あなたの柴犬は肥満?成長過程の体重の推移・平均体重を紹介!

あなたの柴犬は肥満?成長過程の体重の推移・平均体重を紹介!

根強い人気を誇る日本の柴犬。サイズ的には「中小型犬」と分類されていますが、普通の柴犬ってどのくらいの体重? うちの子、肥満じゃない?飼っている方なら誰でも疑問に思いますよね。平均的な柴犬の体重や、注意すべき肥満についてまとめていきたいと思います。

ひなた
ライター

ひなた

2019年の秋に6歳になる柴犬を飼っています。また、今まで14匹のハムスターを飼育してきました。動物愛なら誰にも負けません。よろしくお願いいたします。

記事の目次

  1. 1.柴犬の子犬の成長過程の体重推移
  2. 2.柴犬の成犬の標準体重
  3. 3.あなたの柴犬は肥満?
  4. 4.柴犬の肥満を解消するするには?
  5. 5.まとめ

柴犬の子犬の成長過程の体重推移

子犬
Photo byKadisha

柴犬は、平均すると約250グラムの大きさで生まれてきます。ペットショップやブリーダーでは、生後56日以降であることを条件に犬を販売することを許可されます。

生後2ヶ月以降の柴犬の成長に伴う体重の推移を表にし、まとめました。

柴犬の月齢と体重
月齢 体重
2ヶ月 1.9キロ
3ヶ月 2.8キロ
4ヶ月 4.2キロ
5ヶ月 5.5キロ
6ヶ月 6.5キロ
7ヶ月 7.0キロ
8ヶ月 7.4キロ
9ヶ月 7.9キロ
10ヶ月 8.3キロ
11ヶ月 8.6キロ
12ヶ月 8.8キロ

上の表のデータは、様々な個体や平均のデータを集め、その中での平均値を割り出したものです。
柴犬は生後12ヶ月で成犬とほぼ同じ大きさになります。

表の生後6ヶ月のところに注目してください。6.5キロとなっていますね。6ヶ月だからといって3ヶ月の体重の倍ではなく、12ヶ月の半分というわけでもありません。

どういうことなのでしょうか。
表だけだとわかりづらいので、下の曲線グラフで説明していきます。

柴犬、子犬の体重の推移のグラフ

曲線グラフを見ると、はじめはめざましく、やがてゆるやかに成長していくことがわかります。

生後3ヶ月から6ヶ月の間は、特に成長が著しいです。
肥満を恐れず、子犬の間はしっかりと栄養をつけさせましょう。

また、子犬時代にたくさん食べ、たくさん運動をした個体は大きくなると言われています。場合によっては平均値をはるかに上回るかもしれません。

この後解説していきますが、体重が重いからと言って「イコール肥満」とは限らないので、見極めが必要です。

柴犬の成犬の標準体重

柴犬

それでは柴犬の成犬の標準体重はどうでしょうか?

一般的には、

  • オス 9~11キロ
  • メス 7~9キロ
と言われています。

これはジャパンケネルクラブ(犬籍登録、イヌの品種の認定、血統書の発行などを行っている畜犬団体)の定めた標準体重ではなく、日本犬保存会の定めた「日本犬標準」のものです。

しかし「日本犬標準」は「平均」の柴犬ではなく、コンテストに出るような「理想」の柴犬の体重や体格を表していることを考えなければいけません。

実際に飼われている柴犬の平均体重は、これとは違っているかもしれません。
ただこの数値に近ければ理想的というのには違いはありませんから、目安にはなるかとは思われます。

ただ犬の大きさには個体差があり、骨格の太い子・細い子がいるので、あくまで目安です。

我が家の愛犬ねねは、体が大きいので、獣医さんに「理想体重は11キロ」と言われています。
日本犬標準のメスの規格からは離れていますね。一匹一匹の理想体重というものは違っているので、個体差を考慮する必要があります。

