エジプシャンマウとはどんな猫?特徴・値段・鳴き声を紹介!【画像あり】

エジプシャンマウとはどんな猫?特徴・値段・鳴き声を紹介!【画像あり】

皆さんは「エジプシャンマウ」という猫をご存知ですか?あまり聞きなれない猫種ですが、今回はあえてエジプシャンマウについてご説明します。特徴や値段、画像などを一挙にご紹介します。一体どんな猫なのでしょうか?気になる方必見ですよ!

ポット
ライター

ポット

2015年9月生まれのきょうだいハチワレと共に暮らしています。この子たちの存在は何よりの活力です。そのパワーがあふれ出し、2017年12月に「愛玩動物飼養管理士2級」を取得。猫だけじゃなく、愛玩動物といわれペットについて少しでもお役に立てればと思っています。

記事の目次

  1. 1.エジプシャンマウとはどんな猫?
  2. 2.エジプシャンマウの性格
  3. 3.エジプシャンマウの飼い方
  4. 4.エジプシャンマウの値段
  5. 5.まとめ

エジプシャンマウとはどんな猫?

エジプシャンマウは、エジプト産のイエネコを元に、アメリカで改良された品種です。

古代エジプトの壁画に残されている最古のイエネコは、細身のボディにアーモンド型の目、細かい斑点模様を持っていますが、その特徴を元に、エジプトのカイロで発見された個体から、繁殖・改良されたのがエジプシャンマウであるといわれています。 

では、実際どんな姿をしているのでしょうか?画像でご紹介します。

画像・写真

子猫

こちらは子猫です。以外にも、子猫の時には特徴の斑点模様がまだはっきりとしていません。

成猫

こちらが成猫です。斑点がくっきりしていますね。ちなみにこの斑点模様=スポットがはっきりと見えるまでには、2年程時間を要するようです。

では、続いて動画です。鳴き声にご注目ください。

鳴き声

ワイルドな見た目と違って、何とも可愛い鳴き声です。

大きさ

エジプシャンマウの大きさですが、標準的な体重は2.5~6kg程度とされていて、猫の中でも中位の大きさです。性別でいうと、オス3~5㎏、メス3~4㎏程度だといわれています。

特徴

エジプシャンマウは、小さめで三角形に近い頭部に、間隔が広い大きめな耳をもっています。目は大きくアーモンド形で、独特な緑色が特徴です。ちなみにこの独特な緑色の目は「グースベリーグリーン」と呼ばれています。

体型は細身かつ筋肉質で、手足と胴体もスラっと長いセミフォーリンタイプです。手よりも足が長いため、つま先立ちのような優雅な歩き方をしますが、実は非常に優秀なアスリートであり、走る時のスピードは時速50kmになるといわれています。

そしてなんといっても、エジプシャンマウ一番の特徴は、やはり美しい斑点模様です。オシキャットやベンガル猫にも斑点がありますが、それは人為的に作り出されたもので、エジプシャンマウの模様=スポッテッド・タビーは最初から有している自然発生のため、大変珍しいとされています。

のイメージ
ベンガル猫はどんな猫?値段や性格・寿命など特徴をご紹介!
サバンナに住む小さなヒョウのと見間違えるような美しいボディーを持つ猫をベンガル猫と言います。今回、ベンガル猫についての上等を集めてみました。ベンガル猫を飼育するときに、何か特別な配慮は必要?実際には飼いやすい?いろんな角度からベンガル猫の知識を高めてみてください。

毛色の種類

エジプシャンマウの毛色は、シルバー、スモーク、ブロンズの三種類です。しかし公認されていない黒、ブルーも存在しています。なお、スポテッドタビーはエジプシャンマウ独特のタビーで、地肌までこのスポットで染まっています。下の画像の子は黒ですね。

寿命

エジプシャンマウはもともと自然発生種であるため、品種育成期間に何度かの交雑を経て、遺伝性疾患の少ない丈夫な猫となっています。そのため、の平均寿命は10~15歳とされています。

のイメージ
猫の平均寿命は何歳?飼い方・性別・種類によって異なる寿命を紹介!
猫を飼っている人なら誰でも、愛猫がどれくらい生きるのか気になりますよね?猫は猫でも、野良猫や飼い猫、品種や性別によって平均寿命は変わってきます。ここでは、それぞれの平均寿命と、長生きさせるためのポイントなどを紹介していきます。

エジプシャンマウの性格

Photo by Nickolas Titkov

愛情深いが、人見知りで繊細

エジプシャンマウは、飼い主や家族に対しては愛情深い猫で、膝の上でナデナデされることが大好きです。

その反面、人見知りや怖がりという繊細な性格もしています。そのため、慣れない場所や環境にはストレスを感じ、慣れるまでにも時間がかかるといわれています。

狩猟本能が強く、遊ぶのが大好き

ワイルドな見た目の通り、狩猟本能が強く、ネズミ捕りなどのハンティングにも精力的です。聴力や視力に優れているため、獲物に対する反応が素早く、走るスピードも速いことから、大草原のハンターである豹やチーターをほうふつとさせます。

