挙げられているのが、犬の玉ねぎの誤食の話です。実は、玉ねぎには飼い主が想定する以上に犬の体に悪影響を与える成分が含まれているのです。

「アリルプロルジスルファイド」という成分は溶結性貧血を引き起こしやすくなります。犬の場合、玉ねぎの中毒量は体重1㎏あたり15~20gと言われています。生のまま取り込むことはおそらくないと思いますが、煮物などになると意外に少ない量でも中毒量に達することがありますので注意が必要です。必ず飼い主の頭に入れて置いて欲しい情報です。

詳しくは下記の記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

のイメージ
【獣医師監修】犬が玉ねぎを食べるのは大丈夫?食べた場合の対処の方法は?
犬が玉ねぎをうっかり食べてしまった!という誤食事件をお家で引き起こすことがありますよね。玉ねぎは良くないと聞くけれど、何が良くないのか、食べてしまった今どうすれば良いのか困っている飼い主さんもいるでしょう。今回は、愛犬が玉ねぎを誤食した後の対処法をお話します。

犬が食べていい果物は?

飼い主が美味しいと感じる果物を、犬にも与えたくなる!それは当たり前の感情です。

但し、犬が食べてもいい果物かどうか?をきちんと飼い主が知っておくことは基本です。

子犬のいる家庭の場合には、いつから食べても良いのかな?と迷いますが、果物はあくまでもサブの食材です。主食をしっかりと食べた上でフルーツを食べるというおやつ感覚が大事です。

りんご

Photo bypixel2013

食物繊維が程よく含まれています。そして腸の環境を整えてくれます。ただ口の中で溶けるような柔らかさではありません。子犬に与えるときには、すりおろすなど、工夫をしてあげましょう。

成犬に与える場合も、小さくカットするなど、喉に詰まらないようにしてあげましょう。

みかん

Photo bypixel2013

ビタミンCを摂取できる点で、犬が食べてもいい果物の一種です。その上、みかんには抗酸化作用がありますので適量を与えるのは体にも良いことです。

一気にたくさん食べてしまうと体を冷やしてしまうという恐れもあります。あくまでも適量を与えて腸に負担のないようにしてあげましょう。

なし

梨は、犬が食べてもいい果物です。ほとんどの成分が水分とカリウムです。水分補給の意味でも、犬にとっては役立ちます。その上、利尿作用のあるカリウムが含まれることで、老廃物の排出を促すという効果があります。

疲労回復効果のある「アスパラギン酸」や消化を促す「プロテアーゼ」も成分に含まれていますので、梨の季節になれば与えてみたい果物です。消化されにくい果物で食べすぎると下痢になりやすいので与えすぎには注意をしてください。

犬に野菜・果物をあげる際の注意

犬に野菜を与える時の注意点としては野菜の柔らかさや硬さなどに注意を払うことです。生の状態では食べさせないことが基本です。中毒を起こしたり、病気を悪化させる場合もありますので食べてよいものかどうか必ず確認してください。

そして、食物繊維の豊富な野菜の場合には、過剰摂取が腸に負担を与えます。あくまでも適量を与えることが基本です。果物の場合も、消化がしづらいものや、体を冷やしてしまうものは。少量ずつ様子を見ながら与えるようにしてください。

あくまでもドッグフードを基本としてトッピングやデザートとして与えることに留めておく方が安全です。いつから与えるのか?どの程度の量を与えるのか?は個体によって違います。迷ったときには獣医師や栄養の専門家に相談をした方が安全でしょう。

まとめ

犬は、自分の口に合った食材は、何度でも欲しがるものです。

そのうち主食よりも美味しいと魅力を感じてしまうと困った問題が起きます。あくまでも、野菜や果物はサブ的な存在であることを飼い主も意識をしておくことが重要です。野菜は消化が悪いものがあるので茹でたり、小さく切って与えましょう。そして果物は糖分が多いので与えすぎないようにしてください。あげることができない食材もありますので、野菜も果物も獣医師にあげてもよいか確認してからあげるようにしてください。

関連記事

Article Ranking