謎の組織NNN(ねこねこネットワーク)とは何?謎の猫派遣組織の実態は?

謎の組織NNN(ねこねこネットワーク)とは何?謎の猫派遣組織の実態は?

ねこねこネットワークという言葉を聞いたことがありますか?通称NNN、またの名をぬこぬこネットワーク!果たしてその謎の組織の実態は・・・?!今回はネットで密かに広まり続ける都市伝説、ねこねこネットワークについて調べてみました。

NNN(ねこねこネットワーク)とは?

NNN、nnn、謎の記号に見えますが謎の組織を表しています。

その名も『ねこねこネットワーク』!みなさんはこの謎の言葉を耳にしたことがあるでしょうか。

ねこねこネットワークとはネット上でまことしやかに流れる都市伝説のひとつです。かつての2ちゃんねるでぬこぬこネットワークとして誕生したとされるこの秘密結社。

一体どんな組織なのでしょうか?今回はネットに転がるその謎の活動の一部を覗いてみましょう!

NNN(ねこねこネットワーク)は謎の猫派遣組織!

ねこねこネットワークとはなんと猫の派遣組織のことでした。

簡単に言うと『猫を大事にしてくれる人間』と『飼い主のいない猫』のマッチングサービスをする団体とのことでした。

「ねこがかわいいなぁ飼いたいな~」「最近愛猫が亡くなってさみしいよ・・・」と思っている人間の前に突然出現する野良猫や捨て猫との最高なタイミングでの運命的な出会い。

それらが全てNNNの仕業なのではといわれているのです。

NNNは常に飼い主候補を調査している

NNNはただの猫好きに猫を派遣しているわけではありません。

「猫が飼いたいな~」と思っている人は全員調査対象になりますが、飼育環境や生活リズムによっては予選落ちすることもあります。

NNNによる厳正なる調査の上、優良物件として合格するとその人間が猫を飼わざるおえないような最高のタイミングで身寄りのない猫が派遣されてくるのです。

NNNは猫好きの人間の味方でもありますが、一番は身寄りのない猫の味方なのです。

NNNが目指していること

NNNの調査に合格し晴れて猫が派遣されてくると、猫好き人間は戸惑いながらもおうちに入れます。

そのままワタワタしながら一時的にご飯をあげたり、寝床を与えたり、病院に連れていってくれたりします。

そして気付いたときには既に猫は家族の一員になっていて、いつの間にかみんな猫の下僕になっているのです。
猫は快適なおうちといっぱいの愛情を受け、人間はかわいい猫の魅力を独り占めでき、お世話をすることで幸せを感じるのです。

この相互幸福な関係をNNNは常に目指しています。

芥川賞作家もNNNに合格していた?!

芥川賞作家の町田康さんという方は、身寄りのない犬や猫を多く保護していることで有名です。
時には猫を10匹同時に飼うという至難の業を成し遂げています。

そんな町田さんが猫が増えすぎたという理由で引越しされるのですが、家の下見に行った際にまた子猫を拾ってしまったそうです。

これはまさにNNNの仕業といって過言はないのではないでしょうか・・・。

きっと最高のタイミングを見計らう町中のエージェントに狙われているのでしょうね。町田さんの著書にも猫との出会いエピソードがたくさん書かれています。

NNNに興味のある方、猫ちゃんとの暮らしを知りたい方は是非読んでみてください。

猫のあしあと 町田康

猫のあしあと (講談社文庫)

参考価格: 658円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon659円
楽天658円

いかがでしたでしょうか?

NNN、nnn、ねこねこネットワーク、ぬこぬこネットワーク。

色々な表記はありますが、全て猫と人間とを引き合わせてくれる温かな組織でしたね。

いくら飼いたいと思っていても環境が整っていないと無責任に手を出すことは出来ません。最高のタイミングを見計らい、猫を派遣してくれるエージェントたち。

そんな彼等は今も街のどこかでひっそりと活動をしていることでしょう。

NNNからの使者 猫だけが知っている (ハルキ文庫)

参考価格: 604円

出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon605円
楽天604円

関連記事

記事を評価する

評価 4.8 / 5(合計2人評価)

Article Ranking