猫が甘噛みする意味とは?本気噛みとの違いやしつけ・対策方法をご紹介!

猫が甘噛みする意味とは?本気噛みとの違いやしつけ・対策方法をご紹介!

猫を撫でると突然甘噛みをされたことはありませんか?おそらく猫を飼っているほとんどの人が甘噛みをされた経験があると思います。甘噛みの理由は愛情表現?飼い主に対して怒っているだけなのでしょうか。猫が甘噛みをする意味や理由、しつけ方法等をご説明します。

猫が甘噛みする意味・理由

ちゅーる猫

猫が甘噛みをすることは愛情表現だと聞いたことがあるかもしれません。

もちろん愛情表現の意味もありますが、もしかしたら別の意味が込められているのかもしれません。

子猫のうちなら痛くないので良いかもしれませんが、成猫の甘噛みを放置していると本気噛みの噛み癖がついてしまいます。本気で噛むとひどい痛みがあるため、しつけによって治したほうが良いと考えられます。

猫が飼い主に甘えている

Photo byphotosforyou

これが甘噛みの最も大きな理由です。猫が甘噛みをする意味は、飼い主に対しての愛情表現のひとつです。

特に撫でているときに甘噛みをしてくるのは、「もっと撫でて」という意味があります。場合によっては、「撫でるのはいいんだけど、撫でる場所がちがう!」という意味でも甘噛みをしてくることがあります。

喉をゴロゴロ鳴らしながら甘噛みをしているのは、甘えている証拠です。子猫が親猫に対して行う行動のひとつでもあります。興奮してくると甘噛みが本気噛みになってひどい痛みを伴うこともありますので、甘噛みはほどほどにさせてあげることが必要かもしれません。

逆に「もう撫でなくていい!」という意味での甘噛みもあるため、実際のところは猫に聞いてみないとわからないでしょう。

猫の狩猟本能が関係している

これは飼い主の手を猫じゃらし等のおもちゃだと勘違いしている可能性があります。

手にじゃれてくる猫は、飼い主が日ごろから自分の手をおもちゃのようにして遊んでいるのではないでしょうか。後々の噛み癖のことも考え、手で猫と遊ぶことは避け、猫じゃらし等のおもちゃで遊ぶようにしましょう。

歯がこそばゆいから

子猫が甘噛みをする理由は、歯がこそばゆいからです。

人間の子どももそうですが、乳歯がグラグラして気になることがあります。子猫にもそれがあるため、甘噛みによって歯のかゆみを抑えようとしているのです。

歯がかゆい子猫用のおもちゃが市販されているので、そういったおもちゃを使用して歯のかゆみを抑えてあげるのもおすすめです。

猫が飼い主に対して何かを要求している

見上げる猫

何かを要求しているときも猫が甘噛みをする大きな理由のひとつです。

「遊んでほしい」「撫でてほしい」「ごはんが食べたい」等、飼い主が猫を構っていない状態で飼い主に対して甘噛みをするのは、何かを飼い主に要求しているのです。

この「要求噛み」は猫のほか犬等にも見られますが、飼い主は猫の要求に対して応えてしまいがちです。

要求に応えてしまうことで、猫は「甘噛みをすると自分の要求が通る」と感じ、甘噛みの癖がついてしまうようになります。そのため、猫の「要求噛み」に対しては、応じない姿勢を見せることが必要です。

怪我等で痛い

こちらは甘噛みよりも本気噛みをすることが多いですが、怪我や病気等で特定の部位に痛みがある場合、その部位を撫でられたりするとやめてほしいという理由から噛んできます。

特定の部位を触ったときにしか噛んでこない場合は、怪我や病気等の可能性もあるため、一度動物病院へ連れて行ったほうが良いかもしれません。

ストレスが原因かも

なめる猫

猫は警戒心が強いため、環境の変化等にひどいストレスを感じます。

引越等をした際に甘噛みをするようになった場合は、ストレスが甘噛みの理由となっているかもしれません。

家具等を噛むようになるのもストレスが理由のひとつになっているでしょう。

甘噛みと本気噛みの違いは?

怒る猫
Photo bypasja1000

甘噛みと本気噛みの違いは簡単です。

まずひとつは、「痛いかどうか」です。これは当たり前のことですが、本気噛みは手に穴があくのではないかというくらいのひどい痛みです。

甘噛みは歯を飼い主の手に当てる程度です。少しかゆいかな?くらいです。

本気噛みは前歯でしっかりと飼い主の歯を噛み、エスカレートすると奥歯で噛んできてかなりの痛みです。甘噛みは痛くないからと放置していると、噛み癖から本気噛みになる可能性もあるため、早めにしつけをすることが大事です。

猫の甘噛みのしつけ・対策方法

猫の甘噛のしつけや対策方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

噛まれた瞬間に叱る

一番効果的なしつけ方法は、噛まれたらすぐに叱ることです。叱るといっても、叩く必要はありません。

甘噛みをされたら大きな声で「痛い!」や「こら!」等と叫びましょう。猫がびっくりして噛むことをやめたら優しく褒めながら撫でることで猫は「噛むことをしなければ撫でてもらえる」と理解するでしょう。

叩くと猫は飼い主に対して信頼できなくなり、近づこうともしなくなる可能性があるため、叩くことはしないようお願いします。

甘噛みをしている間は遊んであげない

猫は構ってほしいから飼い主に対して甘噛みをしています。そのため、猫が甘噛みをしている間は猫を撫でるのはやめましょう。その際、猫の目も見てはいけません。

猫は甘噛みをしても意味がないと理解し、甘噛みをやめてくれるでしょう。もちろん甘噛みをやめたら褒めてあげ、猫を優しく撫でることが大事です。

甘噛みの対象を飼い主の手ではなく、おもちゃに向けさせるのも効果的でしょう。その際のおもちゃは少し弾力のあるものが良いです。

甘噛みをした瞬間にびっくりさせる

びっくり猫

これは叱ることと似ていますが、絶対的に異なることは「飼い主に叱られたわけではない」ということです。
第三者に協力してもらいましょう。

例えば空き缶にビー玉等の小さく音が鳴るものを入れ、ガムテープ等で中身が出ないようにします。甘噛みをした瞬間、第三者に猫の近くに空き缶を軽く投げてもらいましょう。猫は甘噛みをしたら大きな音が後ろで鳴ってびっくりして甘噛みをやめてしまいます。

これを続けることで、「甘噛みをしたら嫌なことが起こる」と認識し、甘噛みをやめるようになります。これは様々なしつけに対して有効的と考えられています。

まとめ

仕留める猫

いかがでしょうか。

猫や子猫が甘噛みをする意味、理由を理解いただけましたか?

猫が何かをするには必ず理由があります。その理由は猫によって様々です。「何かしてほしい」、「遊びたい」等が主な甘噛みの理由でしょう。

大事なことは猫の甘噛みによって飼い主が猫の要求に応えてしまうことは良くないということです。猫の甘噛みの理由をいち早く理解し、しつけでやめさせることが飼い主としての努めです。

甘噛みは甘えてきているということで可愛いかもしれませんが、本気噛みになる前にきちんとしつけをしたほうが良いでしょう。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking