ビーグルの平均寿命は?最高齢や長生きさせるコツをご紹介!

ビーグルの平均寿命は?最高齢や長生きさせるコツをご紹介!

大きな耳が特徴的なスヌーピーのモデルにもなったビーグルですが、どのくらいの間一緒に生活ができるのかビーグルの平均寿命はご存知でしょうか?ビーグルの平均寿命や長生きさせるために必要な飼い主が把握しておきたいことについて紹介します。

堀江
ライター

堀江

記事の目次

  1. 1.ビーグルの平均寿命
  2. 2.ビーグルの長寿ギネス記録は?
  3. 3.ビーグルの人間換算の年齢は?
  4. 4.ビーグルを長生きさせるコツ
  5. 5.まとめ

ビーグルの平均寿命

Photo byntripke

ビーグルの平均寿命12歳~15歳ほどです。ビーグルが属する中型犬の平均寿命は13歳前後なので平均的な寿命ではないかといえます。

ビーグルを長生きさせるためにはどのようなことに気をつけて管理すればよいのかをご存知でしょうか。
飼い主が把握し適切な管理をしてあげればビーグルの寿命は伸びます。

ビーグルを長生きさせるために飼い主が把握しておきたいことについて紹介します。

ビーグルの長寿ギネス記録は?

Photo bySomo_Photography

ビーグルで1番長生きした犬としてバージニアで暮らしていたビーグルが28歳まで生きたと記録されています。
人間の年齢に換算すると148歳になります。

日本でもビーグルは長寿な個体が多く老犬になっても元気な犬たちが多いです。
若いうちにしっかりと運動させて強い足腰を作っておくこと、そして年を重ねても程よく運動させ維持することができるかが非常に大切なポイントとなります。

ビーグルの人間換算の年齢は?

Photo byMustangJoe

ビーグルの年齢を人間の年齢に換算すると何歳になるのか年齢換算表を作成しました。
自宅のビーグルの年齢は人間の年齢にすると何歳なのか確認してみてください。
最近動きが鈍くなったのは年をとってきているかもしれません。

犬の年齢 人間の年齢
1ヶ月 赤ちゃん
3ヶ月 幼稚園児
6ヶ月 小学生
1歳 15歳
2歳 24歳
3歳 29歳
4歳 34歳
5歳 38歳
6歳 43歳
7歳 48歳
8歳 52歳
9歳 56歳
10歳 60歳

ペットは何歳に該当しましたでしょうか?年齢に合わせた環境を整えてあげることが大切なことです。

以下で犬の年齢について詳しく解説しています。
ぜひ、ご覧いただき参考にしてみてください。

のイメージ
犬の年齢を人間の年齢に換算すると何歳?早見表でまとめ!
今飼っている愛犬が5歳や12歳なら人間に例えると何歳になるんだろうという疑問にお答えしたいと思います。それに、小型犬・中型犬・大型犬別の年齢表を簡単にまとめ、犬種別の平均寿命とギネスブックに認定された長寿の犬は何歳まで生きたのかをご紹介します。

ビーグルを長生きさせるコツ

Photo byalles-so-schoen-bunt-hier

ビーグルを長生きさせるためには、ビーグルを長生きさせるポイント把握しておかなければなりません。
ビーグルを長生きさせるコツを紹介します。

寿命を伸ばすコツ:①室内飼いにする

外で飼育している犬は、野生動物との接触での感染症を引き起こすことがあります。室内で飼育していれば病原体を持っている動物との接触は避けることができます。

また、寿命を伸ばすためにはストレスをかけないことが大切です。
外飼いの犬は常に気を張っているのでストレスがかかりやすく寿命が短くなりやすいです。

のイメージ
犬のストレス解消法5選を紹介!ストレス原因を取り除こう
犬もストレスを溜める動物です。犬のストレス解消法をご存知でしょうか?犬のストレス症状や原因を理解し、ペットの動きを制御している飼い主が気遣ってあげてください。寿命を縮めるストレスを軽減させるために必要なストレス解消法について紹介します。

寿命を伸ばすコツ:②肥満に注意する

ビーグルは食欲旺盛な個体が多く肥満になりやすい犬種です。

食事管理としては総合栄養食のドッグフードを適正量与え、おやつは与えても少量にしましょう。
おやつの与えすぎには十分に注意し、人間の食事は与えないように心掛けましょう。

また現在あなたの犬が肥満かどうかを測る方法としてBCSという方法があります。ぜひ肥満かも?と思っている方は下記の記事も参考にして、肥満なのかどうかチェックしてみましょう。

のイメージ
あなたの犬は肥満?痩せてる?BCS(ボディコンディションスコア)でチェックしよう!
人間と同じく犬も肥満も痩せすぎも健康によくありません!長生きしてもらう為にもBCS(ボディコンディションスコア)で犬が肥満なのか、痩せすぎてはないかチェックすることが健康にとって大事です!BCS(ボディコンディションスコア)で犬の健康を管理してみましょう!

満足感を得られないときの対処法

適正量の食事では足りない場合は、キャベツや鶏ムネ肉などをボイルしてトッピングしてあげる、または早食い防止の凸凹の食器で食事を与えてみるのも検討してみてください。

早食いは満足感を得にくく欲しがる量も多くなりますのでゆっくり食べさせることを心掛けましょう。

人間の食事を与えてはいけない理由

人間の食事を欲しがるペットも多いのではないでしょうか?

人間の食事は犬にとって味が濃くとても美味しく感じるものです。
ドッグフードを食べないからと人間の食事を与えていると人間の食事だけでお腹が満たされてしまうので、さらにドッグフードを食べなくなるもの当然です。

また人間の食事は高カロリーなので肥満や糖尿病、塩分の摂り過ぎで高血圧などの病気を発症しまう可能性が上がります。ペットを健康的に長生きさせるためには人間の食事を避けることが大切です。

寿命を伸ばすコツ:③運動不足に注意する

Photo bySomo_Photography

ビーグルは遊び好きで必要とする運動量も多いです。
毎日1日2回散歩へ連れて行き十分に運動させましょう。

運動が足りない、もしくは夏場や梅雨の時期など散歩へ十分にいけない場合は、室内施設のドッグランなども検討してみると良いでしょう。

ドッグランでは様々な犬がいますので初めからノーリードにはせずに、先に犬がいる場合は相性をみてから遊ばせるようにし、喧嘩を避けて安全に楽しく利用しましょう。
 

のイメージ
ドッグランって何するところ?必要性・利用時のマナー・注意点を紹介!
ドッグランとは犬同士交流させ、運動させる場所にはぴったりの施設になりますが、ドッグランでのマナーや注意点はご存知でしょうか?様々な犬たちが集まる場所ですので、ドッグランのルールを守って安全に利用しましょう。ドッグランとはどのような施設なのか紹介します。

寿命を伸ばすコツ:④毎日の健康チェック

ビーグルは長毛種ではないので、毎日のブラッシングをしなくても大きな問題はありませんが、コミュニケーションをとるためと体に異常がないかチェックする意味では毎日ブラッシングをして健康チェックをしてあげるのが良いです。

毎日体に触れて異常がないか確認してあげてください。

寿命を伸ばすコツ:⑤定期的な健康診断

飼い主による毎日のチェックは表面部分しかわからないものですので、体の内部まで確かめることができる動物病院での健康診断を定期的に受けることをおすすめします。

病気は早期発見・早期治療で助かるものや軽く済むものもあります。
命を救い、長生きしてもらうために病気の早期発見・早期治療を心掛けましょう。

まとめ

Photo by kaidouminato

ここまでビーグルの寿命について説明してきましたがいかがでしょうか?

ビーグルの寿命は12歳~15歳、中型犬としては平均的です。
しかし、最高28歳まで生きたというビーグルもいますので、寿命を伸ばすために必要な知識が広まればこれから平均寿命が伸びるのではと期待される犬種です。

ビーグルの性格や飼い方を把握、理解し快適な環境を用意してあげてください。

関連記事

Article Ranking