メインクーンの大きさや性格ははオスとメスで違いはあるのか?

メインクーンの大きさや性格ははオスとメスで違いはあるのか?

世界一大きい猫で、なおかつふさふさの被毛が、日本のみならず世界でも人気の高いメインクーン。さわり心地のよい身体つきは、猫好きであれば一度は一緒に暮らしてみたい猫ですよね。メインクーンのオスとメスの様々な違いについてご説明します。

ケンピ
ライター

ケンピ

元ドッグトレーナーです。 現在は犬4匹、猫2匹と生活しています。 読みやすい記事を心がけます。

記事の目次

  1. 1.メインクーンはオスとメスで違いはあるの?
  2. 2.メインクーンの性格
  3. 3.メインクーンの大きさ
  4. 4.メインクーンの寿命
  5. 5.メインクーンの価格・値段

メインクーンはオスとメスで違いはあるの?

Maine Coon
Photo bybella67

メインクーンはとても大きくて可愛らしい猫ですよね。

ちなみにメインクーンは「ジェントルジャイアント」(穏やかな巨人)の愛称で親しまれています。メインクーンのオスとメスでの違いは様々です。

特に一番の特徴でもある大きさから、性格までオスとメスでは大きく異なります。

項目ごとにオスとメスを比較していきましょう。オスとメスの比較した画像もご紹介します。

メインクーンの性格

まずはメインクーンの性格をオス・メスに分けてご紹介します。

オス

Maine Coon
Photo byLSC

メインクーンのオスの性格は、一言で表すと「甘えん坊」です。

一般的な猫のイメージは、マイペースでクールな印象ですが、メインクーンのオスに関しては違います。飼い主に対してとても愛情深く、まるで犬のように擦り寄って甘えてくる性格の個体が多いです。

一緒に猫と遊びたい、仲良く一緒に寝たい等、飼い主が猫に与える愛情をしっかりと受け取って返してほしいという人には、メインクーンのオスをおすすめします。

飼い主が構ってくれないと、いたずらをし飼い主の気を引こうとしてくることもあります。
しかし、メインクーンのオスは頭が良いため、しつけをすればそういったことはしなくなるでしょう。

メインクーンのオスはまさに「ジェントルジャイアント」の愛称そのままといったところです。

メス

Maine Coon
Photo byXaya

メインクーンのメスは、オスと異なり、あまり感情を表に出すことはありません。

メスは一般的な猫のイメージ同様、マイペースで猫らしい性格であるといえます。

オスと違い、飼い主に積極的に甘えてくることは少ないでしょう。

ただ、マイペースであるため、その分日ごろの飼育は楽であるといえます。

メインクーンの大きさ

次にメインクーンの大きさ、一般的な体のサイズです。

オス

Maine Coon
Photo byskeeze

メインクーンのオスは、身体ががっしりとしており筋肉質です。

体長は平均して1メートル程にもなります。ギネスに記録されている最も体長が長い猫は123cmとかなり大きいです。

体重は6kg~9kg程が平均とされており、大きな個体としては12kg程になるオスもいます。

メインクーンは大人の猫の大きさになるまでにほかの猫以上に時間を必要とします。大人の猫の体長になるには5年程を要するため、長い間猫の成長を楽しむことができそうです。

メス

Maine Coon
Photo byCStern

メインクーンのメスも体長は1メートル程になります。

ただし、体重がオスよりも軽く、平均で3kg~5kg程です。

そのため、オス程はがっしりとはしていませんが、華奢ではありません。オスと比べると、少し小さいように見えます。

画像を見てみると、メスはオスよりも小さいことがご理解いただけるでしょうか。

関連記事