そして、活発に遊ぶことも大好きです。なので、飼い主との遊びも嬉しいスキンシップの一つになります。

エジプシャンマウの飼い方

Photo by Nickolas Titkov

室内飼養の徹底

これはエジプシャンマウに限ったことではありませんが、病気や交通事故から守るために、室内飼養の徹底が大切です。

エジプシャンマウは大変珍しいため、下手をすると連れ去られたりしてしまう可能性もあります。脱走対策も万全にしましょう。

のイメージ
猫の外飼いは迷惑なの?猫の外飼いのメリット・デメリットを紹介!
猫の外飼いは、近隣の方にとって迷惑なのでしょうか?猫にとっては外飼いが理想でしょうが、外飼いは常に危険がさらされています。猫の心親知らず、飼い主は心配でたまらないでしょう。ではその外飼いについて、メリットとデメリットを紹介していきます。

高い場所を用意する

これもエジプシャンマウに限ったことではありませんが、猫は高いところが大好きです。

外には出れず、狭い居室では大変窮屈な思いをさせてしまう、とお悩みの方もいるかもしれませんが、猫は「広さ」よりも「高さ」が大事です。なので、キャットタワーを設置したり、家具などを上手にレイアウトして、段差が付くように配置をしてあげると猫も喜びます。段差による高さ調整は、猫にとっても良い運動にもなりますので、一石二鳥の役割となります。

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

被毛のお手入れ

エジプシャンマウは短毛種なので、被毛のお手入れを毎日する必要はありません。そもそも猫は自分でグルーミングをして、キレイな被毛を保ちます。

しかし、換毛期の時期や体調が優れないときは、グルーミングだけじゃ追いつかなかったり、グルーミング自体ができない状態になってしまい、体内に被毛が溜まってしまいます。いわゆる「毛玉」が溜まる状態です。溜まる一方で上手に吐けない場合は、毛球症になる恐れがあります。

ですので、短毛種でも時期や状況によっては、週に1、2回は最低でもブラッシングをしてあげましょう。

のイメージ
猫にトリミングは必要?自宅でのやり方と任せる場合の相場の料金を紹介!
トリミングといえば犬がやるもの。というイメージの方も多いと思います。ですが、猫も毛は伸びるし、抜けるし、毛玉にもなります。ここでは、猫にトリミングをした方がいいのか?するなら自分でするのか、プロに任せるのか?について説明します。

多頭飼いや、他のペットとの相性

活動的で好奇心旺盛なエジプシャンマウは、他のペットとも仲良くできるため、多頭飼いにも向いています。しかし、狩猟本能が強い傾向にあるため、刺激してしまうような鳥や小動物との同居はおすすめしません。

なお、人間の子供との相性も良いのですが、あまりにも小さい子供のいる家庭には向いてません。繊細な性格を持ち合わせているため、穏やかな環境が作れない状況ではストレスとなってしまいます。

病気に注意する

さきほどもお伝えしたように、エジプシャンマウは、遺伝疾患が少ない猫種です。

そのため、病気になりにくいとはいわれていますが、他の猫種と同様に、歯肉炎や膀胱炎、尿管結石、腎臓病というリスクは常にあります。そのため、7歳を過ぎた猫のシニア期以降になったら、定期的な健康診断などを受診することをおすすめします。

エジプシャンマウの値段

エジプシャンマウをお迎えするには、ブリーダーから購入するか、ペットショップで購入するかのどちらかになります。それぞれの相場として、ブリーダーの場合で平均価格は約19万円程度、最高価格は29万円で、最低価格は12万円程度です。

ペットショップの場合は、まだまだ珍しい猫種ということもあり、ブリーダーと同じぐらいの価格が予想されます。だいたい20万円~30万円ぐらいかそれ以上です。

エジプシャンマウをお迎えする際は、エジプシャンマウの専門知識を持ち、愛情をもって飼育しているブリーダーから購入することをおすすめします。なお、一般的に子猫の価格は血統や顔、毛色、体の大きさ、月齢などによって変動します。

のイメージ
猫を飼うのにいくらかかる?初期費用・維持費の見積もりを紹介!
猫を飼いたい時、準備するものや必要なお金、維持費はどれくらいなのかは知っておきたいですよね。猫の餌やトイレなどの毎日に必要なお金から、避妊去勢やワクチンなどの医療費など、一生にかかる猫の飼育に必要な飼育費用や維持費を、わかりやすく解説していきます。

まとめ

Photo by Muffet

エジプシャンマウという名前からして、どことなくミステリアスな雰囲気を感じますが、見た目や性格などを見ると、極々普通の猫といえます。

どんな猫でも同じですが、猫はペットといえども大切な「命」です。お迎えする際は、その責任と覚悟を持ち、最後まで飼い続ける「終生飼養」に徹底して、共に生きていくことが絶対です。そのためにも、さまざまな知識を深めることも大事です。

本記事を参考にしていただき、よりよいニャンダフルライフを過ごしていただければ幸いです。

関連記事

Article Ranking