長毛種の猫の種類7選!長毛種のお手入れのコツをご紹介

長毛種の猫の種類7選!長毛種のお手入れのコツをご紹介

ペルシャ猫やノルウェージャン・フォレスト・キャットといったふわふわもこもこの長毛種の猫はペットとして大人気です!世界中で愛される長毛種の猫の代表的な種類と、そのもふもふの美しい被毛を維持するためのお手入れのコツや注意点をご紹介します!

人気の長毛種の猫の種類7選

ふわふわの毛の長い猫、いわゆる長毛種の猫ちゃんはとっても気品のある優雅な印象ですよね。そんな長毛種の猫にはどんな種類がいるのでしょうか?

今回の記事では人気の長毛種の猫を7種類ご紹介します。

① ペルシャ猫

『ペルシャ猫』
その名前は「猫の種類をひとつあげてみて?」と言われても上位に食い込むであろう、有名な猫の種類ですよね!

そんなペルシャ猫の歴史は古く、ヨーロッパの貴族に愛好されていました。その気品溢れるたたずまいは『猫の王様』と呼ばれており、艶やかで上品な被毛を持っています。性格も穏やかで落ち着いていて、一日の大半を寝てすごします。

あまり活発な印象ではないペルシャ猫ですが、とても温和なため、初めて猫を飼う人にも向いている種類でしょう。

子猫

ペルシャ猫は色々な被毛のカラーがありますが、代表的なカラーである白猫ちゃんは本当にふわふわの毛並みで豪華に見えますね!

成猫

ペルシャ猫には少し巻き毛が入った被毛の子もいます。
つぶれたお鼻と大きな目がとってもチャーミングなお顔です。

②メインクーン

メインクーンは『最大の家猫』として有名な超大型の猫です。ですが、ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)という異名を持つ、とても優しい性格の猫で、学習能力も高いです。

お顔立ちが山猫のような雰囲気を持つ、気品溢れる姿は他の猫にはあまり見られない珍しい特徴のひとつです。個体差はありますが6~9kg程度の大きさになるのが一般的で、大きい子は10kgを超える子もいます。

人懐っこく、飼い主といるのが大好きな性格はまるで犬のような猫とも形容されます。

子猫

Photo byMeikia

子猫の頃から毛も長く、ジェントルカーブと呼ばれるお鼻の凹みも見られますね!
きりっとしたお顔はこの頃から既にメインクーンの面影があります。

成猫

Photo byMarjaBrouwer

メインクーンにはお鼻のへこみをあらわすジェントルカーブのほかにお耳の先っぽにピョンと生えた飾り毛も特徴があります。

お耳の先の飾り毛はリンクスティップと呼ばれており、丸顔のメインクーンに山猫のような強い印象を与えています。

③ノルウェージャン・フォレスト・キャット

その名の通り、ノルウェーが原産の大型猫ノルウェージャン・フォレスト・キャット。ノルウェーの極寒の森に住んでいたため、とても密度の高いもふもふの被毛の持ち主です。

メインクーンの祖先とも呼ばれている古い歴史を持つ猫ちゃんで、性格はとても温厚です。森に住んでいた名残か、おっとりとした上品な見た目に似合わず、ハンターとしての性格も持ち合わせているため、運動が大好きです。運動不足にならないように、日々の遊び方を工夫してあげましょう。

子猫

メインクーンの祖先といわれているだけあって、とっても雰囲気が似ていますよね。
これからどんどん大きくなります!

成猫

遊ぶの大好き!走るの大好き!なノルウェージャン・フォレスト・キャット。
是非たくさん遊んであげてストレスを発散してあげてくださいね!

④アメリカンカール

くるんとひっくり返ったような不思議な耳の形が特徴的なアメリカンカール!短毛種と長毛種がいますが、どちらもアメリカンカールの中ではポピュラーです。

とても温和で落ち着いた性格で、いたずらなどの心配はあまりないでしょう。お留守番が多くなってしまうおうちでも比較的おすすめの猫ちゃんです。後ろにひっくり返っているお耳は子猫のときはなんとまっすぐ立っています。

成長するにつれてくるんと反り返っていく個体が多いですが、中にはお耳が立ったままの子もいます。

子猫

子猫のアメリカンカールですが、少しずつお耳が反り返りはじめてますね!
くるんとひっくり返るかどうかは個体差があるのでどんな成長になるのか楽しみにしましょう。

成猫

アメリカンカールの被毛のお色はホワイトからソリッド、バイカラーなど様々です。
勢い良く反り返っているお耳は何度見ても不思議ですね!

