リビアヤマネコってどんな猫?イエネコの祖先のリビア猫に迫る!

リビアヤマネコってどんな猫?イエネコの祖先のリビア猫に迫る!

皆さんは「リビアヤマネコ」ってご存知ですか?猫について調べていると必ず遭遇するこの名前ですが、実はこの「リビアヤマネコ」は、我々の身近にいる猫、つまり「イエネコ」の起源であるといわれています。今回は、そんな「リビアヤマネコ」について探っていきたいと思います。

ポット
ライター

ポット

2015年9月生まれのきょうだいハチワレと共に暮らしています。この子たちの存在は何よりの活力です。そのパワーがあふれ出し、2017年12月に「愛玩動物飼養管理士2級」を取得。猫だけじゃなく、愛玩動物といわれペットについて少しでもお役に立てればと思っています。

記事の目次

  1. 1.リビアヤマネコってどんな猫?
  2. 2.イエネコの祖先!リビアヤマネコが人と暮らすようになった経緯
  3. 3.まとめ

リビアヤマネコってどんな猫?

Photo bySchwoaze

一般的に猫は、ヨーロッパヤマネコ(山猫)が家畜化されたイエネコ(家猫)であり、人間によくなつくため、犬と並び、ペットとして世界中で広く飼われています。そんな猫=イエネコの起源とされているのが、本日ご紹介する「リビアヤマネコ(リビア猫)」です。

リビアヤマネコは、英語で「African Wildcat(アフリカンワイルドキャット)」、もしくは「Dsert cat(デザート・キャット/砂漠の猫)」と呼ばれているように、「リビア」という国がある北アフリカや、アラビア半島の砂漠地帯に多く住んでいます。また、リビアヤマネコは、ヨーロッパ大陸に生息する「ヨーロッパヤマネコ」の亜種でもあります。

ちなみに亜種(あしゅ)とは、生物分類上の一階級のことです。
(例)トラ⇒アムールトラ・ベンガルトラ・スマトラトラ・ジャワトラなどに分類するなど。

ヤマネコの種類

リビアヤマネコ以外にも、

  • ツシマヤマネコ
  • イリオモテヤマネコ
  • オオヤマネコ
  • ヨーロッパオオヤマネコ
  • ベンガルヤマネコ
など、世界中に約30種がいるといわれています。

リビアヤマネコの画像

上の画像を見てわかるように、パッと見、普通のイエネコと変わらないよに見えます。
しかし、イエネコよりも足が長く、尻尾も細くて長いのが特徴と言われています。

大きさ

リビアヤマネコの大きさは、体長45-80cm、体重3-8kg、尾長は30cmほどであるといわれています。
前述したように足が長いため、座った姿勢や歩き方に特徴があるようです。

鳴き声

リビアヤマネコは、大人になると単独で生活します。

そのうえで、いくら広大な砂漠や生息地であっても、鳴いてしまうと敵や獲物に見つかってしまうため、鳴く機会はほとんどなかったといわれています。なので、あまりリビアヤマネコが鳴いている動画は見つかりませんでしたが、リビアヤマネコの動画自体はありましたのでご紹介します。

こうやって動く姿を見ていても、やはりイエネコ、つまりペットや身近にいる猫とほとんど差を感じません。
よく見るととっても可愛いですし、それでいてなんといいますか、やはり「祖先」ということで、尊い気持ちにもなりますね。

性格

そもそも、リビアヤマネコがイエネコの祖先と考えられるようになったのは、2007年に行われたDNAの解析がきっかけです。しかし、それ以前からもイエネコの祖先はリビアヤマネコではないかと推測されてきました。その理由は、顔などの見た目の変わらなさと、リビアヤマネコが持つ「性格」が関係しています。

元来、野生の猫というのは、幼猫のときから育てても、野性味が抜け切ることはなく、人間になつくのは難しいといわれています。しかし、リビアヤマネコの場合は、人間に育てられると人間に懐くという性質を持ち、そのことが、猫の家畜化・ペット化に繋がったと推測されます。人間を恐れず、農作物をねずみから守ったり、人間を癒すペットになったのも、ほかの野生猫よりも警戒心が薄かったため、と考えられます。

なので、リビアヤマネコの性格は、ほとんどイエネコと変わらないといえます。
ペットの猫と同じように接すれば、リビアヤマネコもスリスリと甘えてくるかもしれません。

寿命

いくらイエネコの起源だからとはいえ、飼育下ではないリビアヤマネコの寿命は、そんなに長くないと思われます。一般的に、野良猫の寿命が3年から5年と言われているので、野生のリビアヤマネコも同じぐらいではないでしょうか。

しかし、リビアヤマネコも飼育可能なので、飼育下であれば、ペットの猫と同様の寿命であると考えられます。なお、飼育下で小型の場合で7~13年、大型で18~21年とのことです。

猫の平均寿命は何歳?飼い方・性別・種類によって異なる寿命を紹介!のイメージ
猫の平均寿命は何歳?飼い方・性別・種類によって異なる寿命を紹介!
猫を飼っている人なら誰でも、愛猫がどれくらい生きるのか気になりますよね?猫は猫でも、野良猫や飼い猫、品種や性別によって平均寿命は変わってきます。ここでは、それぞれの平均寿命と、長生きさせるためのポイントなどを紹介していきます。

生活

リビアヤマネコは、獲物を捕獲するために、主に夜間に活動しています。なので基本的に夜行性ですが、朝夕にも活動しています。実はこれ、イエネコも同じでして、猫は夜型と一般的には思われがちですが、「薄明薄暮性」といって、猫がもっとも活動的なのは夕暮れと明け方です。日が沈むころ、ネズミなどの小動物が動き出し、日が昇るころには鳥が活動し始めます。つまり、どの時間帯も猫にとっては狩りに適した時間帯です。

その状況で、リビアヤマネコは狩りをします。リビアヤマネコの耳は、イエネコよりも少し大きいため、聴覚も非常に優れています。そして待ち伏せ型の狩りをし、忍耐強く獲物を待ちます。狩りの獲物は小動物や鳥、爬虫類、虫などです。砂漠地帯に住んでいることもあり、リビアヤマネコはほとんど水を飲みません。最低限の水分は捕獲した獲物などから摂取します。

猫が水をあまり飲まない、という性質は、このリビアヤマネコから由来しています。
どうりで、、、と納得な感じがしますよね。

イエネコの祖先!リビアヤマネコが人と暮らすようになった経緯

ここまで、リビアヤマネコについてご紹介してきました。
特徴、大きさ、性格など、あまりイエネコと変わりはないことがわかりましたね。

特に人に慣れやすい・なつくことのできる性格は、その後のリビアヤマネコ⇒イエネコという変化ももたらしました。
リビアヤマネコがいなかったら、今のイエネコ、つまり猫、ペットの猫は存在していなかった可能性もあります。
なので、猫と暮らし、猫に癒しをいただいている私にとって、リビアヤマネコはまさに「神様」のような存在です。

最後に、リビアヤマネコがイエネコとなり、人と暮らすようになった経緯を詳しくご紹介します。

Photo byFree-Photos

リビアヤマネコが人と暮らすようになった経緯

リビアヤマネコと人が暮らすようになった経緯・理由は、人間の農耕が盛んになったことが関係しています。リビアヤマネコの生息地域である北アフリカや中東地帯は穀倉地帯であり、穀物を荒すネズミなどの小動物も集まっていました。

それを捕食し、駆除してくれたのがリビアヤマネコでした。そのため、人々はリビアヤマネコを大切にするようになり、そこから人間との共生が始まったといわれています。

ペットになったのは古代・エジプトから

ネズミなどの捕食という目的以外にも、そもそもの可愛らしさから愛玩動物、つまりペットとして飼われるようになったのは、古代・エジプト時代からといわれています。リビアヤマネコから派生し、約4,000年前の古代エジプト時代に「イエネコ」という猫種として固定化されたようです。それを証拠に、エジプトの壁画には、よく猫の絵が描かれています。猫のミイラも発見されています。

エジプトでは、猫は「神の使い」として大事にされ、「バステト」という猫の女神もいるほどです。

このように、ネズミを駆除するという役割だけではなく、猫の持つ可愛さやなつく行動に魅かれ、ペットとして猫を飼うようになったことがきっかけとなり、猫自身も野生さがどんどんと減少し、人間と共生するようになった、というのがリビアヤマネコ⇒イエネコの流れです。

ちなみに、日本に初めて猫が現れるのは、弥生時代からといわれています。長崎県壱岐市勝本町にある弥生時代の遺跡「カラカミ遺跡」から、イエネコの骨格と酷似した大腿骨などの資料12点が出土されています。当時、この地方にヤマネコがいた形跡はないことから、日本初の猫はこのイエネコだと言われています。

まとめ

Photo byHE1958

今回は、リビアヤマネコについてお伝えしてきました。いかがでしたか?

イエネコ、つまり猫の起源・祖先といわれているリビアヤマネコですが、さきほども述べたように、リビアヤマネコがいなかったら、今の猫との暮らし、猫を取り巻く環境は全然違うものでした。

我が家の甘々でベタベタな猫たちを見ていると、リビアヤマネコの人への懐き方もこうだったのかな?と、想像すると思わず笑顔になり、それと同時に、リビアヤマネコには感謝の気持ちでいっぱいです。

関連記事

Article Ranking