猫がしっぽをパタパタしている時の気持ちや意味を紹介!

猫がしっぽをパタパタしている時の気持ちや意味を紹介!

猫ちゃんがしっぽをパタパタしている姿はかわいいですよね。犬は喜んでいると尻尾を振るといいますが、猫の場合はどうなのでしょうか?パタパタ振っている以外にも、ピンと立てたりブワッと膨らませたりと表情も様々です。今回は、猫がしっぽをパタパタしているときの気持ちや意味をご紹介します。

猫がしっぽをパタパタしている時の気持ち

しっぽの長い猫が座っている

猫のしっぽは短かったり長かったり、曲がっていたりといろいろなタイプがありますよね。

いずれにしても、猫ちゃんがしっぽをパタパタ振っているときには、ちゃんと意味があるってご存じですか?

犬は喜んでいるときにしっぽを振りますので、猫もやっぱり同じなのかな?と思いますよね。しかし、同じパタパタ振るとしても、状況によっていろいろな心理や感情が絡んでいるのです。

ここでは猫がしっぽをパタパタしているときの気持ちを具体的にご紹介します。

猫がしっぽをパタパタリラックスしているとき

Photo bywilkernet

猫ちゃんが大きくゆっくりとしっぽをパタパタしているときは、リラックスしていて機嫌がいいときです。これは、ご飯を食べた後やひなたぼっこしているときなどに、よく見られるしっぽの振り方ですね。

このようなときは、猫ちゃんの表情にも注目してみましょう。気持ちよさそうに目を細めていたり、まったりと座って身体の力も脱力しているはずですよ。

こんな風にしっぽを振っている猫ちゃんを見かけたら、優しく声をかけて撫でてあげてくださいね。

猫がしっぽをパタパタ怒っているとき

猫ちゃんが、しっぽを左右にパタパタと激しく振っているときは怒っている可能性が高いです。何かに対してイライラしているときも、このようなしっぽの振り方をするんですよ。

これからリラックスして寛ごうと思っているときに強引に撫でられたり、抱っこされたりと邪魔をされると、猫ちゃんもイライラしてしっぽを激しくパタパタさせるのです。

この怒っている合図を見逃して構い続けると、いきなりガブッと噛みつかれてしまうかもしれませんよ。いつも注意深く猫ちゃんをみてあげて、しっぽを激しく振り始めたらそっとしておいてあげましょうね。

猫がしっぽをパタパタ好奇心旺盛なとき

猫ちゃんが左右に大きく尻尾を振る時には、その目線にも注目してみてください。外を飛んでいる虫や鳥をおいかけているかもしれません。

「しっぽを大きく左右に振る」という点では、リラックしているときと似ていますが、好奇心旺盛にしっぽを振っているときは、比較的パタパタと早く振っていることが多いです。

こんな時も猫ちゃんの邪魔をすることなく、温かい目で見守ってあげましょう。

猫がしっぽをパタパタ不安や恐怖を感じているとき

何か怖いことがあった時とか不安を感じているとき、猫ちゃんはしっぽを小刻みにパタパタと振ります。

いつもは飼い主さんと二人きりなのに、突然お客さんが尋ねてきた、大きな物音を聞くつけてびくっとしたなど、恐怖や不安を感じているときに、現れやすいしっぽの動きです。

このようなときには、「大丈夫だよ」と声をかけて撫でると安心するかもしれませんよ。

猫がしっぽをパタパタさせて寝ている意味

寝ている猫

猫ちゃんが寝ているのになぜかしっぽをゆらゆら、パタパタと振っているところを見かけませんか?「寝ているのになぜ?」と思いますよね。

しかし、猫ちゃんは本能的に寝ていてもすぐに起きれるように、完全には熟睡していないことが多いのです。そのようなときにしっぽが振られているときには3つの感情が考えられます。ひとつずつみていきましょう。

飼い主さんに返事をしている

猫ちゃんが寝てるときに飼い主さんが呼びかけると、ニャーンと鳴く代わりにしっぽをぶんぶん振って返事をします。みているとなんて横着な…と思ってしまうのですが、それは猫なりの気遣いなのでしょう。

猫ちゃんの中でも特に家猫の場合、飼い主さんに構って欲しがる子が多いです。そのため、飼い主さんと同じ部屋にいるときなど、必ず目に入る場所にいるのです。あなたの猫ちゃんはどうですか?

猫も眠くて起き上がるのも面倒と思っているときに呼びかけられて、それでも返事を返したいと思う気持ちが伝わってきますよね。

夢を見ているとき

夢を見ながら寝ている猫

猫ちゃんは、熟睡して寝てるときに突然身体をビクッとさせるときがあります。

そのようなときは、夢の中で怖い思いでもしていたのでしょうか。

そんな時によくみていると、しっぽをパタパタ振っているときもあります。これはイライラするようなことがあったり、逆に心地よい夢でも見ていたりするのかもしれません。

のんびりとリラックスしている

Photo byAlexas_Fotos

ご飯を食べた後や思いっきり遊んだ後などに寝ているときは、リラックスして気持ちいいためにしっぽをパタパタふりふりしているのかもしれません。起きて大きくパタパタ振る時と同じような動きをしていることが多いです。

猫がしっぽをパタパタ床に叩きつける意味

不機嫌な猫

猫ちゃんがしっぽを大きく左右に振る以外にも、床に叩くようにしっぽを振っているときもあります。

このようなときはどんな気持ちでいるのでしょうか。ひとつずつ見ていきましょう。

イライラして怒っているとき

猫ちゃんがしっぽを床にビタンビタン!と激しく音がするほどに叩きつけているときに、もっとも多い感情として考えられるのは、怒っていたりイライラしていたりすることです。そんな時の猫はいつも以上に不機嫌な表情をしているときもありますよ。

こんな時はいつ引っかかれたり噛みつかれたり、猫パンチされたりしてもおかしくありません。激しく叩きつけるようにしっぽをパタパタしているときは、近づかないでそっとしておいてあげて下さい。

何かボーッと考え事をしているとき

イライラ怒っているときとは逆に、ボーッと考え事をしているときにもしっぽを床に叩きつけるようにパタパタと振っています。

そんなときは比較的小さめに、上下にパタパタ振っているので、怒っているときと区別して考えましょう。

パタパタ以外の尻尾でわかる猫の気持ち

それでは最後に、しっぽをパタパタと振っている以外のしっぽの動きでわかる猫ちゃんの気持ちをご紹介します。上記の動画では、寝ながらしっぽをふりふりするかわいい猫ちゃんが見れますよ。

しっぽをピーンと立てているとき

しっぽを立てて撫でられている猫

猫ちゃんがしっぽをピーンと立てているときには、相手に好意を示しているときですよ。

これはしっぽを立てることでお尻のニオイを嗅ぎやすくし、「あなたに敵意はありませんよ」という気持ちを表わしています。子猫が親猫にお尻をキレイにしてもらうときの名残ともいわれています。

しっぽを内側に巻き込んでいるとき

猫ちゃんのしっぽが足の隙間に入り込むように巻き込まれていたら、恐怖を感じている証拠です。自分より強い相手を目の前にしたときに現れるしっぽの状態で、自分の方が弱いですよという降参の意味を表わしています。

しっぽをブワッと膨らませている

猫ちゃんがしっぽをブワッと膨らませているのをみたら要注意です。これは、自分を大きく見せて威嚇している仕草であり、近づいたら攻撃される恐れがあります。たぬきしっぽとも呼ばれていますよ。

まとめ

キャットタワーに乗っている猫

猫ちゃんがしっぽをパタパタ振っているときは、いろいろな感情があることがわかりましたね。しっぽの振り方によってリラックスしていたり、イライラしていたり…本当に表情豊かですね。

あなたの猫ちゃんも日頃から観察して、さまざまな感情をを理解してあげられるともっと気持ちが通じ合うかもしれませんよ。こちらの記事が参考になりましたら幸いです。

今回は猫がしっぽをパタパタしている時の気持ちを紹介しましたが、下記の記事では猫がしっぽをくねくねしている時の気持ちについて紹介しています。あわせて参考にしてみて下さい。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking