猫をフランス語で何という?【オス/メス/黒猫/子猫/白猫】

猫をフランス語で何という?【オス/メス/黒猫/子猫/白猫】

私たちが愛してやまない動物、猫。英語ではご存知「cat」(キャット)といいます。それでは、猫はフランス語で何というのでしょうか?フランス語での様々な猫の呼び方、またフランス語で人気の猫の名前をご紹介します。これから猫を飼う人にもおすすめの記事です。

ケンピ
ライター

ケンピ

元ドッグトレーナーです。 現在は犬4匹、猫2匹と生活しています。 読みやすい記事を心がけます。

記事の目次

  1. 1.猫をフランス語で何という?
  2. 2.猫の舌というお菓子が存在?
  3. 3.フランス語の猫の名前で人気なのは?

猫をフランス語で何という?

白猫
Photo byTy_Swartz

猫のことをフランス語でいうと、「Chat」(シャ)といいます。

ちなみにフランスでは犬よりも猫のほうが人気で、日本以上に猫は身近な動物です。

オス猫/メス猫

窓際の猫
フリー写真素材ぱくたそ

オス猫は「un chat」(アン シャ)といいます。

unとは、男性名詞のことで、男の人のことはun hommeといいます。ちなみに、フランス語は物に対しても男性名詞を使用し、ズボンは、un pantalonといいます。

同じくメス猫は女性名詞である、uneを使用し、「une chatte」(アン シャット)といいます。この「chatte」という言葉、猫にはもちろんいって良いですが、フランス人に直接いわないようにしましょう。

大変失礼な意味になってしまいます。日本で「泥棒猫」のような意味ですね。

黒猫

黒猫
Photo bySmaragd

黒猫はフランス語で、「Chat noir」(シャ ノワール)といいます。

日本で黒猫を見たら不吉だといわれることがありますが、フランスでは黒猫に対して敬意をもち接すれば幸運になれるといわれています。

白猫

白猫
Photo byhabunman

白猫は「Le chat blanc」(ル シャ ブラン)といいます。

黒猫以上に白猫は幸運であるとされており、大事に扱われています。ペットとして迎え入れるのも、フランスでは白猫が人気のようです。

子猫

子猫は、「Minette」(ミネット)といわれています。主に「子猫ちゃん」という意味があります。「Minette」は猫のほかにも子どもにも使用されているようです。

猫の舌というお菓子が存在?

あくび
Photo byPitsch

猫の舌のことをフランス語で「langue du chat」(ラング デュ シャ)といいます。

どこか聞き覚えのある響きではないでしょうか。

そう、日本でも有名なお菓子「ラングドシャ」の語源となった言葉です。ラングドシャは、猫の舌に形が似ていることからその名前がつけられました。

見た目もさることながら、表面のザラザラ感も猫の舌のように感じますね。

ヤマザキビスケット ラングドシャS (18枚×2P)×5個

参考価格: 680円

出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon680円
楽天680円

フランス語の猫の名前で人気なのは?

3匹の猫
Photo byDyadya_Lyosha

日本で人気の猫の名前はどのようなものが思い浮かびますか?

クロ、シロ、タマ…。日本らしい可愛らしい名前が多いですよね。
ですがこれから猫を飼おうと検討している人は、猫の名前をおしゃれにフランス語にしてみませんか?

フランス語の猫の人気の名前は、まずひとつめが「Caline」(キャリーヌ)です。
フランス語で甘えん坊の意味をもっています。猫らしい良い名前ですね。

次に、「Chipie」(シピ)も人気の猫の名前です。
洋服に詳しい人は聞き覚えがあるかもしれませんが、フランスで人気のブランドの名前です。
Chipieの意味としては、「わがままな女」といった意味があります。
こちらもまさに猫らしい名前といえるでしょう。

最後に、フランスで一番人気の名前をご紹介しましょう。

それは、「Minette」(ミネット)です。
そう、先述したとおり、「子猫ちゃん」という意味があるフランス語です。
愛する子どもにも使用されるMinette、猫を愛するフランス人らしい名前ですね。

また、ほかにも猫の名前を知りたい人は、以下の記事を見てみてください。
きっと気に入る名前が見つかるはずです。

猫の名前どうする?人気の猫の名前ランキング!和風・海外で人気の名前は?

関連記事

Article Ranking