ヨークシャーテリアのカットスタイル20選!可愛い髪型にカットしよう!

ヨークシャーテリアのカットスタイル20選!可愛い髪型にカットしよう!

サラサラツヤツヤの被毛が自慢のヨークシャーテリア!伸び続ける被毛はトリミングで色々と表情を変えますよね。それではヨークシャーテリアのカットスタイルはどんな種類があるのでしょうか?代表的なものから珍しいものまで20種類のカットスタイルをまとめました!

にし
ライター

にし

幼少期からとにかく動物が大好きでたまらない。 特にゴールデンレトリーバーと琉金には目がない。 最近はオオハシとイグアナを飼ってみたいと密かに願っている。

記事の目次

  1. 1.ヨークシャーテリアのカットの悩み
  2. 2.ヨークシャーテリアのトリミング
  3. 3.ヨークシャーテリアのカットスタイル20選
  4. 4.ヨークシャーテリアのカット集のまとめ

ヨークシャーテリアのカットの悩み

Photo byLiza

サラサラツヤツヤの被毛が自慢のヨークシャーテリアですが、いつも同じカットでいいのかな?季節でカットを変えてみたい!そんなことを思ったことはありませんか?

トリミングが必須のヨークシャーテリアにはたくさんのカットスタイルが存在します。定番から最新のカットスタイルまで集めましたので、愛犬にぴったりのとっても素敵なカットスタイルを見つけてくださいね!

ヨークシャーテリアのトリミング

ヨークシャーテリアはプードル種と同様、シングルコートの犬種です。シングルコートの毛は抜けることが少なく、のび続けていく被毛です。

放っておくとどこまでも伸びてしまって毛玉になってしまい、皮膚を傷めたりする原因となるので、トリミングが必須となります。

それではまずはヨークシャーテリアに必要なトリミングの頻度や費用をまとめました。

トリミングの頻度は?

ヨークシャーテリアのトリミングは最低でも1~2ヶ月に1回は必要です。

シルクのように細くて繊細な被毛は絡まりやすいので、トリミングだけでなく、おうちでも毎日ブラッシングをしてあげるようにしましょう。

ヨークシャーテリアのツヤツヤの被毛から「動く宝石」と言われていますが、その輝きを保つためにもブラッシングが重要です。

犬のブラッシングの頻度は?いつから開始すべき?嫌がる場合の対処方法を紹介!のイメージ
犬のブラッシングの頻度は?いつから開始すべき?嫌がる場合の対処方法を紹介!
犬のブラッシングは毎日のケアとして必要なものです。特に長毛種の場合はブラッシングをしなければ毛が絡まって毛玉が出来てしまいます。そんなことを避けるために、犬のブラッシングはいつからすることなのか、嫌がる場合はどうすればよいのかブラッシングについて紹介します。

トリミング料金の相場は?

ペットサロンによって費用は様々ですが、全国的な平均として1回のトリミングで4,500~8,000円程度が相場となっています。

どのような内容が含まれているかなど気になることは頼む前にきちんと確認しましょう!

ヨークシャーテリアのカットスタイル20選

それではヨークシャーテリアのカット集を20選まとめてみました。

とってもかわいいお気に入りがきっと見つかるはずです、是非ご覧ください♪

1:ロングスタイル(フルコート)

Photo byKimulechka

ヨーキーが「動く宝石」と呼ばれるのはこのカットスタイルのことです。足まで伸びる長い被毛が鼻から尻尾までの分け目で左右にまっすぐ垂れていること、これがフルコートのカットスタイルです。

とっても魅力的なカットですが、主にドッグショー用のカットスタイルのため、日常的に保つのは至難の業でしょう。

ただ伸ばせばいいだけでなく、日常的な動作で擦り切れてしまわないように、3日に1度ほど、ラッピングペーパーというもので毛をまとめてあげることが必要です。

挑戦してみたい方はまずトリマーさんに相談しにいきましょう。

2:ショートスタイル

Photo byPezibear

ヨークシャーの定番スタイルのひとつですね。ショートスタイルは基本的にバリカンで仕上げています。
とっても身軽で元気いっぱいな感じでとてもかわいらしいですね!

長さはお好みのところがありますが、あまり短いのも皮膚病や体温調整がうまくいかない原因になることがあるので注意です。

3:ミディアムスタイル

こちらもとってもヨークシャーテリアで定番なカットスタイルです!

