猫用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選を紹介!

猫用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選を紹介!

猫は季節の変化に敏感です。特に寒い季節が苦手な生き物なので、冬は猫用ヒーターなどを準備し、猫にとって快適な環境を整えてあげると良いでしょう。今回は、そんな猫用ヒーターの上手な選び方と、おすすめアイテムについてご紹介します。猫の冬支度の参考に、ぜひご覧下さいね。

『猫はこたつで丸くなる』この言葉通り、寒い季節、猫は暖かいこたつの中で丸くなって眠る姿をよく目にします。その理由は、猫は夏よりも冬が苦手な生き物だからです。

今の時代、こたつだけでなく、ペット用のヒーター(あんか)はたくさん発売されていて、どれも高機能なものばかり!人間用との違いは、動物に適温な温度を設定できる点と、小さめのサイズに作られていたり、猫が好む形状になっている点でしょう。

今回の記事では、猫用ヒーターをお探しの方はもちろん、今使っているヒーターを新調したい方にも参考になるよう、猫用ヒーターの選び方ポイントや、おすすめアイテムを5つご紹介していきます。

猫用ヒーターの選び方

猫用ヒーターを失敗せず選ぶには、どんなことに注意したら良いのでしょう?
選ぶポイントを3つご紹介します。
 

猫のサイズに合ったものを

Photo by tmurakam

まず注意したいのは、猫のサイズに合ったものを選ぶこと。小さすぎでもダメ、大きすぎてももったいないですよね。

猫は基本、くるりと丸まって眠るので、それほど大きなサイズでなくても大丈夫です。多頭飼いの方であれば、2匹一緒に使えるように、と大きめサイズを選ぶ方もいますが、1匹であればジャストサイズで問題ありません。

猫の好みに合ったものを

Photo by 綾小路 葵

次のポイントは、愛猫の好みを知ること。

猫用ヒーターには、置き型、敷き型、鍋型の3つの形があります。猫が普段、どのような場所で眠るのが好きなのか、その点をチェックしておくとよいでしょう。

床で眠るのが好きな猫には置き型や敷き型を、箱の中で眠るのが好きな猫には猫鍋型を気に入るはず。
しかし、こればかりは買ってみないとわからないもの。まずは安定の敷き型を選ぶと良いでしょう。

値段はピンキリ!手の出しやすいものから選ぼう

最後は価格。これは飼い主側の問題ですが、安すぎても不安ですし、高すぎても手が出ないですよね。

猫用ヒーターはサイズやタイプにより値段は変わりますが、平均5,000円あれば購入可能です。省エネタイプを選ぶと、電気代の心配もありません。

猫用ヒーターのおすすめ人気ランキング5選

Photo by mystelynx

では実際に、おすすめの猫用ヒーターをご紹介します。

ミニマルランド ほっとうさ暖リバーシブルヒーター M サイズ

スタンダードな敷き型タイプのヒーター。
お値段も手頃でサイズ展開はこちらのM他、大型猫ならLサイズがちょうどよいサイズです。

なんとこちら、両面で温度の違うリバーシブルタイプ。濃いピンク面は『しっかり温まる38℃』、薄いピンク面は『優しく温もる30℃』と使い分けが可能。

寒い時期は濃いピンク面を、季節の変わり目は薄いピンク面を使うなど、長いシーズンで使えるのが嬉しいですね。
薄型だから収納場所にも困りません。

こちらはカバーが付属していないので、猫お気に入りのフリースを敷いてあげたり、猫用ベッドの下に仕込んであげても良いですね。

ミニマルランド ほっとうさ暖リバーシブルヒーター M サイズ

参考価格: 1,753円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,753円

Dopet ペット用ホットカーペット ポカポカ 猫&犬ヒーターマット

25℃から55℃まで7段階の温度調節が可能なヒーターマット。
洗濯可能な取り替えカバーが2枚付属しているから、汚れて取り替える際にも安心です。
コンセントケーブルは猫が噛み付いても大丈夫なよう、ラセン菅でしっかりと保護されています。ちぎれる心配や、それによる感電や火事の心配はなく、安全です。

嬉しいポイントとしては、加熱防止自動オフ機能が付いていること。猫が安心して眠れるよう、一定の温度を保ってくれるので、急に冷めたり、低温やけどの心配もありませんよ。

Dopet ペット用ホットカーペット ポカポカ

参考価格: 2,780円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,780円

ユカペットEX Mサイズ

そのまま寝ても痛くない、柔らかクッションタイプのヒーター。
こちらも両面使えるタイプになっており、、黄色い面は33℃の心地よい温度設定に、ピンク面は38℃とやや高めの温度になっているから、真冬でも快適に過ごせます。

1時間の電気代は約0.65円。丸一日付けても15.6円の電気代だから、付けっ放しでも気にせず使えますね。汚れに強い防水加工も嬉しいポイント。
 

ユカペットEX Mサイズ

参考価格: 6,000円

出典: Amazon
Amazon6,000円

キャティーマン (CattyMan) 猫専用 立体もたれるヒーター

丸くなって眠ることが好きな猫にぴったりな形。
もふもふした見た目と、ホワイトとピンクのカラーリングがなんとも可愛い。

クッション部分は肉厚ふかふか!猫が長時間眠っても快適に過ごせて思わずウットリ…お気に入りの寝床になってしまうはず。カバー、本体ともに洗濯可能です。
 

キャティーマン (CattyMan) 猫専用 立体もたれるヒーター

参考価格: 8,141円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon8,141円

マルカン あったかヒーター猫鍋 猫用 CT-339

別名『猫ほいほい』と言われる猫鍋が、なんとヒーターに!飼い主、こればかりは見逃せません。

猫は寒い季節、フリースなどもふもふとした素材の上で眠る傾向にあるため、表面がつるっとしている素材のヒーターだと、いくら暖かいとはいえなかなか使ってくれない…なんてこともあります。そんな時は、猫の匂いのついたお気に入りのフリースを中に敷いてあげると良いですよ。

マルカン あったかヒーター猫鍋 猫用 CT-339

参考価格: 5,378円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon5,378円

まとめ

猫にとって寒い季節を乗り越えることは人間以上に大変なこと。いくら人間にとって寒くないと感じていても、猫にとっては寒いと感じ、体調を崩すきっかけになることもあります。
ちょっと過保護かな?そのくらいがちょうど良いでしょう。

猫は、自分が過ごしやすいと感じる場所を探す天才です。寒いと感じたら暖かな場所を探し、暑いと感じたら涼める場所へと移動します。そんな猫のために、普段から家の中にそういった場所を固定で準備しておいてあげると、猫は迷うことなく快適な場所へと移動できます。

特に、子猫や老猫など、体温調整が苦手な猫がいるご家庭なら、なおさら寒さ対策として猫用ヒーターは必要な冬のアイテムです。成猫であっても、体を冷やすことは免疫が低下することに繋がり、持病が悪化する可能性もあります。どんな場合であっても、猫にとって過ごしやすい環境を整えてあげることはとても大切なことなのです。

猫が快適に冬を過ごせるよう、しっかりと寒さ対策を準備しておきたいですね。

関連記事

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

Article Ranking