柴犬は何歳まで生きる?柴犬の平均寿命と人間の年齢への換算表をご紹介!

柴犬は何歳まで生きる?柴犬の平均寿命と人間の年齢への換算表をご紹介!

くるりと巻いた尻尾と忠実な眼差しが特徴の柴犬。ペットとして大人気の柴犬ですが彼らの寿命を知っていますか?いつまでも元気でいてもらいたいものですが、一般的に何歳まで生きるのでしょうか?柴犬の寿命と、犬の年齢を人間に年齢換算したものをまとめてみました。

にし
ライター

にし

幼少期からとにかく動物が大好きでたまらない。 特にゴールデンレトリーバーと琉金には目がない。 最近はオオハシとイグアナを飼ってみたいと密かに願っている。

記事の目次

  1. 1.柴犬の寿命を知っていますか?
  2. 2.柴犬は何歳まで生きる?柴犬の平均寿命
  3. 3.柴犬の年齢について人間の年齢への換算表
  4. 4.柴犬を長生きさせるために気をつけるべき4つの事
  5. 5.長寿の柴犬のギネス記録は?

柴犬の寿命を知っていますか?

日本だけでなく、今では世界中で大人気の柴犬。

ペットとして飼ってる方も多いのではないでしょうか。では柴犬は一般的に何歳まで生きるのでしょうか

悲しい話題ではありますが、飼い主としてペットの柴犬の寿命は把握しておきましょう。

少しでも長く愛犬と暮らせるように健康を保つポイントも交えてまとめました。

柴犬は何歳まで生きる?柴犬の平均寿命

柴犬の平均寿命は何歳なのでしょうか?またその年齢は他の犬種に比べて長いのでしょうか?短いのでしょうか?

犬の平均寿命

まず犬の平均寿命を知りましょう。犬は一般的に体格差で大きく3つに分けられます。
それぞれの平均寿命を比較してみましょう。

  • 小型犬・・・14歳~15歳
  • 中型犬・・・12歳~15歳
  • 大型犬・・・10歳~12歳
犬種や個体差によって大きく差がありますので、今回は一般的に世間で認識されている寿命をまとめました。
一般的に小型犬よりは大型犬の方が寿命が短いとされています。

理由は諸説ありますが、心臓などの臓器が身体の大きさに伴っておらず負担が大きいためといわれています。

柴犬の平均寿命

柴犬の平均寿命は13歳~15歳といわれています。

柴犬は身体の大きさにかなり個体差があり、小型犬か中型犬かの判断が一概には難しいです。小型犬としても中型犬としても平均的な寿命ではありますが、一般的に柴犬は長寿の犬種といわれています。

健康状態を保って出来るだけ長生きしてもらえるようにしましょう。

柴犬の年齢について人間の年齢への換算表

柴犬の年齢を分かりやすく人間の年齢換算してみましょう。

  • 【柴犬】1ヶ月・・・【人間】1歳
  • 【柴犬】2ヶ月・・・【人間】3歳
  • 【柴犬】3ヶ月・・・【人間】5歳
  • 【柴犬】6ヶ月・・・【人間】10歳
  • 【柴犬】1歳・・・【人間】17歳~18歳
  • 【柴犬】2歳・・・【人間】23歳
  • 【柴犬】5歳・・・【人間】36歳
  • 【柴犬】10歳・・・【人間】56歳
  • 【柴犬】12歳・・・【人間】64歳
  • 【柴犬】14歳・・・【人間】72歳
  • 【柴犬】18歳・・・【人間】88歳
  • 【柴犬】20歳・・・【人間】96歳
となります。年齢換算すると具体的な数字が出て、犬の老化もわかりやすくなりますね。

犬は幼少期は1年で人間の17歳~18歳まで急成長します。その後は大体1年に4歳ずつ程度、歳を取ります。犬は10歳を過ぎれば老犬といっていいでしょう。14歳、15歳ともなれば立派なおじいちゃんです。

