引っ越しは猫にとってストレス?ストレスを軽減させる方法をご紹介!

引っ越しは猫にとってストレス?ストレスを軽減させる方法をご紹介!

引っ越しは猫にとってどんな影響を与えるのでしょうか?子猫と成猫ではどちらの方が順応が早い?猫が新居に慣れるまでどうするのが正しいのでしょうか?猫が引っ越し先での慣れない環境で少しでも安心して暮らせるための方法をまとめました。

猫を連れての引越し

猫と一緒のお引越し。ひと言で表せば簡単に聞こえます。

ですが、猫ちゃんの飼い主さんならきっと知っているでしょう。それがどんなに大変で不安なことかを。

猫ちゃんが引っ越し先に馴染めずケージから出てこない、体調を崩してしまったなど色々と噂が飛び交います。

では実際に引越しは猫にどんな影響を与えるのでしょうか?また、出来るだけストレスを軽減するためにはどうするのがよいのでしょうか?

引っ越しは猫にとってストレス?

猫にとって引越しは大きなストレスです。猫は本来、家や縄張りを強く意識している生き物です。

自分の安心していられる居場所を常に持つことが大切なのです。

家猫にとっての自分の縄張りは自宅なので、引っ越しにより突然見慣れない環境に置かれてしまうのは猫にとって大変不安で、ストレスがかかります。

子猫はある程度柔軟性が高い場合がありますが、成猫が住みなれた家の変化にとても敏感で、引越し先の環境に慣れるまで時間が掛かることが多いです。飼い主さんもたかが引越しと思わず、大切な猫ちゃんの気持ちに配慮した引越しをしましょう。

【準備編】引っ越しの猫へのストレスを軽減させる方法

まずは引っ越しの準備の段階で出来る猫へのストレスを軽減させる方法です。

1:慌てている様子を見せない

引越しというと荷造りに手続きにとバタバタしがちですが、飼い主のその変化にも猫はとても不安を覚えます。荷造りで変わっていく部屋の様子も猫はきっと不安な面持ちで見ていることでしょう。

それに加えて飼い主さんがキィー!と気が立ってしまっている様子を見せることは猫の精神によくありません。余裕を持った引越し計画をし、引越し直前でも出来るだけ猫ちゃんをリラックスできる状態にしておきましょう。

2:トイレの猫砂は使用済みのものを取っておく

前日の使用済み猫砂は少し取っておき、新居でトイレを設置するときに混ぜてあげてください。
猫は自分のにおいがして安心することでしょう。

また、他の猫ちゃんグッズもすぐに使えるようにお気に入りのおもちゃやカーペットなどは他の荷物と分けておきましょう。

3:猫の体調管理と健康診断

引越しで猫にかかるストレスはとても大きく、ご飯が食べられなくなったり、ケージから出てこないなど最悪の場合体調を崩してしまう場合もあります。

引越し先で猫の体調が悪くなった時に原因特定のためにもあらかじめ、かかりつけの動物病院で現在の猫の健康診断をしてもらっておきましょう。持病がある時は引越し先の動物病院にどう伝えればいいのか、アドバイスをもらっておくことも大切です。

【当日編】引っ越しの猫へのストレスを軽減させる方法

引っ越し当日の猫へのストレスを軽減させる方法と、また引越し時のコツをご紹介します。

1:猫の脱走を防ぐ

引越し当日というのは人の出入りが激しいものです。引越し業者が出入りするだけでも猫は不安を覚えることでしょう。最悪の場合、驚いた猫が引越し中の開け放したドアから逃げ出してしまうこともあります。

あらかじめ猫をケージやキャリーバックに入れてお風呂場やトイレ、押入れなどの人の出入りがない場所に隔離しておきましょう。

2:ペットホテルや知り合いの家に預けてもいい

自宅の構造的に隔離が難しい場合などは、一時的にペットホテルや知り合いの家などに預けることも有効的です。
ペットホテルを使うときは猫専用のホテルの方がストレスが少なく理想的です。

