初心者に人気の室内犬のおすすめランキングTOP11をご紹介!

初心者に人気の室内犬のおすすめランキングTOP11をご紹介!

この記事を見ていただいているということは、あなたも犬が大好きなうちのお一人だと思います。ただ、犬は好きだけど飼い方がわからない、飼いたいけどなるべく飼いやすい犬がいいと考えていませんか?室内で飼いやすい犬種をランキング形式でご紹介いたします!

飼いやすい室内犬を知りたい

キャバリア
Photo byFran__

犬は素晴らしいパートナーであり、家族でもあります。

ただ、犬の一生を面倒見なければならないとなると、どの犬種を飼えばいいのか少し躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか?

そこで、可愛くて飼いやすいおすすめの室内犬を、Petfull独自の目線でご紹介します!今回の飼いやすい目安として、しつけのしやすさ・性格、抜け毛の少なさを重点的に考えています。

初心者に人気の室内犬のおすすめランキングTOP11

それでは11位から順番に初心者に人気の室内犬でおすすめのランキングをご紹介していきます。

11位 柴

柴
Photo byzimt2003

日本犬の代表格でもある柴。

後ろ姿がとても可愛いですよね。飼い主に対して大変忠実であり、飼い主を守るためなら危険な相手にも立ち向かいます。そのため、柴は外飼いで飼われることが多い犬種でした。

しかし最近では、家族に対して愛情深い性格から室内犬として飼われることが多いです。利口であるためしつけもしやすいです。

一方で頑固な一面もあるため、しつけはアメとムチをしっかりとすることが必要です。特に柴の顎の力は強く、噛みついたら首を振る習性があるため、絶対に噛み癖はつけないようにしましょう。

抜け毛はそこそこあるため、コミュニケーションの一環としてラバーブラシでブラッシングをしてあげましょう。

10位 ウェルシュコーギーペンブローク

コーギー

コーギーの愛称でおなじみのウェルシュコーギーペンブローク。

短い足でよちよりと歩く姿はとても癒されます。遊ぶことが大好きで運動量豊富であるため、フリスビー等の大会で見かけることも多い犬種です。

飼い主に対してはとても甘えん坊であるため、甘えさせ過ぎないようにする必要があります。
頭が良いためしつけはしやすいでしょう。

抜け毛はあるため、定期的にラバーブラシでブラッシングをしてあげると効果的です。
キツネのような顔立ちでとても愛らしい犬種です。

9位 パピヨン

パピヨン
Photo bySergVG

大きな耳が特徴的なパピヨン。

パピヨンは長毛であるにも関わらず抜け毛が少なく、体臭も気になりません。定期的なブラッシングとシャンプーで、サラサラの被毛を保つことができるでしょう。

ただ、パピヨンは吠え癖があることが多く、室内犬として飼うにはしつけを行う必要があります。
しつけをしっかりと行わないと、近隣とのトラブルになる可能性もあるため、吠え癖には特に気を付けましょう。

8位 キャバリアキングチャールズスパニエル

キャバ
Photo byMAGAKdesign

大変人懐こく、他人とも上手に接することができるキャバリアキングチャールズスパニエル。

吠え癖も少なく、まさに「ペット」として理想的な犬種です。

優雅な見た目と甘えん坊な性格のギャップは、飼い主をメロメロにしてしまうでしょう。
老若男女に人気の犬種です。

7位 マルチーズ

Maltese

純白のきれいな被毛が特徴的なマルチーズは、室内犬として適している犬種です。

大変利口であり、飼い主との散歩が大好きです。小型犬の中でもかなり小さく、マンション等でも育てやすいでしょう。

ただ他人に対しては警戒心が強く、相手に対して威嚇のために吠えてしまうことがあります。
しっかりとしつけをすることで、無駄吠えのない犬に育ってくれるでしょう。

そのきれいな被毛は、放っておくとどんどん伸びてしまいます。きれいなサラサラの被毛を保つために、定期的なトリミングは必須です。

ちなみに個人的な意見ですが、マルチーズのしっぽのフサフサの被毛をカラーリングする人がいますが、純白のほうが可愛いですし、マルチーズの身体のことも考えて避けてあげたほうが良いかもしれません。

6位 ミニチュアダックスフンド

ダックスフンド
Photo bycongerdesign

胴長短足の身体が特徴的なミニチュアダックスフンド。大変おっとりとした性格で、飼いやすさとしてはかなり飼いやすい犬種であると言えます。

無駄吠えも少なく遊び好きで、特に女性に人気がある犬種です。胴長のためヘルニア等には気を付ける必要があります。一緒に遊ぶ際は高くジャンプをさせるようなことはしないようにしましょう。

被毛のカラーと長さは様々であるため、自分好みのミニチュアダックスフンドを探してみることをおすすめします。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking