猫のおすすめの暑さ対策10選を紹介!対策グッズで暑い夏を乗り越えろ

猫のおすすめの暑さ対策10選を紹介!対策グッズで暑い夏を乗り越えろ

今年もいよいよ夏本番!暑くてジメジメする日本の夏は、人だけじゃなく、ペットである犬や猫にも影響を及ぼします。今回は、そんな猫におすすめの暑さ対策グッズをご紹介します。愛する猫のために、暑さ対策を徹底して夏を乗り切りましょう!

猫は暑さに強い?

猫(イエネコ)の祖先であるリビアヤマネコは、暑い砂漠地域で過ごしていました。そのため、猫は犬に比べれば暑さに強い動物ですが、ここ数年の異常気象や、日本の過酷な夏の暑さには、さすがの猫でも耐えられません。

猫でも夏バテや熱中症になることもあります。
 

全身を被毛で覆われている猫は、身体の表面に汗腺を持っておらず、人のように全身で発汗し、体熱を放散させることができません。唯一、足の裏で汗をかきます。な

ので、体温調整ができない猫にとって、あまりにも暑すぎる日本の夏は注意が必要です。特に、鼻が低いペルシャ猫や、肥満気味の猫が熱中症にかかりやすい傾向です。

長毛猫は特に弱い

Photo byjaydeedaley

また、毛の長さによっても違いがあります。短毛猫よりも、毛が長くてフサフサな長毛猫は暑さに弱いです。そのため、長毛猫は夏になると「サマーカット」といって毛を短くカットします。暑さ対策としてはもちろん、湿度が高くなってくると、皮膚が蒸れて皮膚炎を起こしやすくなるため、毛を短くすることで、皮膚の管理などをしやすくしています。確かに、長毛猫は冬は暖かそうですが、夏はとっても暑そうですよね。夏にコートを羽織っているようなもんですから大変です。

猫は我慢強い動物でもありますが、うだるような暑さの中を我慢させるのは可哀想です。ジッと耐えてるなんて想像するだけでも辛いです。大切な猫を熱中症にさせない・我慢させないように、夏の暑さ対策・熱中症対策は万全に行いましょう!

猫のおすすめの暑さ対策【環境編】

Photo bybrenkee

それでは猫のおすすめの暑さ対策をご紹介していきます。

エアコンの活用

暑い夏ともなれば、エアコンは必須です。猫のためという以前に、人間もエアコンがないと辛すぎます。なかにはエアコンが苦手だったり、冷えすぎてしまって体調不良になってしまう場合もありますが、設定温度を高めにしたり、風の向きを変えるなどして、エアコンを上手に活用しましょう。

ちなみに、猫の夏の適正温度は、約26℃~28℃です。人間には少し暑いかもしれないので、その前後は許容の範囲です。また、猫は温度よりも湿度の管理が大事です。猫は湿度を嫌います。なので、湿度は約40~60%の湿度を保つように、湿気の多い夏場は冷房よりも除湿やドライ機能の方がおススメです。

また、冷たい空気を一定箇所に集めないために、サーキュレーターや扇風機も一緒に活用するとより効果的です。サーキュレーターや扇風機で空気を循環することで、室内の温度のバラつきをなくし、電気代も安く済みます。

水の飲み場を増やす

元々はあまり水を飲まない猫ですが、水を飲まないと尿が凝縮されて、腎臓に負担を掛けます。猫の腎臓はとても小さく、様子がおかしいと思って病院に連れて行ったころには、約75%ほどの機能が失われているそうです。一度失った機能を元に戻すのは不可能であり、そのまま余命宣告を受ける、というケースもあります。そうならないように、水を飲まない猫とはいえ、たくさんの水を飲んでもらうように、飼い主の皆さんは日々工夫をされていると思います。

その状態で、夏を迎えたときに起こりうるのが「脱水」です。元々飲まない性質に加え、汗や尿で水分が出てしまうと、猫にも脱水症状が現れます。夏バテの原因にもなりますし、腎臓病予防のためにもとにかくお水をたくさん飲んでもらいたい!

ですので、水飲み場を多く設置してあげましょう。猫が飲水しやすい環境を作り、脱水や腎臓病の予防に繋げましょう。

部屋に寒暖差をつける

猫は快適な場所や寝床を探すのが上手な動物です。寝床がいくつもあったり、コロコロと居場所を変えたりする場面を見かけたこともあると思います。あれはまさに快適な場所を探した証拠です。自分で快適な場所を探すなんて、猫は本当に賢いですよね。しかし、そんな猫でも、部屋中が寒すぎてしまうのは苦手です。家中がキンキンに冷えてしまうと快適とは思ってくれません。

なので、部屋に寒暖差をつけてあげましょう。猫は自分で涼しいところを選び、逆に寒すぎたら温かい場所に移って居場所を決める天才です。ちょっと暑いと思ったらグルーミングをし、寒いと思ったら温かい場所に移動する、これらをさせてあげられるよう、涼しい場所と温かい場所を設置してあげましょう。

例えば、エアコンをつける部屋とつけない部屋だったり、居室が1部屋しかない場合は、毛布やもぐれる物を置くなどして、エアコンがついていても猫が暖を取れる場所を作ってあげれば、あとは自分で選んでくれます。

くれぐれも、エアコンのない部屋に閉じ込めないようにしてください。エアコンのない部屋はサウナ状態です。これは人間でも危険です。うっかりして閉じ込めてしまうなんてことのないように、家を留守にする場合には、猫を閉じ込めていないか必ず確認するようにしましょう。

猫に直射日光をあてない

猫には適度な日光浴が必要です。日光を浴びることにより、菌やウイルス、ダニなどの寄生虫が増えるのを抑える働きがあるほか、湿気がある場合には、日光浴で体表面の水分を蒸発させることができるからです。それ以外にも、日光によって暖かくなって気分が良くなったり、リラックスしたりという、人間と同じような効果があるといわれています。

しかし、あまりにも暑い場合には、その日光は危険なものに変わります。人間が強い日差しを浴びた場合、日焼けをしたり、皮膚になんらかのトラブルを生じますが、それは猫も同じことです。いくら被毛で覆われているからといっても、耳の先や耳の裏側、目の下、鼻周り、唇周り、下顎など、被毛が少ないところは皮膚炎といった炎症を起こします。特に毛色が白い部分に起こりやすいようで、白や三毛、黒白の猫は注意が必要です。


猫が皮膚炎になると、皮膚が赤くなりフケが増える程度の軽症から、皮膚が腫れたり、毛が抜けたり、出血したりする重症にまで及びます。

なので、直射日光をあてないように、カーテンで光を遮るようにしましょう。閉め切ってしまうと適度な日光浴ができなくなるので、時間を決めて開閉したり、1日で一番日光が強いとされる時間だけ閉めるようにするなどして、上手に調整をしてあげましょう。

ただし、猫とカーテンといえば、ボロボロになるのが必至です。我が家も何度もボロボロにされて、お気に入りのカーテンも無残な姿になりました。それからはホームセンターの激安カーテンに変えましたが、ちょうどいい感じで爪が入りやすいレースのカーテンは格好の餌食です。これでは、せっかくの配慮も台無しです。

そういったことから、ロールスクリーンに変えるお宅も増えてきています。これならば登られることもボロボロにされることもないですし、見た目にもオシャレで良い感じですよね。日光を遮るのにも、従来のカーテンよりも断然効果的といえます。

猫のおすすめの暑さ対策【グッズ編】

Photo by Kent Wang

エアコンや日光といった環境面以外でも、猫の暑さ対策は可能です。最近はペット専用の暑さ対策グッズが多く販売されており、大変便利かつ重宝です。

その中から、今回は10商品を厳選してご紹介します。

暑さ対策グッズ① サーキュレーター

エアコンが苦手な猫は、その風を嫌う傾向があります。だからといって止めてしまうと暑いですし、我々人間にとっても死活問題です。そもそも、夏の暑い空気は上に溜まりやすく、ジメっとした湿気は下に溜まるといわれています。これを循環させることで、涼しい風と暖かい風が部屋中でまんべんなく混ざって快適になります。快適になったことでエアコンの設定温度を少しあげても、不快は感じず、さらに電気代もお安くなります。

この循環の役割を果たすのが、サーキュレーターです。最近はオシャレなデザインのものも登場して、値段も割とお手頃です。エアコンとサーキュレーターの組み合わせを上手に活用することで、「冷えすぎない・寒すぎない」お部屋になることでしょう。

サーキュレーターがなくても、扇風機でも代用可能です。最近はDCモーターの扇風機が販売されていますので、サーキュレーター同様の効果を得られます。

暑さ対策グッズ② ひんやりベッド

猫にも好みがあるようで、我が家の猫は冷感モノでいうと、こういったベッドが好きなようです。ひんやりマットなどもありますが、ひんやりマットだとあまり使ってくれません。猫はこだわりが強い動物なので、気に入るものが見つかるまでは色々と試してみましょう。

暑さ対策グッズ③ 大理石ひんやりマット

天然大理石を使用したひんやりマットです。中には、保冷能力の高い「フリーザーアイスハード」が収納されていて、大理石を長時間冷やしてくれます。フレームには、香りの良い天然木を使用しているため、リラックス効果も期待されます。

保冷剤の取り外しは簡単なので、お手入れもラクチンです。従来の布のひんやりマットよりも、大理石がとっても豪華に見えます。

暑さ対策グッズ④ 冷却プレート

ペット用の冷却プレートです。熱伝導性が高い純アルミ製を使用し、硬く、傷がつきにくいのが特徴です。0.2cmの薄さで、収納もラクチン。水洗いもOKなので、粗相や汚れたときのお手入れも簡単です。日本製なのがうれしいですね。

暑さ対策グッズ⑤ にゃんこのひんやり座布団

見た目にも可愛くて涼しげな猫用ひんやり座布団です。接触冷感生地が使用され、猫が座りたくなるようなラウンドステッチ型が採用されています。

暑さ対策グッズ⑥ ひんやり猫鍋

猫の定番「猫鍋」の冷却タイプです。夏バテ対策にピッタリのアルミ製で、汚れがつきにくいアルマイト加工がされているため、お手入れが簡単です。水も電気も使わないので、安全で経済的な商品です。ただし、熱伝導が良いため、高温の場所での使用は禁物です。

暑さ対策グッズ⑦ ペットひんやりハウス

このペットハウスは、電気を使わないエコハウスです。保冷剤をハウスの中に入れるだけなので、とっても経済的です。エアコンと違って、保冷剤からちょうどいいひんやりさが出るため、猫にとっても寒すぎず、涼しい環境で休むことができます。猫が大好きな小さ目な箱サイズなので、見た目にも可愛くて重宝しそうですね。

暑さ対策グッズ⑧ ロールスクリーン

暑さ対策【環境編】でご紹介したロールスクリーンです。専用フレームが必要になりますが、遮光性も抜群な上、見た目もシンプルでスッキリしています。これなら猫にボロボロにされないで済みますので、長い目で見たら経済的だと思います。我が家でも導入予定です。

暑さ対策グッズ⑨ ヘルスウォーターシリーズ(水飲みボウル)

「ヘルスウォーター」シリーズの器は、2億8千万年前の地層から産出した、天然希土類元素の成分を含んだ鉱物と、バイオセラミックスを焼成して作られた人工機能石を素材に、約1,100度の高温で焼成された陶器でできています。あまり水を飲まない猫でも、これなら飲んでくれると評判のボウルです。

暑さ対策グッズ⑩ 夏用ハンモック

ケージの中でハンモックをお使いのお宅も多いかと思いますが、こちらは夏に最適なメッシュ素材のハンモックです。物によっては両面リバーシブルになっていて、表と裏で夏冬に使い分けることができるハンモックもあります。

暑さ対策グッズ おまけ

猫の暑さ対策には、100均で売っているようなアイスノンも有効です。アイスノンを使用する場合、直接肌につけると冷えすぎたり氷に被毛がくっついてしまうので、タオルで巻いたりするなどして、直接触れないようにしてください。同じく100均で売っている保冷材も同様です。人間用の冷却効果があるものは、工夫すれば猫にも使えます。

猫の暑さ対策 まとめ

Photo byMimzy

今回は、「猫のおすすめの暑さ対策10選を紹介!対策グッズで暑い夏を乗り越えろ」ということで、猫の暑さ対策についてお伝えしました。

行動範囲が狭く、飼い主の管理のみで暮らす室内飼いの猫にとって、日本の暑い夏を乗り越えるには、飼い主さんの徹底した対策が重要です。

猫は人間よりもとっても小さい生き物です。人間にとってはなんてことないことでも、猫にとっては重大であり、判断を誤ることによって、その大切で小さな命を失うことになりかねません。いつまでも、猫と飼い主が幸せに暮らせるよう、飼い主としての責任を果たし続けましょう。猫を夏バテ・熱中症から守りましょう!
 

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking