猫用のシャンプーのおすすめ10選をご紹介!猫用シャンプーのメリットは?

猫用のシャンプーのおすすめ10選をご紹介!猫用シャンプーのメリットは?

猫は犬に比べあまり体臭が気になりません。しかし、猫の体を清潔に保つためや皮膚病を未然に防ぐため、定期的なシャンプーはおすすめしたいケアの1つ。今回は、そんな猫のシャンプーについての疑問を解決します。シャンプーする意味やおすすめシャンプーもピックアップします!

ごま
ライター

ごま

猫3匹と暮らすフリーランス/ラガマフィン(♀5歳)ラグドール(♂4歳)保護猫(♀推定6歳)

記事の目次

  1. 1.猫のシャンプーの頻度は?
  2. 2.猫用シャンプーのメリット
  3. 3.猫用シャンプーの選び方
  4. 4.猫用のシャンプーのおすすめ10選
  5. 5.まとめ

猫のシャンプーの頻度は?

Photo byUzan

猫にシャンプーは必要?

猫はとても綺麗好きな動物です。自らグルーミングを丁寧にするため、体臭はほぼ無臭。「別に臭くないし、シャンプーする必要ないのでは?」そう思う方もいるでしょう。しかし、グルーミングをしてもニオイや汚れはどうしても残ってしまいます。汚れを放置すると、やがて皮膚病の原因にもなりかねません。

そこで取り入れたいのが猫シャンプーです。しかし、猫は水がとても苦手なんですね…。その理由は、猫の毛は犬と違い、1度濡れると乾き辛いため、少しの湿気にも敏感に反応し、ストレスを感じてしまうのです。

そんな水嫌いな猫をいかにストレスなくシャンプーするのか。その有効な手段の1つとして、子猫の時期からシャンプーするという方法があります。

シャンプー開始の時期・頻度

おすすめのシャンプー開始時期は、生後1ヶ月過ぎから。ただし、個体差によりシャンプーの開始時期は異なるので注意しましょう。例えば皮膚病のある子猫であれば、シャンプーにより悪化する可能性もあります。基本は1ヶ月と覚えておき、病気持ちの猫の場合は、かかりつけ医師に相談することをおすすめします。

シャンプーの頻度に関しては、短毛種であれば年に1回〜2回。長毛種は1ヶ月に1度が基本のペース。
短毛種に比べ長毛種は毛に汚れがつきやすく、やがて皮膚炎を起こしたり、毛が絡まり気づけば大きな毛の塊が…なんて事態も。そうなってしまった場合、長期的な治療が必要になったり、毛玉ができた部分をごっそりバリカンでカットしなくてはなりません。猫だけでなく、飼い主にとっても負担です。
日頃のブラッシングはもちろん、やはり定期的なシャンプーは、これらの問題を未然に防ぐことができます。

トリミング

シャンプー以外にも、ブラッシングや爪切り、耳掃除なども心がけたいですね。猫のトータルケアに関しては、ぜひ下の記事を参照下さい。

「どんなケア用品を選べばいいの?」とお悩みのビギナーさんにもお役に立つ内容です。

「どうしても猫がシャンプーを嫌がる…」そんな場合もきっとあると思います。嫌がる猫を無理にシャンプーしては、飼い主と猫との関係にヒビが入ってしまいます。そんな場合はプロの手を借りるのも1つの手段。

トリミングサロンの相場や、サービス内容に関する詳しい情報も記載されていますよ。ぜひご覧下さいね。

猫にトリミングは必要?自宅でのやり方と任せる場合の相場の料金を紹介!のイメージ
猫にトリミングは必要?自宅でのやり方と任せる場合の相場の料金を紹介!
トリミングといえば犬がやるもの。というイメージの方も多いと思います。ですが、猫も毛は伸びるし、抜けるし、毛玉にもなります。ここでは、猫にトリミングをした方がいいのか?するなら自分でするのか、プロに任せるのか?について説明します。
【画像あり】猫の爪切りはどこまで切るのか?爪切り頻度や嫌がる場合の対処法まで紹介!のイメージ
【画像あり】猫の爪切りはどこまで切るのか?爪切り頻度や嫌がる場合の対処法まで紹介!
ペットとして飼われている猫は、外敵から身を守ったり、食料となる獲物を狩ることもありません。人間社会で生きる猫にとって、鋭い爪は必要なのでしょうか?爪切りは自宅でもできるのでしょうか?ここでは、爪切りの必要性ややり方などについて説明します。

次に猫のシャンプーについて、人間用でいいのか?猫用のシャンプーのメリットを紹介していきます。

猫用シャンプーのメリット

Photo byKirgiz03

「猫のシャンプーは人間用を代用しても良い?」そんな疑問も多く見かけます。答えは『NO!』です。
人間と猫とでは、皮膚の作りが全く違います。人間用を代用することで、猫の皮膚トラブルを引き起こす可能性が大いにあります。絶対に人間用を使わないよう注意しましょう。

『猫シャンプー』で検索すると、『犬猫兼用』といった商品もたくさんヒットします。
実は犬と猫とでも皮膚のphは違います。可能であれば猫用を選ぶ方がベターです。

猫用シャンプーの選び方

Photo byChiemsee2016

愛猫の皮膚トラブルを防ぐ意味や、健康な被毛を保つために、正しいシャンプー選びのポイントを抑えることが重要です。ここではそんな『猫シャンプーの正しい選び方』のポイントを6つご紹介します。

低刺激のシャンプーを選ぼう

Photo by amika_san

猫の皮膚はとても敏感です。そこで、なるべく低刺激のシャンプー選びをおすすめします。例えば『無添加』や『オーガニック』など、余計なものが入っておらず、なおかつ自然の素材から作られているものが良いですね。

ただし、それらが必ずしも愛猫にぴったり合うかというと、そうとも限りません。『オーガニック=肌に優しい』と捉えがちですが、実はオーガニックでも肌に刺激を感じる猫もいます。無添加でも同じことが言えます。たまたま入っていた成分がその猫には合わず、アレルギー反応を起こしてしまうケースもあります。

どんなシャンプーであれ絶対に安全とは言えません。使ったあとはじっくり様子を見て、皮膚トラブルが出ないかを観察しましょう。特に注意したいのは、皮膚トラブルを抱える猫や子猫です。普通の猫より肌の敏感な猫には細心の注意を払いましょう。

《猫用》シャンプーを選んで

Photo byKatinkavomWolfenmond

猫用シャンプーを選ぶ際迷ってしまう『ペット用』『犬猫用』と書かれた商品。犬と猫両方飼っている方にはコスパ面を考えるとおすすめではありますが、犬と猫では皮膚の作りが違うので、やはりトラブルを防ぐ意味で『猫用』を選ぶのがベター。

避けたいのは『犬用』のシャンプーです。これは完全に犬の皮膚に合わせた処方になってしますから、間違って犬用を購入しないよう注意して下さい。

猫の皮膚状態に合ったものを

フリー写真素材ぱくたそ

猫のシャンプーには、大きく分けて一般用と医療用の2種類あります。

通常、被毛の美しさや健康を維持するため猫用シャンプーは使われます。しかし、細菌性皮膚炎の猫には、殺菌成分の入った猫シャンプーが効果的です。ひどい炎症を伴う場合、返ってシャンプーが刺激になってしまうことも。迷った時は、かかりつけ医師に相談を。

シャンプー嫌いな猫にはドライシャンプーがおすすめ!

フリー写真素材ぱくたそ

どうしてもシャンプーが苦手な猫には、水の要らないドライシャンプーがおすすめです。
泡で出てくるドライシャンプーは、スピーディーに被毛ケアができ、猫にとっても飼い主にとっても負担が少なく済みます。

ドライシャンプーのクオリティーは年々進化しており、普通のシャンプーの使用感とほぼ大差なく、気になるニオイやフケのケアもしっかりできます。「シャンプーは諦めていた…」そんな方はぜひ試して下さい。

日頃の軽い汚れケアには拭き取りタイプのシャンプータオルがおすすめ。ウェットティッシュのような形状で、持ち運びも便利ですよ。気になった時にさっと出して拭くだけなので楽ちんです。

『微・無香料』を選ぶ

Photo byTeamK

猫はニオイにとっても敏感。人間にとって良い香り(フローラルやシャンプーの香りなど)でも、猫にとっては不快と感じ、過剰なグルーミングの原因になり兼ねません。

シャンプーを選ぶ時は、できるだけ無香料を選ぶよう心がけましょう。

長毛猫にはトリートメントで念入りケアを

フリー写真素材ぱくたそ

長毛種は短毛種に比べて毛が絡まりやすいもの。1度で済むトリートメントインシャンプーは、その手軽さが魅力の反面、ややトリートメント効果や洗浄力に物足りなさを感じるものも、正直あります。

長毛種の場合、出来る限りシャンプーとトリートメントは別にしましょう。「毎回はちょっと大変…」そんな場合は、3ヶ月に1度など、定期的にトリートメントでケアしてあげると良いですね。

猫用のシャンプーのおすすめ10選

フリー写真素材ぱくたそ

では実際に猫用シャンプーのおすすめ商品をご紹介します。

【プロもおすすめ!】ゾイック キャッツシャンプー 300ml

可愛いパッケージが魅力の猫用シャンプー。
ほんのりシャンプーの良い香りがしますが、しっかり洗い流すと香りはほとんど気にならない程度に。

口コミは「ふわふわのサラサラ!」と高評価が並びます。泡立ち・泡切れも◎長毛種の猫にもおすすめです。

こちらの商品、実は人気youtuberさんが愛猫に使っていたことでさらに人気が高まったようです!プロのトリマーさんもおすすめされているのでシャンプー初心者さんはぜひチェックしてみて下さい。

ゾイック キャッツシャンプー 300ml

参考価格: 1,091円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,944円
楽天1,091円

【嬉しいプチプラ!】クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランス 200ml

日用品で有名なライオンが発売する、無香料のトリートメントインシャンプー。デイリー使いにぴったりな価格の安さと、お値段以上のクオリティーが魅力。

ライオン独自のミクロトリートメント成分を高配合。凹凸ある被毛にトリートメントが密着し、サラサラの仕上がりに。タオルドライ後の乾きの速さ◎

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランス 200ml

参考価格: 1,296円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,296円
楽天

【乾燥によるフケ防止におすすめ】日本全薬工業 オーツ シャンプーエクストラ ペット用 250ml

人口の着色料を一切使用しないナチュラルシャンプー。被毛に必要な油分をキープし、乾燥による痒み・フケを予防します。

特にフケの気になる猫や、冬場の乾燥しやすい時期は週2〜3回程度の使用もOK。

オーツシャンプーエクストラ 250ml×6本 犬猫

参考価格: 13,700円

出典: Amazon
Amazon13,700円
楽天

【殺菌・消臭におすすめ】《動物用医薬部外品》 フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 200g

皮膚炎に悩む猫におすすめしたい犬猫兼用の薬用シャンプー。

一般用に比べ殺菌・消臭効果が高く、細菌性の皮膚炎の猫に効果がある「クロルヘキシジン」が配合されています。
数多くある薬用シャンプーの中でも高い効果を示すとの口コミが多く、Amazonでも大変人気の高い商品です。

「今までどのシャンプーを使っても効果がなかった」そんな方におすすめです。

【動物用医薬部外品】 フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 200g

参考価格: 861円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon861円
楽天

【トリートメント配合薬用シャンプー】ノルバサン シャンプー 0.5 (236ml)

「薬用シャンプーだと毛がパサつく…」そんな方におすすめな、トリートメント配合の薬用シャンプー。

殺菌・消臭効果はそのまま、トリートメントが配合されることにより、ふんわりなめらかな仕上がりを実現します。

ノルバサン シャンプー 0.5 (236ml)

参考価格: 3,240円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon3,240円
楽天

【花粉ケアも】クイック&リッチ トリートメントイン シャンプータオル 愛猫用 4個パック

ライオンが発売する猫用シャンプータオル。しつこい汚れもしっかり落とす肉厚シートで汚れをオフ。花粉・ハウスダスト・静電気の付着を防ぎます。

綺麗にしながら毛のケアまでできるミクロトリートメント成分配合。持ち運びに便利な小さめサイズも嬉しいポイントです。

クイック&リッチ トリートメントイン シャンプータオル 愛猫用 4個パック (まとめ買い)

参考価格: 2,555円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,555円
楽天

【大判!拭き取りタイプ】ハッピーペット シャンプータオル 猫用 25枚入

しっかり大判タイプだからさっと一拭きで広い面をケアできます。猫が舐めても安心な洗浄成分(食品添加物)を使用しています。

艶やかな毛を保つコラーゲンやプラセンタを配合。潤いみちる美しい被毛へ導きます。

ハッピーペット シャンプータオル 猫用 25枚入

参考価格: 210円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon210円
楽天

【舐めても安心】JOYPET(ジョイペット) 水のいらない泡シャンプー猫用 200ml

手軽なケアに最適な水のいらないシャンプー。
無香料・無着色だから、皮膚の敏感な子猫でも安全です。

ヒアルロン酸を配合し、艶のある健康的な被毛へ。使用感はべとつかず、さらさらの仕上がり特徴です。湿気の気になる梅雨時期にもおすすめです。

JOYPET(ジョイペット) 水のいらない泡シャンプー猫用 200ml

参考価格: 615円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon615円
楽天

【汚れスッキリ!】A.P.D.C. キャットフォーミングシャンプー 無香料

毛や皮膚についた皮脂汚れを浮かして落とす、除菌・消臭効果のある泡シャンプー。
天然成分100%を使用し、水いらずのクイックケアを実現。

セルフグルーミングが難しい老猫や、介護の際のお尻拭きとしてもおすすめです。
 

A.P.D.C. キャットフォーミングシャンプー 180ml 猫 シャンプー

参考価格: 2,160円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,160円
楽天

【天然オーガニック使用】ジョンポールペット ウォーターレスシャンプー ペット用 250ml

アメリカの大手化粧品ブランドが開発するペット愛好家へ向けた高品質のドライシャンプー。
すでに世界中で人気を博し、数々のアワードを受賞している有名ブランドです。

繊細な泡が毛の1本1本を細やかに洗いあげ、柔らかな触り心地を叶えます。
 

ジョンポールペット ウォーターレスシャンプー ペット用 250ml

参考価格: 2,226円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,226円
楽天

まとめ

Photo byFree-Photos

おすすめ猫シャンプーのご紹介、いかがでしたか?
無臭の猫に過剰なケアは必要ないと言えども、未然に皮膚トラブルを防ぐ、もしくはすでに起こってしまった皮膚病を改善するため、シャンプーは有効な手段と言えます。

また、いくら優しいシャンプーであっても猫によってはアレルギーが出てしまうことも…。愛猫にぴったりなシャンプーを見つけるには、いくつもかのシャンプーを試すことも必要です。

愛猫の健やかな被毛のため、猫シャンプーでしっかりとケアしてあげましょう。

関連記事

Article Ranking