シャム猫とのミックス「シャムミックス」の種類と特徴まとめ!全部で種類?

シャム猫とのミックス「シャムミックス」の種類と特徴まとめ!全部で種類?

細身な体形と独特な色合いの被毛や瞳が特徴的なシャム猫。昔から日本でも大人気の猫種ですが、そんなシャム猫と他の純血種とを交配させた「シャムミックス」と呼ばれる猫たちの存在をご存知ですか? 今回は、そのシャムミックスの種類・特徴などについてご紹介します。

ポット
ライター

ポット

2015年9月生まれのきょうだいハチワレと共に暮らしています。この子たちの存在は何よりの活力です。そのパワーがあふれ出し、2017年12月に「愛玩動物飼養管理士2級」を取得。猫だけじゃなく、愛玩動物といわれペットについて少しでもお役に立てればと思っています。

記事の目次

  1. 1.シャムミックスとは?
  2. 2.シャム猫ってどんな猫?
  3. 3.シャムミックスの種類と特徴まとめ
  4. 4.シャム猫とのミックス「シャムミックス」 まとめ

シャムミックスとは?

Photo byTeroVesalainen

本記事の主役・シャムミックスとは、シャム猫と他の純血種を交配させたミックス猫のことで、要するにシャム猫と他の猫の雑種です。ミックス猫(MIX猫)は、2種類以上の猫をかけ合わせた猫のことであり、様々な猫の血が混じっているために、性格や特徴に個性が出ます。

シャムミックスの場合も同じで、シャム猫に似た猫が多く存在しています。たまに野良猫の中でも、シャムっぽい子を見かけることがありますね。人為的・自然的な交配によって、シャムの血を受け継ぐ猫がいかに多いかがわかります。

Photo byliliy2025

シャム猫ってどんな猫?

そもそもシャム猫とは、タイ王国を原産とする短毛種の猫のことで、日本では「シャム猫」でお馴染みですが、海外では「サイアミーズ(Siamese)」と呼ばれています。1300年代のタイ王国では、貴族や王室などの地位の高い人のみが飼うことができたため、現在でも気品があって優雅でセレブな印象の強い猫でもあります。

日本でも昔から人気が高く、クールな印象とは裏腹に、甘えん坊で可愛らしい性格をしていることから、老若男女問わず愛されている猫です。

Photo bywebandi

シャム猫の特徴

シャム猫の被毛はクリームに近い白色で、尻尾や足先、顔の周りに茶色や黒、ライラックやブルーなどのポイント柄(シャム柄)が入ります。生後間もない子猫の場合は全体的にまだ真っ白ですが、生後1か月を過ぎるころには、徐々に柄がはっきりしてきます。

Photo bywebandi

シャム猫の寿命は10~13歳といわれています。これは一般的な猫の平均寿命の15年よりは若干短めです。そしてスラっと細身であるシャムの体重は、平均で2.5~5kgとされていますが、いずれも当然個体差はあります。
 

シャム系の猫に多いのが、生まれつきの寄り目(内斜視)です。これは眼から脳に伝達する視覚経路の一部に異常があるからです。シャム系以外にも、被毛の色がクリーム色のダイリュートの猫は生まれつきに寄り目が多いそうです。

のイメージ
シャム猫はどんな性格なの?特徴や値段・価格と共にご紹介!
美しい毛並みから優雅な印象を持つシャム猫。もともとはタイの王族しか飼うことができないほど、高貴な猫でした。一見クールな印象なのに、甘えん坊で可愛らしい一面も持ち合わせるシャム猫の性格や特徴、寿命から気を付けるべき病気までわかりやすく解説します。

シャムミックスの種類と特徴まとめ

ここからは、シャムミックスの種類と、それぞれの特徴についてまとめていきます。なお、本記事では、猫の登録団体で認定・確立されている品種のシャムミックスのみをご紹介します。

シャム猫ミックス① オリエンタル

Photo byTaniaVdB

「オリエンタル」は、シャム猫とアメリカンショートヘア、ロシアンブルー、アビシニアンとの交配を重ねて生まれたシャムミックスです。ショートヘアとロングヘアの両方が存在していますが、もともとはショートヘアのみだったそうです。ロングヘアの場合は、シャム猫に長毛の遺伝子が入った突然変異で、もともとは白いシャム猫を作り出そうとして誕生したのが「オリエンタル」です。

長い三角形の顔と、平たく開いた大きな耳、そしてスラリとした細身の体が特徴です。

シャム猫ミックス② スノーシュー

Photo by sha in LA

スノーシューは、シャム猫とアメリカンショートヘアを交配させたものが原型です。1960年代、偶然生まれた足の白いシャムと、アメリカンショートヘアを掛け合わせて誕生しました。 「スノーシュー(Snow shoe)」の名の通り、白い靴を履いたようなソックスの手足が特徴です。ただし、このソックス模様は劣性遺伝のため、キレイに発現することはなかなか難しいといわれています。

シャム猫ミックス③ バーマン

Photo byAntranias

最近ペットショップで見かけることが増えてきたバーマンも、シャム猫とのミックスです。こちらは、シャム猫とペルシャ猫の掛け合わせです。バーマンには、「自分の世話してくれていた僧侶が亡くなったときに、その遺体の上で四肢より上を黄金に、そして目をサファイア色に変えて女神へと変身した」という伝説があります。そのため、「ビルマの聖なる猫」とも呼ばれています。一時は絶滅の危機にありましたが、交配を重ねた結果、危機を脱して今に至っています。

バーマンは、丸い顔に「ローマンシェイプ」と呼ばれる個性的な鼻、そして三角の耳と、美しく澄んだ青い目が特徴です。バーマンにもソックス模様の手足がありますが、手の方は「ミトン」または「グローブ」と呼ばれ、足の方は「レース」とも呼ばれています。

シャム猫ミックス④ ヒマラヤン

Photo byKaz

ヒマラヤンも、最近ペットショップでよく見かけますが、実はこのヒマラヤンも、ペルシャ猫とシャム猫を掛け合わせた長毛種です。ヨーロッパでは古くから交配が試みられていましたが、猫種登録団体に認められるようになったのは1950年代に入ってからでした。 ペルシャ猫のフワフワとした長い被毛と、シャム猫特有のポイント模様が特徴です。現在はペルシャ猫の一種として捉えられていますが、被毛の色や模様が「ヒマラヤウサギ」に似ていたことから、「ヒマラヤン」という名前が付けられました。

シャム猫ミックス⑤ バリニーズ

Photo by M McBey

シャムの長毛タイプが「バリニーズ」です。シャム猫の長毛変異種です。ターキッシュアンゴラとのミックスという説もありますが、「立ち居振る舞いがバリ島のダンサーのように優雅である」ということが名前の由来になっています。ゆるやかで小さなV字型の頭に大きな耳、アーモンド形の青い目が特徴です。そして、長毛タイプではありますが、実際はそれほど長い被毛ではなく、セミロングよりもやや短い程度のシングルコートが特徴です。
 

シャム猫ミックス⑥ バーミーズ

Photo by Jem Yoshioka

バーミーズは、ミャンマーの寺院で飼育されていた「ウォンマウ」という茶色の猫とシャム猫を交配させたシャムミックスです。これまでご紹介してきたシャムミックスと違い、「ダイリュート」と呼ばれる独特な色合いが特徴です。名前の由来もその色合いからきていて、色がよく似ている「バーミーズ葉巻」から名付けられました。

やや平らな頭部に短めのマズル、丸い目、そして耳の付け根が幅が広く、両耳の間隔が離れているのも特徴です。筋肉質ながらも、被毛は非常に滑らかで、手触りがとても良いのがバーミーズです。

シャム猫とのミックス「シャムミックス」 まとめ

Photo byjwskks5786

今回は、6種類のシャムミックスをご紹介しました。掛け合わせ次第ではどっちの遺伝が強く出るかがわからない中で、紹介したシャムミックスのほとんどが、シャム猫を受け継ぐ青い目の色をしているのが印象的でした。ミックスというと、最近では人気犬同士の交配がとても人気ですが、猫同士の様々な掛け合わせも面白いですね。

一昔前までは「雑種」というと、純血種よりも劣るようなイメージを持たれていましたが、最近はあえて交雑させて、強すぎる血筋を薄めている種もあります。「MIX」という呼び方もだいぶ定着してきましたね。次はどんなミックス種が誕生するのでしょうか。楽しみですね。

関連記事

Article Ranking