犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)とは?飛行機耳する理由を紹介!

犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)とは?飛行機耳する理由を紹介!

飼い主が帰ってきたときや触ろうとしたときなど、犬が耳を後ろのに倒す姿を犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)といいます。飛行機耳は犬にとってそのときの感情を表に出しているものです。どういったときにおこなうしぐさなのか犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)について紹介します。

堀江
ライター

堀江

記事の目次

  1. 1.犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)とは?
  2. 2.犬が飛行機耳(ヒコーキ耳)する理由
  3. 3.犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)の柴犬の画像・動画5選
  4. 4.まとめ

犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)とは?

飼い主が帰ってきたときに目を細めて尻尾をぶんぶん振り、耳を耳の後ろにぴったりくっつけて倒す姿をみることはありませんか?そのしぐさを犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)またはジェット耳といいます。

犬の飛行機耳とは、嬉しいときや嫌なときなどの感情表現として耳を倒し、相手に自分の今の状況を知らせるものです。見た目的には可愛いしぐさですが、危険な場合もあるので犬からのサインをしっかり見極めましょう。

犬が飛行機耳(ヒコーキ耳)する理由

Photo by nikunoki

飛行機耳をするときは嬉しいときと嫌なときどちらもする犬からの気持ちを知らせるサインです。どちらのサインか見極めてから触らないと噛まれてしまうこともあります。

犬からのサインを見逃さずにそのときに合った対応をしてあげましょう。
嬉しいとき、嫌なときそれぞれの全体的な特徴と対応について紹介します。

嬉しいときの飛行機耳(ヒコーキ耳)

Photo byaganyga

飼い主が帰ってきて嬉しいときなど、目を細めて耳を後ろに倒します。

このときはかまって欲しい状態ですので、触っても問題ありません。
飼い主が無理のない範囲でかまってあげましょう。

そのときは犬は嬉しくて興奮状態です。

もし、帰宅後は落ち着いていて欲しい場合や吠えて困っている場合は飼い主が落ち着いた状態で犬をハウスに入れて、犬が落ち着くまでそのままハウスで待機してもらうのがよいです。

嫌なときの飛行機耳(ヒコーキ耳)

フリー写真素材ぱくたそ

犬が体の動きを止めて1点を見つめるもしくは人間の手を見続ける常態で顔をこわばらせて耳を倒している場合は、触って欲しくないサインのためそのまま触ろうとすると噛まれてしまうことがあります。

いったん時間を置いて触るか、犬にとって触られたくない部分がある場合は慣らすしつけをおこなうことが必要です。
また、普段は触られても問題ないのにいきなりこのような警戒の飛行機耳をおこなう場合はどこか怪我をしている、または具合が悪い場合もあります。

いつもと様子が違い、元気のない状態であれば受診し、獣医師への相談をしてみると安心です。

犬の飛行機耳(ヒコーキ耳)の柴犬の画像・動画5選

飛行機耳のわかりやすい柴犬で飛行機耳の画像と動画の紹介をします。

おもちゃを持ってごきげん!

なにか言いながら遊ぶ姿はとても器用です。
こちらまで元気をもらえる姿です。

なでなでうっとり♪

触ってもらってうっとりしている姿はこちらまで癒されます。

ブラッシングがたまらない!

ブラッシングでここまで気持ちよさそうにしてくれると毎日のお手入れが非常に楽です。

喜び爆発!

帰ってきてここまで喜んでくれると飼い主も疲れが吹き飛びます。

信頼の証!

このサインは警戒です。
本心は嫌でも飼い主との信頼があるので触らせ、お気に入りのものを手放します。

信頼のない人間がおこなうと噛まれる原因となるので注意しましょう。

まとめ

ここまで犬の飛行機耳を画像や動画と一緒に紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
飼い犬が飛行機耳をしたときは飼い主になにかを伝えようとしています。

何を伝えたいのか良く観察し、良い信頼関係を作ってください。

関連記事