ダップー(トイプードルxダックス)はどんな犬?性格・値段をご紹介!

ダップー(トイプードルxダックス)はどんな犬?性格・値段をご紹介!

ダップーというミックス犬をご存知でしょうか。ダップーとはトイプードルとミニチュアダックスフントのミックス犬です。ダップーとはどのような性格をした犬なのか飼育方法や購入時の販売価格などダップーについて写真と合わせて紹介します。

ダップーとはどんな犬?

ダップーとはトイプードルとミニチュアダックスフントのミックス犬です。

見た目はどちらによるか個々に違いますが、バランスのとれた個体であればトイプードルの足の長さに軽くウェーブのかかった毛並みの犬になります。

ダックスは足の短さと胴の長さから椎間板ヘルニアになりやすい犬種ですが、骨格がトイプードル寄りになりば椎間板ヘルニアのリスクを減らすことができます。

また、ダックスは骨格がしっかりしているので、トイプードルの華奢が故の膝蓋骨脱臼のリスクも減らすことができます。本来欠点を補うために生み出されたミックス犬ですが、ダップーは本来の目的に沿った犬であると考えられます。

写真

ダップーの子犬と成犬のそれぞれの姿を写真と共に紹介します。
ミックス犬なので、どちら寄りかによって見た目が変わりますので参考としてみてみてください。

子犬

ダックスが強めのダップーの子犬です。

子犬の頃はどちらかが強くても成長と共にもう片方の特徴もどこかしらに出てきます。
ミックス犬は成長が楽しみな犬たちです。

成犬

成犬になると、トイプードルのくるくるの巻き毛とダックスのストレートの長い毛が混じり、ゆるいおしゃれなウェーブがかかった毛並みになることが多いです。

あとはどちらの個性が強いかで足の短さや体つきなどが変わってきます。

大きさ

ダップーは体高25cm程度、体重4kg~5kg程の大きさに成長します。

もちろん大きさは個々に違いますので、体重の範囲は目安として、痩せすぎ太りすぎは肋骨が軽く触れる程度かで確認して管理してあげてください。

寿命

ダップーの寿命は15年程です。
ダックスもトイプードルも長寿ランキング上位の犬種なので、ダップーも長寿のほうであるといわれています。

もちろん飼育方法によっては寿命を伸ばすことも可能です。寿命を伸ばすコツは、ダップーにとって快適な環境を用意してあげることです。性格や飼育方法を理解して快適な生活を送らせてあげましょう。

ダップーの性格

ダップーはミニチュアダックスとトイプードルの性格をどちらも持っている犬となりますので、基本的には陽気で遊び好きな犬たちです。

ダップーの性格について詳しく紹介します。

陽気で明るい

陽気で明るい面はミニチュアダックスもトイプードルも持っているので、ダップーもほとんどの個体が持っている性格となります。

家ではのんびりとおとなしくしてもらうためには、子犬の頃からオンオフのスイッチの切り替えができるようにしつけをおこなう必要があります。

やんちゃで遊び好き

やんちゃで遊び好きな面はミニチュアダックスの性格が強く出ています。

どこでも遊ぼうとするので、自宅では走り回っても怪我をしないように床には滑り止めを敷く、出来る限り床を片付けておくなど安全に配慮しましょう。

飼い主と遊ぶのも大好きなので、一緒に遊んで信頼関係を深めましょう。

賢い

トイプードル譲りの賢さで、次に何をしなければならないのか予想して行動することがあります。
また、飼い主としっかりとコミュニケーションがとれていれば、お互いにどういったことをしてほしいのかなんとなく感じ取れるようになります。

飼い主の指示に素直に従えるように、子犬の頃から飼い主がリーダーシップととって生活するように心がけましょう。

神経質で恐がり

神経質で恐がりな面も持ち合わせています。

飼い主や自分を守るために、吠えや噛みつきなどの問題行動が出る場合もありますので、子犬の頃から人間や犬など様々なものに慣らして恐怖対象を減らしてあげてください。

ダップーの飼い方のポイント

ダップーを飼育する上で、ダップーについての知識をもつことは、上手に飼育するために非常に大切なことです。
ダップーを上手に飼育するポイントを紹介します。

食生活

肥満にならないように適切な食事管理をおこなってください。

毎日適量を与え、もしドッグフードを食べない場合でも人間の食事は与えないようにしましょう。
ドッグフードを食べない場合はボイルした鶏むね肉をトッピングするなどで対処しましょう。

運動管理

ダップーは運動が大好きな個体が多いです。
運動不足は肥満の原因だけではなく、ストレスが溜まる原因となります。

ストレスは寿命を縮める原因にもなりますので、毎日十分な運動の時間を確保してあげてください。

ケア

トイプードルの血が入ることで抜け毛が少なくなりますが、定期的に全身カットをおこなわなければならないトリミング犬種となります。

シャンプーは月1回程度、トリミングはカットスタイルにもよりますが1月か2月に1回程度はおこないましょう。
カットスタイルも豊富にあり、よりかわいい姿に変身することができるのでトリマーと相談して決めるようにしましょう。

毎日ブラッシングをして毛玉が出来るのを防ぎましょう。

ダップーの値段

ダップーを購入する場所としてブリーダーかペットショップがあります。
どちらでも購入可能ですが、確実にダップーが欲しい場合はブリーダーからの購入がスムーズです。

値段は15万前後です。
血統やお店によっても変わりますので、予算に合った場所や好みの個体で選ぶようにしましょう。

まとめ

ここまでダップーについて紹介してきましたがいかがでしょうか。

ダップーはミニチュアダックスとトイプードルどちらの特徴も持ち合わせた、見た目も性格も魅力的な犬たちです。
寿命も長く、正しく飼育すれば寿命をより伸ばすことも可能です。

ダップーと長く楽しい生活が送れるように、性格と飼育方法を理解してから迎え入れましょう。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking