ウェルシュコーギーは2種類!「カーディガン」と「ペンブローク」の違いを紹介!

ウェルシュコーギーは2種類!「カーディガン」と「ペンブローク」の違いを紹介!

コーギーには2種類ある。ウェルシュコーギー・ペンブロークとウェルシュコーギー・カーディガンである。大きさや特徴などそれぞれあるが、見分けるのは少し難しい。ここでは、そのペンブロークとカーディガンの違いを画像とともに紹介する。

くるみ
ライター

くるみ

とにかく犬が大好きです。シェルティとポメラニアンと暮らしていましたが、お空に旅立ちました。只今、保護犬をお家に迎えることを検討中です!

記事の目次

  1. 1.ウェルシュコーギーには2種類いる
  2. 2.カーディガンとペンブロークの違い
  3. 3.まとめ

ウェルシュコーギーには2種類いる

コーギーは日本でも飼っている人がとても多く、大人気ですね。

みなさんはウェルシュコーギーには、2種類の犬種がいることをご存知ですか?
その2種類とは「ウェルシュコーギー・ペンブローク」と「ウェルシュコーギー・カーディガン」という種類です。

Photo byElfinFox

ウェルシュコーギー・ペンブロークとウェルシュコーギー・カーディガンは見た目もよく似ていますが、別の犬種なんですね。

コーギーは、足が短くてがっしりした体が特徴のとても愛くるしい犬種です。私たちがよく見るコーギーは、その殆どがウェルシュコーギー・ペンブロークです。JKC(ジャパンケネルクラブ)の登録数も10倍近くの差があります。

コーギーはエリザベス女王の愛犬として、イギリスでは特に人気の犬種です。そして、元々は牧羊犬として大活躍したとても賢い犬種なんです。

今回の記事ではそんなウェルシュ・コーギー・ペンブロークとウェルシュ・コーギー・カーディガンの違いを詳しくご紹介していきます。

カーディガンとペンブロークの違い

Photo byhuoadg5888

どちらもコーギーではありますが、犬種自体は別の犬種になります。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンとウェルシュ・コーギー・ペンブロークは見分けるのが難しいようですが、その違いを画像を混じえ、見た目や色、歴史、尻尾についてなど、詳しくご紹介していきます。

外見

まず、見た目の違いからご紹介します。国内で見られるコーギーのほとんどがウェルシュ・コーギー・ペンブロークですが、イメージ的には狐のような色で、まんまるなおしりが可愛いというのがコーギーのイメージではないでしょうか。

ウェルシュ・コーギー・カーディガンの写真

こちらが、ウェルシュ・コーギー・カーディガンです。

耳が大きいですね。顔の感じもキリッとした感じです。男の子と女の子で感じは変わるとは思いますが、可愛いと言うよりはかっこいいタイプの犬種です。そして、尻尾がペンブロークよりふさふさして長いんですね。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの写真

フリー写真素材ぱくたそ

こちらがウェルシュ・コーギー・ペンブロークです。
私たちが「コーギー」といえば、このタイプの子たちですよね。この毛色が白と茶色で、明るく元気ないつも動いている犬というイメージです。

サイズ・毛色の種類

Photo byElfinFox

◆ウェルシュ・コーギー・カーディガン

  • 体高 27cm~31cm 
  • 体重 11kg~17kg
  • 毛色 ブリンドル&ホワイト・ブラック&ホワイトが多い
  • 性格 警戒心が強く落ち着きがある温厚な性格
  • 特徴 耳が大きく少しとがっている

◆ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
  • 体高 26cm~31cm
  • 体重 11kg~14kg
  • 毛色 セーブル・フォーン・レッド・ブラック&タンのみ(白はあってもなくてもよい)
  • 性格 社交的で落ち着きがなく興奮しやすい
  • 特徴 耳が丸くカーディガンに比べて小さい

Photo byPexels

こうして、比較してみると、あまり体型的には変わりませんが、カーディガンの方が耳が大きいせいか、とても大きく感じますね。

ガーディガンはマズルが少しペンブロークより細くて長いです。ペンブロークはマズルが短めで幼い顔立ちですね。さらにしっぽも短いので、少し小さく見えるのでしょうか。どちらも、がっしりした体型なので、中型犬のように感じますがどちらも小型犬の範囲に入るようです。

Photo byhuoadg5888

そして、どちらの犬種も性格は、とても飼い主に忠実で賢いです。

また、食欲も旺盛です。運動量がとても多く必要なので、お散歩は長めで思いっきり走れるところに連れて行くことが必要なようです。小型犬ではありますが、たくさん食べるので、運動量を多くしてあげないと太りやすいようですね。

歴史

ウェルシュコーギー・カーディガン

ウェルシュ・コーギー・カーディガンは、紀元前1200年には既に存在していたことが確認されています。祖先は、絶滅してしまったダックスフントに似た犬種であると言われていますが、実際のところは、ウェルシュ・コーギー・カーディガンの確かな歴史についてはわかっていないとのことです。
 

ウェルシュコーギー・ペンブローク

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、カーディガンよりは後になりますが、1107年頃には存在していました。しかし、ペンブロークの祖先は、いろいろな説があり、はっきりとしたことはわかっていませんが、「スウェディッシュヴァルフント」が祖先であるという説があります。足が短く、ダックスフントなどと同じタイプの犬種のようです。

尻尾

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、尻尾がなくてまんまるのお尻がとても可愛いというイメージですよね。小さな尻尾がある子もいるようですが、全く無い子もいます。これはどういう理由からなのでしょうか?

上でご紹介した画像でも、ウェルシュ・コーギー・カーディガンは、フサフサとした長い尻尾があるようですね。この違いは何なのでしょうか?

尻尾ありだとこんな感じになります。充分かわいいですよね。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、元々牧畜犬であったため、家畜を追いかけるときに、牛などに尻尾を踏まれて、ケガをすることが多かったようです。そして、やむを得ずその予防のため、生後数週間のうちなら無痛であるとされ、断尾されていたとのことです。

牧羊犬として有名なボーダーコリーやシェトランドシープドッグは、断尾することなど聞いたことがありませんが、コーギーはこの2犬種より足が短いので、尻尾を踏まれてケガをしてしまうことが多かったのかもしれませんね。

Photo byTheOtherKev

しかし、今は牧羊犬ではなく、ペットとして愛される存在になったのですから、断尾の必要はないのではないでしょうか。
それに、たとえ生後すぐでも、痛くないわけはないと思います。

尻尾が元々ないなら、可愛いと思えますが、牧畜犬時代の習慣で切っているとしたら、もう切る必要はないのではないでしょうか。

以下の記事で、コーギーのしっぽがなぜ短いのか?としっぽを切る理由について詳しくご紹介していますので、ご覧になってみてください。

のイメージ
コーギーのしっぽが短いのはなぜ?そしてしっぽを切る理由とは
コーギーのしっぽについて、ふと疑問に思ったことはないですか?しっぽのないコーギーは案外と多いのです。元々、牛を追うための牧畜犬として邪魔になるしっぽを人間の都合で切り落としたということが定説です。可愛いお尻が見えた方が好まれるという人間側の都合もあるようです。

飼い方

Photo by tanakawho

ペンブロークもカーディガンも、飼い方に違いはほぼありません。どちらも、牧畜犬であったため、相当の運動量を必要とするので、毎日の散歩でも走れる場所に連れて行くようにしてください。ドッグランなど思いっきり走れるところにも、ときどきは連れて行くようにしましょう。

運動量が足りないと、ストレスがたまり、常同行動(足をなめ続けたり同じ行動を繰り返し行うこと)などが出てくることもありますので注意が必要です。

Photo by akiraak2

また、吠える声がかなり大きいので、マンションなどの集合住宅で飼うのには適さない可能性があります。防音に配慮する必要がありそうです。コーギーは牧畜犬として、吠えることを教えられていた習性があるので、吠えないようにしつけると、ストレスで内蔵の病気になることもあります。

そして、カーディガンもペンブロークも、とても賢い犬なので、飼い主がリーダーであることを理解させ、しっかりとしつけを行いましょう。

下記の記事で犬のストレス対策についてまとめていますので、ぜひあわせて参考にしてみて下さい。

のイメージ
犬のストレス解消法5選を紹介!ストレス原因を取り除こう
犬もストレスを溜める動物です。犬のストレス解消法をご存知でしょうか?犬のストレス症状や原因を理解し、ペットの動きを制御している飼い主が気遣ってあげてください。寿命を縮めるストレスを軽減させるために必要なストレス解消法について紹介します。

値段

Photo byElfinFox

コーギーの値段ですが、ペンブロークは平均して10~20万円、カーディガンは20万円前後で、カーディガンの方が頭数が少ないので高くなるようです。また、どの犬種もそうですが、血統によって、値段が大きく変わってきます。

また、コーギーの寿命は、カーディガン、ペンブロークとも、平均13歳くらいだと言われています。もちろん、ご飯に気をつけて太らせないようにすることや定期的な健康診断を受けさせるなどすれば、15歳以上まで元気でいてくれる子もいるようです。

まとめ

Photo byMichel_van_der_Vegt

いかがでしたでしょうか?
「ウェルシュコーギーは2種類!「カーディガン」と「ペンブローク」の違いを紹介!」でした。

カーディガンは温厚で落ち着いた性質なので、一緒に生活すると癒やされそうですね。ペンブロークはとても元気で陽気で明るい性質のようなので、一緒に生活すると楽しそうです。

ご飯をいっぱい食べるのでたくさん運動させて、飼い主も一緒に体型維持ができそうです。
最後に、コーギーの子犬の可愛い動画をご覧になって癒やされてくださいね。

関連記事