猫が脱走して怪我をしたり迷子になってしまうことが一番心配ですので、自宅環境に合わせた脱走対策をしましょう。

【移動編】猫と一緒に車で移動するときの注意点

続いて引っ越しの移動の最中の猫に対するストレスの軽減方法のご紹介です。

1:練習しておく

猫は引越し同様、慣れない環境の車が嫌いな子が多いです。引越しで長距離での移動が見込まれる場合、あらかじめ車に乗せることを練習しておくといいでしょう。

猫も飼い主さんも引越し当日に不安を軽減できると思います。

2:ケージやキャリーバッグに入れる

窮屈で可哀想かもしれませんが、危険な脱走を防ぐのも飼い主として大事な役目です。知らないにおいの車よりも自分のにおいがするケージの方が落ち着く場合もあります。

アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ ブラウン Mサイズ

参考価格: 3,158円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon3,158円
楽天3,407円

3:水分補給の休憩時間を設ける

長距離の移動の場合は、2時間おきに休憩し、車を停止させた状態でケージから出し、水分補給やトイレをさせましょう。その際、ドアや窓は必ず閉めた状態にしておきましょう。猫は緊張しているときはご飯は食べないことも多いですがその場合は無理して与えないようにしましょう。

4:車酔いに注意

猫も車に酔うことがあります。練習しておけば車に酔う体質かどうか判断も出来るのでおすすめです。

酔うとご飯を吐き戻してしまうこともありますので、車酔い体質の子は移動の前のご飯は抜いた方がいいです。車酔いが酷い場合は、猫に無理をさせずあらかじめ長距離移動の前に動物病院で相談しましょう。

【新居編】引っ越しの猫へのストレスを軽減させる方法

続いて引越し後の新居での慣れていない状態での猫へのストレスを軽減させる方法についてです。

1:片付けが終わるまで猫専用の部屋を作る

とりあえずの搬入作業が終わるまでは部屋のひとつを猫専用にしておきましょう。猫トイレ、お気に入りの毛布やおもちゃ、隠れる場所などを設置して猫を入れて扉を閉めておきましょう。

部屋のにおいは新しいものなので猫は緊張していると思いますが、今まで使っていたものや自分のにおいがするものがあれば安心できる元になるので必ず一緒に置いてあげましょう。

2:片付けが終わってから猫を探検させる

搬入や片付けがひと段落ついたら扉を開け、猫の様子を伺いましょう。部屋や隠れ場所から出たくない様子であれば無理に連れてくることはせず、猫が自分から出てくるのを待ちましょう。

猫が部屋から出てくるようであれば、新居を自由に探検させてあげましょう。

3:家具やカーテンを新調するのは猫が慣れてから

新居に移る際に、家具やカーペット、カーテンなどは新調したくなりますが全て新しいものに変えてしまうと猫は新居に慣れにくくなります。

猫が新居に慣れるまで待ってから新調することをおすすめします。また、猫グッズは出来るだけ前の家で使用していたにおいのついているものをそのまま使いましょう。

新居での猫の様子

猫は新居ではうろうろと歩き回る、常に鳴く、または隠れて出てこないなど色々な反応を見せることがあります。

出来るだけ猫の好きなようにさせておきましょう。

個体差がありますが、1週間程度~長くても1ヶ月ほどで慣れることが多いといわれています。飼い主が不安な顔をしていると猫も敏感に感じ取るので、出来るだけゴロゴロしたりリラックスしている姿を見せることも猫の安心に繋がります。

Photo byPexels

いかがでしたでしょうか?

猫ちゃんにとって引越しで慣れない環境に行くことはかなりストレスになるようです。でも慣れてしまえばいつも通り快適に暮らしてくれると思います。

引っ越してすぐは隠れて出てこない、常に鳴く、うろうろするなどと落ち着かないかもしれませんが、辛抱強く環境に慣れるまで待ってあげましょう。

今回は引っ越しに関連する猫のストレスについて紹介しましたが、下記の記事では猫のストレスのサイン、原因、対策について紹介しています。ぜひあわせて参考にしてみて下さい。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking