ビーグルはどんな犬?大きさ・性格や飼い方・しつけについてご紹介!

ビーグルはどんな犬?大きさ・性格や飼い方・しつけについてご紹介!

「スヌーピー」のモデルとしても有名なビーグル。垂れさがった大きな耳とつぶらな瞳がとても可愛い犬種です。ペットとしても人気の高いビーグルの特徴や性格、飼い方、しつけのコツについてもご説明します。これからビーグルを飼ってみたいという人は必読!

ビーグルはどんな犬?

ビーグル
Photo byntripke

ビーグルという犬種の大きさや性格をみなさんご存知でしょうか?

今回の記事では犬の中でビーグルに焦点をあててご紹介していきます。

大きさ

ビーグルはハウンドドッグとしては一番小さく、小型犬に分類されます。

体高は約35cm前後で、体重は約10kg程が適正です。体格はがっちりとしており筋肉質です。
特徴的な大きな耳は約18cm程もあります。

大きさはそこまで大きくはないですが、とてもパワフルな犬種です。

毛色

最もオーソドックスな毛色はトライカラーです。

ほかにもレッドアンドホワイトや、レモンカラー等があります。しっぽの先が白いことが理想です。

ビーグルがモデルでもある「スヌーピー」は、性格こそビーグルに似ていますが、なかなかあのような毛色のビーグルは珍しいと言えます。

被毛の特徴としては短毛ですがダブルコートのため、寒さに弱いということはないでしょう。皮膚が痛まないようにラバーブラシで定期的なブラッシングをすることがおすすめです。

抜け毛は多いため、室内飼いで飼育する場合には部屋中に抜け毛が舞うことがあるので、定期的に掃除をする等、特に注意が必要です。

歴史

ビーグルの歴史は意外と古く、14世紀頃にイギリスでスポーツとして行われていたウサギ狩りで活躍をしていました。ビーグルは走るスピードに関してはほかの犬種と比べると速くはありません。

しかし、持久力があり、なおかつ獲物を追いかけながら吠え続けるという習性があったために、ハンターから好まれていました。

1860年頃にアメリカにビーグルが輸入されはじめると、その可愛さからアメリカで人気の犬種となり、現在もアメリカンケネルクラブの登録数ではトップ10にランクインしています。以後はショードッグやペットとして、日本を含めとても人気の高い犬種です。

画像

ビーグル
Photo byNick115

ビーグルらしい甘えている表情をしています。

ビーグル
Photo byAdinaVoicu

ビーグルはほかの犬とも仲良くできる犬種です。

ビーグル

トライカラーのビーグルです。とても可愛い毛色ですね。

寿命

ビーグルはほかの犬種に比べ身体が強く、気を付けなければいけない病気が少ないです。
平均寿命は約15年で、ほかの小型犬と同等かそれ以上であるといえます。

気を付けておきたい病気は、椎間板ヘルニアや白内障です。
椎間板ヘルニアに関しては、高く激しくジャンプさせないようにするといくらか抑えることができるでしょう。
犬の健康のために、毎日ブラッシングやコミュニケーションをとることで、犬の異常にいち早く気が付くことができます。

また、垂れた大きな耳は蒸れやすく、耳の病気になる可能性があります。
特に夏場等の湿気が多いときは、定期的に耳掃除をしてあげることをおすすめします。

ビーグルの性格

ビーグル
Photo by825545

ビーグルの性格についてご紹介していきます。

甘えん坊

ビーグルはとても飼い主に対して愛情深く、甘えん坊です。

そのため、一日中犬と過ごすことのできる人がいる家庭におすすめです。

ですが、仕事で一日の大半を犬が一匹で過ごすような家庭はビーグルが寂しがってしまうため、避けたほうが良いかもしれません。

フレンドリー

ビーグルは社交性が高く、知らない人や犬に対してとてもフレンドリーに接します。

そのためドッグラン等でもほかの犬と喧嘩することを嫌がり、なるべく一緒に遊ぼうとします。子どもがいる家庭でもおすすめできる小型犬のひとつです。

活発

ビーグル
Photo byievutina

ビーグルはもとは狩猟犬であるため、やはり運動量が高く活発です。

そのため毎日の遊びには運動も取り上げてみると良いでしょう。特にヒモをつけたボール等で狩猟本能をくすぐるような遊びをすると喜びます。

警戒心が強い一面も

穏やかで好奇心旺盛なビーグルですが、反面警戒心が強い一面もあります。

飼い主を守る際等、知らない人に対して勇敢に吠えるときがあります。これは狩猟犬であったころの名残でもあります。

関連記事

記事を評価する

評価 3.5 / 5(合計1人評価)

Article Ranking