柴犬は元気に見えても、早いスピードで歳を取っていきます。早めに老犬用生活の準備を始めてあげましょう。

柴犬を長生きさせるために気をつけるべき4つの事

少しでも健康に長生きしてもらうために気をつけるべきポイントを4つにまとめました。

1:室内で飼う

飼い主さんの生活環境にもよるので、難しい点もあるかと思いますが、室内で暮らしている犬と室外で暮らしている犬の寿命を比べた場合、室内犬の方が寿命は長い傾向があります。

理由としては、気温差が大きいです。野外は常に外気に晒されているので、気温の変化が大きく体調を崩しやすくなります。

また犬も風邪を引くので室外で飼う場合は、犬の健康状態には特に気をつけましょう。

2:適切な量の食事

柴犬は身体の大きさにかなりの個体差があるので、愛犬それぞれの体重と体格差で餌の量を決めた方がいいでしょう。
1日の餌の適量は体重の2.5%の量だといわれています。

ただしこれは成犬の場合です。子犬にはこの量の2倍ほど、老犬には2割程度減らした量が適量だといわれています。
アレルギーや犬の体格や健康状態にもよりますので、定期的に動物病院で適量を相談することもおすすめします。

3:適度な散歩

Photo bysusanne906

柴犬は運動が必要な犬種です。1日2回ほど、合わせて1時間程度の散歩は必須です。

運動不足は、肥満や筋肉量の低下を引き起こし、歳を取るにつれて病気の危険が高まります。飼い主の運動不足解消にも繋がりますので、面倒だと思わず楽しく毎日の散歩を続けましょう。

犬の肥満のレベルを測る方法で、BCSという手法があります。下記の記事でまとめていますので、ぜひあなたの愛犬が肥満なのかチェックしてみましょう。

のイメージ
あなたの犬は肥満?痩せてる?BCS(ボディコンディションスコア)でチェックしよう!
人間と同じく犬も肥満も痩せすぎも健康によくありません!長生きしてもらう為にもBCS(ボディコンディションスコア)で犬が肥満なのか、痩せすぎてはないかチェックすることが健康にとって大事です!BCS(ボディコンディションスコア)で犬の健康を管理してみましょう!

4:ストレスを溜めさせない

柴犬に限らず、犬もストレスを感じます。きちんと愛情を伝え、コミュニケーションを取りましょう。犬自身がリラックス出来る環境を用意することは長生きに大変役立ちます。

また、犬は元気に見えても毎日老化しています。若い頃はなんなく出来たことも、老化と共に出来ないことが増えます。犬が嫌がっているのに無理に遊ぶなどせず、自然のままに犬が心地よくいられるようにしましょう。

犬のストレス解消法について下記の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

のイメージ
犬のストレス解消法5選を紹介!ストレス原因を取り除こう
犬もストレスを溜める動物です。犬のストレス解消法をご存知でしょうか?犬のストレス症状や原因を理解し、ペットの動きを制御している飼い主が気遣ってあげてください。寿命を縮めるストレスを軽減させるために必要なストレス解消法について紹介します。

長寿の柴犬のギネス記録は?

柴犬の純血ではないのですが、ギネスに登録されたほど長寿だった犬が存在します。柴犬とミックス犬の両親から生まれた彼は『ぷーすけ』君。

彼の長寿記録はなんと26歳9ヶ月!その年齢を人間換算すると脅威の125歳以上です。

1985年に誕生してから2011年まで生き抜いた彼は、当時のギネスブックに世界最高齢の犬として登録されました。
現在は記録は塗り替えられてしまっていますが、そんなにも長生きしてくれる犬がいることは希望が持てますね。

いかがでしたでしょうか?

1歳の柴犬は年齢換算すると人間の18歳。まだまだ子犬と侮ってはいけないですね。

14歳、15歳になれば柴犬はもうおじいちゃん。無理も色々と効かなくなって来ます。老犬が穏やかに過ごせるような暮らしを整え、次なるギネスを目指す勢いで長生きしてもらいましょう。

関連記事