フルコートを彷彿とさせる顔周りの長い毛はヨークシャーテリアの雰囲気を残しつつ、身体は身軽に動き回れるようなスタイルです。

額や耳に残した被毛にリボンをつけたりすることも楽しめます。

4:お顔と耳を繋げて丸くカット

ヨークシャーテリアは耳の飾り毛も長いですが、そこの毛を残しながら、お顔は丸くカットしていくスタイルです。

ヨーキーらしい顔立ちになり、アレンジもききやすいおすすめスタイルです!身体のカットはお好みですが、ミディアムに飾り毛を長めに残すようなスタイルも人気です。

5:ミッキースタイル(お顔と耳を分けて丸くカット)

ミッキースタイルはその名の通り、お顔も耳も丸くカットしてしまうスタイルです。耳から繋げてお顔を丸くカットするのでなく、耳とお顔を分けてそれぞれ丸くします。

まるでミッキーのように3つの円が出来てとってもキュートですね!毛量が多いヨーキーにおすすめです。

6:パピヨンスタイル(ミディアム)

まるでパピヨンのように耳の飾り毛を長めに残すカットです。飾り毛の長さによって雰囲気がとても変わります!

こちらの画像はミディアム程度の飾り毛の長さです。飾り毛以外はショートかミディアム程度にする方が多いようです。

7:パピヨンスタイル(ロング)

パピヨンスタイルの飾り毛をより長く残すスタイルです。

このくらい長いと三つ編みにしたりしてもとってもかわいいですね!

8:三つ編みスタイル(ロング)

ロングやパピヨンスタイルの長い被毛を三つ編みにしてもとってもかわいいです!

リボンをつけたり、カラフルなゴムにしてもアレンジがききますね。

9:ツインテールスタイル

耳の形や大きさ、毛量によっては画像の子のようにツインテールのように見える子もいます!

お顔のカットの長さによっても印象が変わりそうですね。

10:スーパーショートスタイル

ショートスタイルよりももっと短くカットしたスタイルですね!
毛量が少ない子にはあまり向かないですが、多めの子にはサマーカットにもよいですね。

11:スーパーショートスタイル(身体のサマーカット)

お顔周りはショート程度にし、身体をかなり短いサマーカットにしていますね!

お散歩のときに皮膚が怪我したり、熱いコンクリートに触れたりしないように気をつけてあげた方がいいですが、とっても涼しそうでかわいらしいですね!

12:ブーツカット(身体のカット)

こちらはまるでブーツを履いているようなカットスタイルです!

身体の毛は短めにし、足回りを長めにもふもふにカットする方法です。
画像の子はお顔はロングのパピヨンカット、身体をブーツカットといった感じでしょうか?!
とってもかわいらしいですね!

13:テリア風のスタイル(身体はサマーカット)

まさにテリア犬種といった表情のスタイルですね!

ヨークシャーももちろんテリア種ですが、こちらのスタイルはより一層テリアのお顔が引き立ちますね。
半分垂れ耳なところもポイントですが、身体はすっきり、お顔は少し長めのショート。

14:テリア風のスタイル(身体はミディアム)

こちらもまさにテリアといった表情のスタイルですね!

身体もお顔もミディアムで、マズルの周りが自然にもふもふしていますね。
マズルのカットも丸く切ったり、自然に切ったりで表情がまるで変わってきます。

15:ミディアムスタイル(マズル長め)

全体を長めのミディアムスタイルにして、マズル周りをかなり長めに残して特徴つけていますね!

とってもかわいらしくもあり、かっこよくもあり、ヨーキーにお似合いのカットです。

16:目の上に毛がかかるようなスタイル

お顔周りもかなり長く残して、額の毛を結ばない自然なスタイルですね。

オールドイングリッシュシープドッグのように、目の上に毛がかかるようなスタイルはとても個性的で被毛のカラーともぴったりですね!

17:目の上の毛が長めのスタイル

こちらは目の上の毛を目にかからないように左右に分けているスタイルです。

身体も長めのミディアムですが、マズル周りの毛は少し短めにカットされているようです!
お耳のカットが左右のヨーキーちゃんで違うようなので参考にしてみてください。

18:ミディアムスタイル(垂れ耳)

Photo byalsen

ヨーキーには垂れ耳の子もいます!垂れ耳のヨーキーちゃんはとってもかわいいのですが、通気性が悪くなってしまうので、飾り毛を長くしすぎないほうがいいかもしれません。

ミディアムくらいの長さで保ってあげると管理がしやすいですね。

19:ロングスタイル(垂れ耳)

半分垂れ耳のヨーキーちゃんのロングスタイルですね!

目の上の毛も長めに残しているのでとっても個性的な雰囲気です。
垂れ耳のロングスタイルはお耳のケアとブラッシングがかかせませんが、すごくかわいらしいですね!

20:アシンメトリースタイル

どちらか片方だけの飾り毛を長く残していますね!

かっこよく個性的な印象でとってもスタイリッシュです。

ヨークシャーテリアのカット集のまとめ

いかがでしたでしょうか?同じ犬種でもカットが違うだけでまるで違う表情が現れて面白いですね!

秋冬はミディアムやロングがお好みでも、夏の暑さを防ぐため、仕方なくサマーカットを選択する方もいらっしゃるかと思いますが、サマーカットにもたくさんの種類があるので、愛犬の毛量や体質などをトリマーさんに相談してみましょう。

関連記事

Article Ranking

記事はありません。