豆柴の標準体重

豆柴
Photo bypetrastanley

豆助の登場で人気の豆柴。実は「豆柴」という犬種は存在しません。
ジャパンケネルクラブからも日本犬保存会からも認定されていません。

成犬になっても体重が7キロを超えないだろうと思われる、小さく育つように交配・飼育された柴犬がそう呼ばれ、店頭に出されているだけなのです。

豆柴
Photo bykazzzsat

それでも「豆柴」として店頭に並ぶ小さな柴犬。
彼らの標準体重は、

  • オス 5~6キロ
  • メス 4~5キロ
と言われています。

だからといってこの基準を超えてしまった豆柴は肥満なのかどうか、一概には言えません。

先ほどにも述べましたが、子犬時代にあまり餌をあたえられず小さく育った犬が「豆柴」として出荷されたケースもあります。

そんな子が飼い主の元にやってきて、きちんとした食事をあたえられることで大きく成長することもあるのです。
豆柴の規格を超えてしまっても「豆柴じゃなくなってしまった」と嘆かずに最期まで育ててあげてください。

のイメージ
小豆柴とはどんな犬?性格やサイズ・値段をご紹介!
小豆柴とは柴犬の大きさとは全く異なるサイズの小さな柴犬です。つまり世界最小の柴犬なのです。小豆柴専任のブリーダーが産出している、非常に小さな柴犬のことを、小豆柴と呼びます。今回は、小豆柴に関する情報を集めてみました。画像を見るだけで癒されます。

あなたの柴犬は肥満?

標準体重を超えてしまっていても、だからといって一概に肥満とは言い切れない事実。
それなら体重や数値などといったものは、あまり気にしなくてもよいのでしょうか?

「うちの子は太っているんじゃなくて、たまたま大きな個体なだけだから……」ということなのでしょうか?

疑問
Photo byElisaRiva

そんなことはありません。

実際に犬の肥満というものは存在します。散歩中にたくさんの柴犬に会いますが、引き締まった体型の子がいる一方、明らかに太った子も見ます。我が家のねねも13キロを超え、獣医さんからたぷつきを指摘されてしまいました。

肥満は心臓病などの生活習慣病のリスクにつながるとされています。
「うちの子は大きいだけ」「個性だから」と肥満を見過ごし、結果愛犬が病気になってしまうのは悲しいことです。
標準値や平均値にこだわって神経質になりすぎることはないですが、現実から目をそらしてしまってもいけません。
飼い主は肥満の可能性も考慮に入れ、見極めることが大切です。

体重だけで肥満を判断できない理由

柴犬

俗に言う15キロを超えたからといって、その個体が肥満かどうか判別できません。先ほどにも述べたとおり、犬にも背の高い子・低い子、筋肉質な子・そうじゃない子、骨太な子・華奢な子がいるので、「この体重がベスト」というのはその個体によって違います。

骨が太く、頭蓋骨が大きい子の体重が重くなってしまうのは当たり前のことです。
筋肉は脂肪よりも重いです。

10キロの子と15キロの子がいるとして、15キロの方が太っているとは限りません。

15キロの子が大柄で骨太なオスで、筋肉質で、体に脂肪があまりついていなければ、その子は「15キロ超え」ですが問題はありません。

一方10キロの子は、その子が本来7キロ以下であるべく体格をした豆柴で、筋肉や骨ではなく、脂肪で体重を増やしてしまっていた場合、肥満です。

ただし大柄で体重が重い子の中には、筋肉だけではなく脂肪もかなりついているケースもあるのです。

我が家のねねは、メスでありながらもオスよりも大きさがあります。筋肉量もそこそこあり、頭蓋骨こそ小さいですが、胴が長く骨太です。それでも理想体重が11キロのねねは、13キロを超えてしまいました。

触ってみると実際にたぷつきがあり、13キロの原因が脂肪にもあることがわかります。

体重よりもたぷつきが問題ということがわかってきたので、BCS(ボディコンディション・スコア)について紹介していきたいと思います。

BCSで肥満をチェックしよう

犬
Photo bychiplanay

BCSとは、犬の体を見たり触ったりして体型を5段階評価する方法のことです。3段階目にいたら理想体型、1と2はやせ気味、4と5は太り気味という風に判断します。

横から見たときのウエスト、上から見たときの腰のくびれ具合、そしてあばら骨の浮き具合や触ることでわかるかどうかなどが判断基準となります。

BCSについての下記の記事を紹介します。
やり方など詳しく書かれてあるので、ぜひ愛犬のBCSを実際にチェックしてみてください。

のイメージ
あなたの犬は肥満?痩せてる?BCS(ボディコンディションスコア)でチェックしよう!
人間と同じく犬も肥満も痩せすぎも健康によくありません!長生きしてもらう為にもBCS(ボディコンディションスコア)で犬が肥満なのか、痩せすぎてはないかチェックすることが健康にとって大事です!BCS(ボディコンディションスコア)で犬の健康を管理してみましょう!

柴犬の肥満を解消するするには?

柴犬

運動でエネルギーを燃やす

摂取カロリーに対して消費カロリーを増やすことが大切です。
柴犬は運動量の必要な犬種。運動させましょう。

  • 散歩
  • 自転車での並走
  • ロングリードをつけて走る
  • ボール遊び
  • ドッグラン

などの方法があります。

散歩って運動にならないって本当?


柴犬は1日1時間以上の散歩が必要であり、また体重と同じ分だけの距離を歩くことが必要だとも言われています。(例、10kgの子なら10km歩く。)

1時間で10キロって、考えてみれば結構速足ですよね。
それに「うちの犬、匂い嗅ぐために立ち止まってしまうんだけど……」という声も。

犬の情報収集やマーキング、ストレス解消や排泄のために散歩は必要ですが、実はそれ自体は大した運動にはなりません。
「歩く」のではなく「走る」のが大切だということです。

工夫が一番!

Photo byJACLOU-DL


自転車での並走や、ドッグランで思いっきり走らせるのがよいとよく言われています。

「でもうちの子、危なっかしいからいきなり並走なんて無理だ」
「ドッグランに行くとよその犬と喧嘩しちゃう」
そんな人はどうすればよいのでしょう。

ねねもドッグランへ行くと、ほかの犬を目で追ってしまい、その場から動かなくなってしまいます。
それでも工夫によって、ねねは走ります。

  • 夜の公園を、ロングリードをつけて走らせる
  • 飽きられないよう、目新しい公園に行く
  • 誰もいない時間を見計らってドッグランに行く
  • ボールを投げるときはフェイントをかける
  • フリスビーに興味を持たせる
そのほかにはボールそのものに飽きられないよう、家用ボールと外のボールは分ける、普段の散歩にはロングリードは使わないなどの工夫をしています。

13キロ台だったねねは、2ヶ月の運動で12キロ台まで体重を落とすことができました。
あなたの愛犬に合った運動方法を見つけてあげてください。

のイメージ
犬へのフリスビーの教え方をご紹介!【練習/投げ方/コツ】
飼い主が投げたフリスビーを犬が華麗にキャッチする!そんな光景を夢見たことのある飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?小型犬から大型犬まで、飼い主と犬が一緒に楽しめるフリスビー!ここでは愛犬とフリスビーを楽しむ方法について詳しくまとめました。

食事で体重を減らす

あとは摂取カロリーを減らすということで、食事が効果的です。
単純に量を減らし、ダイエットフードにシフトしていきましょう。

それと柴犬は洋犬にくらべて腸が長く雑食動物寄りなので、柔らかくゆでた野菜をあげてみましょう。
野菜でかさ増しをして愛犬に満腹感を得させ、フードや肉の量を減らしましょう。

まとめ

柴犬

理想体重もそれぞれ、性格もそれぞれの柴犬。
元気いっぱいのオスと、避妊しているメスの太りやすさは違いますし、活発な個体とまったり過ごすのが好きな個体とでも運動量は違います。

中には難しい子もいるでしょう。
なかなか理想どおりにいかないこともあります。

結局その個体に合った肥満防止対策をするのが、一番なのではないでしょうか?

12キロ台まで体重を落としたねねは、結局はそれ以上体重は減らず、横ばい状態です。
私も母も、今でも模索中の段階で、ねねは絶賛ダイエット中です。
年を重ねるごとにだらだら、まったりと過ごすようになってきたねねは、幼い頃のように家の中では走りません。
運動量は減りましたが、そのかわりにねねは落ち着きを手に入れました。

今まではできる気がしなかった自転車での並走ですが、今のねねならできるかもしれません。
これからチャレンジしていこうと思います。

柴犬の数だけ理想体重があり、個体差があり、性格があり、成長があり、そして歴史があるのです。
肥満との戦いもそれにまつわるエピソードも、その子の歴史の一部です。

あなたの犬人生が素晴らしいものになることを、祈っております。

関連記事