サビイロネコとはどんな猫?大きさ・ペットとして飼えるのか紹介!

サビイロネコとはどんな猫?大きさ・ペットとして飼えるのか紹介!

世界最小の猫であるサビイロネコという猫をご存知でしょうか?まだまだ多くの方から認知されていないため表立っての人気はありませんが、その可愛さから密かに注目を集めている猫です。通常の猫との比較をしながらサビイロネコの魅力的なポイントを紹介します。

堀江
ライター

堀江

記事の目次

  1. 1.サビイロネコとはどんな猫?
  2. 2.サビイロネコの特徴
  3. 3.サビイロネコはペットとして飼う事はできる?
  4. 4.クロアシネコとの違い
  5. 5.まとめ

サビイロネコとはどんな猫?

サビイロネコとはインド南部とスリランカに生息している極小の猫です。その体の大きさは世界一小さい猫といわれています。

可愛らしい姿から世界中から注目を集めています。サビイロネコとはどのような猫なのか大きさや特徴、日本で出会うことはできるのかなどサビイロネコについてを紹介します。

サビイロネコの特徴

サビイロネコはどのような特徴をした猫なのか写真も合わせて紹介します。

写真

サビイロネコは葉っぱの影に隠れられるほどの小ささです。この小ささはとても魅力的なポイントです。

毛色

サビイロネコの体の特徴は体全体の色は黄色の混じったグレーで横腹と背中にサビ色の斑点があります。

お腹よりも下の部分は白っぽい毛色をしています。尻尾はスラッと長く黒っぽいです。

大きさ

日本の猫の平均的な体重は5kg程度ですが、サビイロネコは1kg~1.5kg程しかありません。

尻尾を除いた体長は35cm~45cm程度なので想像するとどのくらいのサイズなのか検討がつきます。
赤ちゃんでもない大人の状態でも片手で持てるほどのサイズなので相当小さい猫です。

性格

性格としては温厚で陽気な性格をしています。

人に慣れやすく、生息地ではペットとしても人気があります。

サビイロネコはペットとして飼う事はできる?

サビイロネコは日本でペットとして飼育することができるのか、生息地の情報と合わせて紹介します。

生息地

サビイロネコはインドとスリランカではそれぞれ生息している場所の特徴が違います。インドでは熱帯広葉樹林や乾燥した場所に生息していることが多いですが、スリランカでは熱帯雨林に多く生息しています。

普段は木に登り、ネズミや鳥などを食料をして生きています。
行動は夜に多い夜行性の動物です。

絶滅危惧種である

サビイロネコは絶滅危惧種です。

サビイロネコが暮らす森林が伐採されることで行き場をなくし、サビイロネコは減少し続けています。
サビイロネコが安心して暮らせる環境が整うことが望まれます。

サビイロネコが見れる場所

サビイロネコの生息地はインドとスリランカでのみ確認されています。

日本の動物園では見ることができないので、どうしても見たい方は現地に行くしかないようです。

日本での飼育は難しい

飼育が禁止されているわけではなく現地ではその人慣れしやすく可愛らしい姿からペットとして人気があるようですが、日本では取り扱いがないため飼育することは難しいです。

クロアシネコとの違い

サビイロネコと同じく世界一小さい猫としてクロアシネコという種類の猫が存在します。

クロアシネコはサビイロネコと同様、体がとても小さくとても可愛らしい見た目をしていますが、自分よりもはるかに大きいキリンにでさえも向かっていく獰猛さがあります。

もちろん飼育は難しく、人間に対してかなり警戒して逃げてしまいますので慣らすことも難しいです。
サビイロネコと同じく生息数が減り、絶滅危惧種に指定されている動物です。

のイメージ
キリンを襲う?世界で一番小さな猫「クロアシネコ」のはどんな猫?
国際自然保護連合が定める絶滅危惧種の動物に指定されるクロアシネコ。通常サイズの猫よりかなり小さくまるでお人形のような可愛さが魅力です。しかしそんな姿とは裏腹に大きなキリンをも襲ってしまうほどかなり怖い猫なのです。今回はそんなクロアシネコの実態に迫ります!

両者の違いについては下記の記事でもまとめていますので、あわせて参考にしてみて下さい。

のイメージ
世界最小の猫「クロアシネコ」と「サビイロネコ」の違いとは?
クロアシネコとサビイロネコはどちらも世界最小の猫とされていて見た目がとても可愛らしいですが、性格は大きく違う猫たちです。それぞれどのような猫たちなのか飼育はできるのかなど写真を含めてクロアシネコとサビイロネコの違いを紹介していきます。

まとめ

魅力たっぷりのサビイロネコについて紹介してきましたがいかがでしょうか?サビイロネコの魅力は伝わりましたでしょうか。

サビイロネコの繁殖数が増え、日本でも見れるようになる日がくると絶大な人気が予想される猫です。
これからのサビイロネコの動きに注目です。

関連記事

Article Ranking