メインクーンに散歩は必要?メリットや散歩方法を紹介!

メインクーンに散歩は必要?メリットや散歩方法を紹介!

大型猫の代表格・メインクーンですが、貫禄あるその見た目や特徴から、散歩の必要性を考えている飼い主さんも少なくありません。しかし、メインクーンに散歩は必要なのでしょうか?本記事ではメインクーンの散歩について、そのメリットや方法をご紹介します。

ポット
ライター

ポット

2015年9月生まれのきょうだいハチワレと共に暮らしています。この子たちの存在は何よりの活力です。そのパワーがあふれ出し、2017年12月に「愛玩動物飼養管理士2級」を取得。猫だけじゃなく、愛玩動物といわれペットについて少しでもお役に立てればと思っています。

記事の目次

  1. 1.メインクーンに散歩は必要?
  2. 2.メインクーンの散歩メリット・デメリット
  3. 3.メインクーンの散歩方法
  4. 4.まとめ

メインクーンに散歩は必要?

Photo by Jorbasa

メインクーンには、大きな見た目どおりの、それ相当な運動量が必要とされます。とはいえ、犬ではありませんので、散歩を「しなくてはならない」ということはありません。ましてや猫です。あまり必要がないうえに、猫の散歩には様々な危険が伴います。したがって、猫を散歩させる人はまだまだ少数です。

よって、必要か必要でないかということでは、「必要ない」といえます。ただし、まったくないわけではありません。現に猫を散歩させている人も少数ながらも存在しています。

本記事では、そんな猫の散歩・メインクーンの散歩のメリット・デメリットをご説明するとともに、散歩する際の方法についてもご紹介します。散歩を考えている人は、ぜひご参考ください。

メインクーンの散歩メリット・デメリット

メインクーン 散歩のメリット

Photo byRamdlon

メインクーンの散歩のメリットは、なんといっても「運動量」です。大型猫のメインクーンの健康には、十分な運動量が不可欠です。普段の居室内での過ごし方と違い、道路を歩いたり、広大な公園を散歩することで、運動になるだけでなく、ストレスの発散にもなります。

また、居室内ではあまり感じることのできない、自然の風や空気に触れることで、良い気分転換にもなります。外出に抵抗がない性格であれば、散歩はメリットだらけといえます。

メインクーン 散歩のデメリット

Photo by sboneham

逆に、デメリットもたくさんあります。

  • 逃走・脱走の可能性
  • パニックやストレス
  • 虫刺されや感染症などの心配
そもそも、猫はとても臆病です。動物病院に行くだけでも一苦労なのに、人や自然の多い外を散歩したら、興奮したりパニック状態になりかねません。そのことがかえってストレスにもなり、そのまま走ってどこかに行ってしまう可能性も十分にあります。

さらに、外には虫やダニなども多くいて、媒介した状態から感染症になってしまう心配もあります。公園や河原の芝生は特に危険です。散歩をさせる必要性がないのは、これらのデメリットがあまりにも大きすぎるからです。

のイメージ
猫の行動範囲や移動距離を解説!脱走した猫が帰ってくる確率はどのくらい?
「猫を探しています!」一度は目にした事があるチラシではないでしょうか。飼っている猫ちゃんが家から脱走してしまった場合、帰って来る事はできるのでしょうか。帰ってくるとしたら、その確率はどれくらいなのでしょうか。

メインクーンの散歩方法

以上のように、メインクーンの散歩には、メリットもデメリットも多くあります。散歩の必要性もありませんが、それでも「散歩させたい」「散歩してみたい」という方には、以下の方法をぜひご覧いただきたいです。参考にしていただくとともに、必ず守っていただきたいです。

リードやハーネスを必ずつける

動物病院のように、ほぼドアtoドアの場合は、キャリーバッグのみで大丈夫ですが、散歩ともなるとそうはいきません。どこかへ行ってしまわないように、迷い猫にしてしまわないように、必ずリードやハーネスはつけるようにしましょう。猫専用のものも多数販売されていますので、体型に合ったものを購入するようにしましょう。

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

リードはリードでも、ハーネスの方がより万全です。リードの場合、人や車に驚いて、リードを外して逃走したり、最悪の場合は、リードをつけた状態でどこかへ逃げ去ってしまうケースもあり、とても危険な上に可哀想です。紐も同じです、というか紐やロープは論外です。

なお、ハーネスは災害や避難のときにも活躍します。散歩をする目的じゃなくても、もしもの時のためにハーネスに鳴らしておくのはおすすめです。

リードを買うだけじゃダメ!訓練も忘れずに

リードやハーネスを買ったからといって、それで安心してはいけません。猫の適性を知ることも大事です。いくら立派なリードやハーネスを買ったとしても、猫が嫌がったり外してしまえばまるで意味がありません。

外を怖がらない、ハーネスをしても嫌がらない、など、猫の向き・不向きの適性をまずは知るようにしましょう。適正がなければ、散歩をしても悲劇しかありません。

のイメージ
猫の散歩にリードは必要?リードの選び方やおすすめのリードを紹介!
飼い猫が外に出たがる場合は注意すれば出しても構いませんが、身一つだと脱走や事故等の危険に繋がる恐れがあります。そんな時に役立つのが犬の散歩時にも必須の「リード」。今回は、猫のリードの選び方やおすすめ商品、使用時の注意点等をご紹介するので是非参考にしてください。

お出かけバッグやキャリーバッグも一緒に

もしもの時のために、キャリーバッグも必ず持っていきましょう。パニック状態になったときに避難するためです。そして、飲み水やフード、緊急のトイレなど、ある程度の必需品を備えたお出かけバッグも忘れずに。

ワクチン接種は必ず!

猫を大切に思う飼い主ならば、必ず接種しているはずのワクチンですが、残念ながらその接種率は100%ではありません。その状態で、外に出るということは、無防備な状態で外に出ることと同じです。

散歩中に、同じくワクチン未接種の猫と遭遇したら?しらない間にノミやダニが付着していたら?想像するだけでも恐ろしいことです。どうしても散歩をしてみたい人は、必ず猫にワクチン接種をさせましょう。お散歩はその後です。

まとめ

Photo by joiseyshowaa

メインクーンは成長がとてものんびりで、大人になるまでに3~4年だといわれるほど、子猫期間が長いのが特徴です。子猫というのは好奇心の塊で、どんなことでも刺激的に感じます。その状態で外の世界を知ると、無邪気で楽しい散歩になる反面、デメリットであげた様々なことの危険性も高くなります。

もし、メインクーンを散歩させたい場合は、本記事でご紹介した方法を必ず守るようにして、徹底的な管理・注意のもと、安全・万全に行うようにしてください。くれぐれも、逃走・脱走にはご注意を!

関連記事