ボーダーコリーの性格まとめ!オス・メスで変わる?どういう人におすすめ?

ボーダーコリーの性格まとめ!オス・メスで変わる?どういう人におすすめ?

今も昔も人気のボーダーコリーは、「最も作業能力が高い犬種」「最も知能の高い犬種」といわれています。そんなボーダーコリーの性格や、オスとメスの性格の違い、そしてボーダーコリーをおすすめできる人がどういう人なのかを検証し、詳しくご紹介していきます。

ボーダーコリーの一般的な性格

まずは、ボーダーコリーの一般的な性格をお伝えします。

Photo byskeeze

犬種ナンバー1の賢さ

ボーダーコリーは、もともとスカンジナビア半島からイギリスに持ち込まれたトナカイ用の牧畜犬と、イギリスの在来犬種が交配し、「牧羊犬」として用いられたとされています。

そのため、追いかける羊に対してストレスを与えることなく、羊の群れを追い込むためのコントロールの仕方が判断できるなど、状況判断能力に優れています。この判断能力の高さは、動物的というより、人間的な知能に近い賢さを感じさせるといわれています。

活発的な性格

牧羊犬としてのボーダーコリーは、足場が悪かったり、急斜面の多い山岳地帯で活躍していたため、高い運動神経とエネルギーにあふれています。そのため、フリスビーやアジリティといったドッグスポーツ競技でも大活躍するなど、とても活発的かつ好奇心も旺盛です。

Photo by825545

家族に対して愛情深い

愛情を注いでくれる飼い主に対して、その愛情に応えようとする従順な性格を持っています。一方で、見知らぬ人に対しては、あまり自分から近づこうとしません。

しっかりとしつけができれば、飼い主や家族の動きや声の大きさなどで状況を察知し、家族を大切にすることができます。

人とのふれあいを好む

「牧羊犬」としての歴史が長かったことから、ボーダーコリーは、他の犬と交流するよりも、人とのふれあいを好む傾向があります。もちろん個体差はありますが、「いつでも飼い主と一緒にいたい」と思う性格です。

ボーダーコリーの性格の長所・短所

Photo byJamesStevens

ボーダーコリー性格の長所

  • 頭がいい。状況判断が非常に得意。TPOをわきまえられる。
  • 作業することが好き。家族大好き。高い運動能力。
  • 律儀。まじめ。

ボーダーコリー性格の短所

  • デリケート(アレルギーになりやすい)
  • 音に敏感。臆病。
  • 頑固。負けず嫌い。

賢くもあり、運動能力も高いボーダーコリーですが、飼い方やしつけ方次第では、素晴らしい家庭犬から、凶暴でとんでもなく扱いにくい犬になる可能性も秘めています。すなわち、誰でも簡単に飼える犬種ではありません。

ボーダーコリーは、知能がかなり高いぶん、人を見る目にも長けています。そのため、的確な指示を出してくれて、信頼できる飼い主でなければ見下すようになります。適切なしつけができなかったり、飼い主がひるんでしまうと、自分がリーダーだと認識し、「自分が家族を仕切って守ろう」となり、手に負えないような扱いにくい犬になってしまいます。

そこで、次項では、ボーダーコリーの性格から、飼うのをおすすめできる人・できない人をご説明します。

ボーダーコリーの性格から飼うのをおすすめ出来る人・おすすめ出来ない人

Photo byNickbar

これまでボーダーコリーの一般的な性格、長所・短所を見てきましたが、ではボーダーコリーを飼うのにおすすめできる人、おすすめ出来ない人はどういうタイプの方なのかご紹介していきます。

おすすめ出来る人

アクティブに動き回れる人

牧羊犬として走り回っていたボーダーコリーは、運動量も大型犬並みに必要とされています。楽しく遊ぶことが大好きなので、一緒にスポーツや運動を楽しむことのできる人が向いています。

メリハリのあるしつけができる人・親子関係を築ける人

ボーダーコリーを飼う上で1番必要であり重要なのが「しつけ」です。しつけによる主従関係・信頼関係が築けていないと、きちんということを聞いてくれませんし、見下されもしてしまいます。

しつけには忍耐力が必要です。何度もあきらめずに継続してしつけを行う覚悟がなければいけません。これは人間の親子関係も同じですが、ダメなことはきちんと指摘し、悪いことをしたら叱り、そして良いことをしたらたくさん褒めてあげる、ことが大切なので、忍耐強くしつけができて、適切な親子関係が築ける人が向いています。

おすすめ出来ない人

逆におすすめできない人は、「できる人」の真逆であり、かつ以下の傾向が強い人です。

  • 子犬を迎えた場合、いつも子犬とばかり遊んでいる人
  • 散歩に行くときは、子犬のときからロングリードで自由に歩かせたいと思っている人
  • 子犬がウンチやオシッコで汚れてしまうのは絶対に嫌な人
  • 吠える犬は嫌な人
  • しつけが面倒な人
  • 犬を叱るようなしつけはしたくない人
  • おとなしくて静かな犬が好みの人

これらの人は、ボーダーコリーとの暮らしは夢見ない方がいいです。楽しいはずの犬との暮らしが苦痛になるだけでなく、何よりボーダーコリー本人が一番かわいそうなことになってしまいます。人間のしつけや教育もそうですが、目に余る行為は非常に不愉快でもありますので、無責任な飼育をする前に、やめる勇気も必要です。

ボーダーコリーの性格はオス・メスで変わる?

Photo byherbert2512

ボーダーコリーは、オスとメスで若干性格が異なると言われています。

これはボーダーコリーに限らず、一般的に犬はオスとメスでは性格に差が出るようです。基本的にオスは縄張り意識が強く、メスと比べると攻撃性が強い傾向があります。また、やんちゃな面も強く、活発で甘えん坊な子が多いと言われています。

一方、メスは縄張り意識が弱いため、オスと比べると攻撃性は低く、比較的おとなしい性格です。オスよりも落ち着くのが早いため、やんちゃで活発な面は見られなくなっていきます。しかし、生理になると情緒不安定になる場合が多く、問題行動を引き起こすこともあるようです。

ボーダーコリー性格Q&A

Photo bySnap_it

毛色で性格は違う?

ボーダー・コリーの毛色は、ブラック&ホワイトを基本に、レッド、チョコ、ブルー、セーブルなど、様々な色の組み合わせがあります。しかし、その毛色による性格の違いは変わらず、基本的には前述した通りの性格をしています。

なので、毛色うんぬんというよりも、やはりしつけや環境によって、性格に違いが出てくる模様です。
 

性格的に番犬に向いている?

前述しているように、ボーダーコリーはもともと「牧羊犬」ですので、番犬にも向いています。賢さはもとより、警戒心や縄張り意識が強いため、番犬に適しています。

多頭飼いしやすい性格?

犬はもともと犬は群れで暮らす動物なので、多頭飼いに向かない犬種はあまりいません。なので、ボーダーコリーに関しても、多頭飼いはできます。ただし、先ほどもお伝えしたように、ボーダーコリーは犬同士の交流よりも、飼い主とのふれあいを好む犬ですので、個体差があるのは否めません。

まとめ

今回は、ボーダーコリーについてお伝えしましたが、頭がとても良いこと、非常に賢いこと、そして、しつけや環境が重要かつ大切であることがわかりました。でもこれは、ボーダーコリーに限ったことではありません。

犬でも猫でも、しつけや良い環境づくりは当たり前です。犬の性格うんぬんの前に、飼い主自らの適性なしつけや常識が問われます。無責任な飼い方で、ペットたちが悲しい思いをしないように、しっかりとした覚悟と責任をもって一緒に暮らすことを望みます。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking

記事はありません。