サイベリアンとはどんな猫?特徴・性格・値段・画像を紹介!

サイベリアンとはどんな猫?特徴・性格・値段・画像を紹介!

サイベリアンとは、どんな猫なのでしょうか?聞いたことがない人も多いと思いますが、世界中の猫の中でも数少ない高級な猫で、破格の値段が付くことが知られています。ここでは、そのサイベリアンの特徴や性格、値段、そして気になるサイベリアンの画像を紹介していきます。

momokogo
ライター

momokogo

保護猫、捨て猫を中心に現在まで累計9匹の猫を飼ってきました。犬は、里親探しや散歩のボランティアをしていた経験があります。現在は、9kgの猫と一緒にダイエットに励む毎日です。

記事の目次

  1. 1.サイベリアンとはどんな猫?
  2. 2.サイベリアンの性格
  3. 3.サイベリアンの値段
  4. 4.サイベリアンの飼い方
  5. 5.サイベリアンで気をつけたい病気
  6. 6.まとめ

サイベリアンとはどんな猫?

サイベリアンとはどんな猫なのか、とても、気になりますよね。ここでは画像とともにその大きさや毛色などの特徴を紹介していきます。

画像

サイベリアンは、大型で筋肉質、寒さに耐えられるように全身が厚い毛に覆われています。ロシアの森で生まれたので、サイベリアンフォレストキャットとも呼ばれています。

ずっしりとした肉体が、とても貫禄があって魅力的ですよね。

子猫

こちらはサイベリアンの子猫です。生まれてからわずか数日で、長毛種特有のふわふわとした綿毛のような毛に包まれていきます。つぶらな瞳がとてもかわいいですね。

成猫

こちらは、サイベリアンの成猫です。寒さに耐えられるように、トリプルコートの毛でしっかりと包まれています。体格も丸っこくて、ずっしりとした肉体はまるで横綱!その貫禄溢れるりっは体格も魅力的です。

歴史

サイベリアンは、ペルシャやアンゴラと同じ祖先を持ち、AD1000年以上前に現ロシアシベリアの森で自然発生したと言われていますが、その起源は定かではないようです。

1980年代に入ってから、ペットの飼育環境は徐々に改善して繁殖も盛んに。1993年にようやくサイベリアンはアメリカに渡り、ブリーダーたちによって育種がスタートしたそうです。

ノルウェージャンとの違い

とてもよく似ているノルウェージャンとサイベリアンですが、頭の形に違いがあります。また、体型も大きく違いがあって、のジャンよりサイベリアンの方がより丸い体つきなのと、体毛がとても珍しいトリプルコートだというところにも違いがあります。

こちらがノルウェージャン。サイベリアンよりも顔がしゃーぷてほっそりとした感じに見えます。

大きさ

サイベリアンの体重は、大人の猫でおよそ4.5キロ〜9キロほどです。個体差はありますが、メスよりもオスの方が大きくなる傾向にあって、オスは時に10キロを超えることもあるようです。

体長も、立ち上がると子供の身長くらいになるほど、大きく成長していきます。

特徴

サイベリアンの特徴は、なんと言ってもダブル〜トリプルコートの分厚くて長い体毛を持ち、たくましい筋肉と脂肪を兼ね備えた見事な体格であることです。

頭も大きく、丸くて広い顔、長い尻尾を持っているのも特徴です。サイベリアンは、メインクーンよりもやや小さい感じの猫だというと、わかりやすいかもしれません。

鳴き声

サイベリアンの鳴き声は、見た目とは裏腹に、とても静かで穏やかです。かわいい小さな声で鳴くのが特徴です。サイベリアンフォレストキャットの別名を持つだけあってか、森の中で静かに生きるイメージが湧きますね!

大きな体に小さな鳴き声、これもまた魅力のうちの1つです。

毛色の種類

サイベリアンは混合種のため、毛色の種類は様々で、とてもバリエーションが豊かです。全身白や黒と言った、単色の毛色を持つ猫がいれば、ベースとなる色にトラ柄や縞模様が入ったパターンもあり、また、シャム猫のように顔の真ん中だけ黒い毛色を持つ猫もいます。色によって価格が違うのも特徴です。

シャム猫はどんな性格なの?特徴や値段・価格と共にご紹介!のイメージ
シャム猫はどんな性格なの?特徴や値段・価格と共にご紹介!
美しい毛並みから優雅な印象を持つシャム猫。もともとはタイの王族しか飼うことができないほど、高貴な猫でした。一見クールな印象なのに、甘えん坊で可愛らしい一面も持ち合わせるシャム猫の性格や特徴、寿命から気を付けるべき病気までわかりやすく解説します。

サイベリアンの性格

サイベリアンのは、賢くてとても辛抱強く、かつ温厚で従順な性格を持つ猫です。縄張り意識がとても強い猫なので、敵だと認識した相手に対しては冷淡で攻撃的な部分を見せたりしますが、家族に対しては愛情深いと言われています。

サイベリアンの値段

サイベリアンの値段は、およそ20万円〜60万円前後だと言われています。日本ではまだまだ珍しいので、他の品種よりはかなり高い値段が付けられています。

その値段ですが、血統書や年齢、性別によって差がありまして、オスよりもメスの方が高値で販売されるようです。
また毛色によって値段も変わってきますので、ブリーダーやショップの店員にしっかり相談してみると良いでしょう。

ではここで、人気の毛色を5つ、価格も併せて見ていきます。

  • 1位 ブラウン系 約42万円
  • 2位 レッド系 約37万円
  • 3位 クリーム系 約56万円
  • 4位 ホワイト系 約39万円
  • 5位 シルバー系 約67万円
いかがでしょうか?上記の色区分の中でもまだ細かいバリエーションがあるので、ショップでお気に入りの子を見つけるのも楽しいでしょうね。

サイベリアンの飼い方

サイベリアンは、しっかりとした足腰を持った大きな体をしているので、高いところにも好んで登ったりします。飼うとしたら充分な運動量を確保できる広さと高さがある場所が必要になるでしょう。

一方で、サイベリアンはとても賢いのでしつけは楽、留守番もできます。しかし、水を怖がらないので、水回りの安全には注意を払う必要があるでしょう。お風呂に落ちたり、観賞魚を取ったりしないように、気をつけないといけませんね。

長毛種は抜け毛が多いですが、分厚い毛も、定期的にしっかりブラッシングしてあげると抜け毛を予防することができます。

更に、サイベリアンは他の猫と比べて猫アレルギーが起こりにくいと言われています。飼育環境を整えて、管理をしっかりすればサイベリアンはとても飼いやすい猫だと言えるでしょう。

サイベリアンで気をつけたい病気

サイベリアンに多い病気は、「ピルビン酸キナーゼ欠損症」と、「子宮蓄膿症」の2つです。

ピルビン酸キナーゼ欠損症は、赤血球にあるピルビン酸キナーゼという酵素が欠損するため、貧血になってしまう病気です。遺伝子検査や骨髄移植といった検査や治療は、日本国内でもできるそうです。

子宮蓄膿症は、メス猫の子宮に炎症が起きて膿がたまる病気です。サイベリアンは他の猫に比べて、子宮蓄膿症の発症率が高いことも報告されています。治療は、ホルモン剤の投与や子宮摘出がありますが、繁殖の希望がなければ早い段階で避妊手術をすることで予防ができます。

まとめ

最近では、サイベリアンのブリーダーも増えてきて、国内のペットショップでもサイベリアンを販売しているところが多くなりました。もっと詳しく知りたい、血統を詳しく教えてほしいなどという方は認定を受けているキャッテリーもいますので、そちらに問い合わせてみると良いでしょう。

サイベリアンのことを知れば知るほど、惹かれていきますよね。是非ともペットショップやブリーダー、キャッテリーのところに足を運んで、サイベリアンに会ってみてください!

関連記事

Article Ranking