⑤ヒマラヤン

ヒマラヤンは一見ペルシャ猫に良く似ていますが、特徴的なのはその被毛のカラー!このカラー、どこかで見かけたことはありませんか?そう、あのシャム猫の被毛にそっくりですよね!

それもそのはず、ヒマラヤンはペルシャ猫とシャム猫から生まれた品種です。特徴的なのはヒマラヤンの多くが持つ、その幻想的な青い瞳。もちろん個体差はありますが、吸い込まれるような透き通った青い目を持つ個体が多いです。

子猫

ふわふわの被毛に凛とした顔立ちがとっても上品ですよね。
青い目の子は子猫のときから綺麗なブルーの瞳です!

成猫

ヒマラヤンはお鼻の辺りが黒くなるポイントカラーが強く出ている子が多いです。
まさに被毛のカラーはシャム猫ですよね!

⑥ラグドール

メインクーンやノルウェージャン・フォレスト・キャットほどではありませんが、ラグドールも大きめの体格が自慢の猫ちゃんです。

長い被毛がより大きく見せる要因かもしれませんが、実際にとても筋肉質で力強い体躯の猫です。個体差はありますが、ホワイトやベージュの薄い色の被毛の中に、ブラウンやタンの濃い色の斑模様があるのが特徴です。
とても落ち着いている性格で甘えん坊です。

抱っこされるのが大好きなかわいらしい性格で、大きい身体で擦り寄ってくるのはとても癒されるでしょう。

子猫

ラグドールは大きめの猫ですが、成長速度は遅めです。
およそ4年ほどかけてゆっくりと大きくて立派な成猫へと成長していきます。

成猫

Photo byZEROXO

ラグドールもヒマラヤンと同様、青い瞳を持つ個体が多いです。
キラキラ光る綺麗な目で見つめられたらいちころですね・・・!

⑦ソマリ

ソマリは短毛種の猫、アビシニアンの突然変異から生まれた長毛種の猫です。

アビシニアンのすらっと長い手足、顔の小ささはそのままに、被毛がミドル~ロングの長さの猫がソマリです。筋肉質でしなやかな身体は他の長毛種の猫にはあまり見かけない特徴で、とても美しいです。

運動能力が高く、好奇心も旺盛ですが、性格は慎重で人見知りをすることがあります。
慣れさせることでとても甘えん坊の性格へと変化しますが、すぐに誰とでもフレンドリー!というわけにはいきません。

気高い性格を尊重してあげて、ゆっくりと家族の一員として迎えてあげましょう。

子猫

ピンと立った大きなお耳に逆三角形のちょこんとしたお顔が特徴的なソマリ。
好奇心が旺盛なので遊ぶのは大好きです!

成猫

長毛種でありながら、お顔周りの毛はそこまで長くならないのもソマリの特徴。
その代わりに胸の飾り毛はとても優雅で気品溢れる美しい被毛です。

長毛種の猫のお手入れのコツ

Photo byFree-Photos

とってもかわいらしい長毛種の猫ちゃんをご紹介してきましたが、長毛種ならではの悩みもあるはずです。
その美しい被毛と猫ちゃんの健康を守るためのお手入れのコツをお教えします。

ブラッシング

なんといっても欠かせないのがブラッシングです。朝晩、毎日2回はしてあげることが理想的です。
ブラッシングをすることで毛玉が発生することも防げますし、被毛に艶が蘇ります。

スキンシップが苦手な猫ちゃんはブラッシングも嫌がることがありますが、無理やり押さえつけてやるのは逆効果です。触らせてもらいやすい部分からゆっくり慣れさせていきましょう。

また、ブラッシングをしていても出来てしまう毛玉・・・。
出来てしまったときはこちらの記事を参照して除去しましょう!

シャンプー

猫は基本的に水があまり得意ではありません。自分で毛繕いもするので、頻繁にする必要はないでしょう。

しかし、短毛種に比べて抜け毛も多く、季節によってはべたつきやにおいが気になる場合もあります。猫ちゃんの機嫌に合わせて無理のない範囲でシャンプーをしてあげることがおススメです。

猫のトリミングを欠かさずに、長毛種の美しい毛並みを保ちましょう。以下の記事では猫のトリミングの自宅でのやり方を紹介しています。ぜひあわせて参考にしてみて下さい。

まとめ

Photo bymirokola

いかがでしたでしょうか?
毛の長い猫ならではの悩みもありますが、やはり長毛種、ロングヘアの猫ちゃんは魅力が満載ですよね!

夏は暑そう・・・など心配もあるかもしれませんが、季節や体調によってはやり過ぎない程度のサマーカットなども出来ますので、気になる方はトリマーさんに相談してみましょう。
ふさふさもこもこの猫ちゃんたちを是非家族に迎え入れるのはいかがでしょうか?

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking