猫はどうやってエンジンルームの中に入るのか?対策方法をご紹介!

猫はどうやってエンジンルームの中に入るのか?対策方法をご紹介!

猫がエンジンルームに入ってしまうことがあるのを知っていますか?そしてそれはとても悲しい事故を引き起こす原因になります。何故猫がエンジンルームに入ってしまうのか?どうやって侵入してしまうのか?対策や対処法を学んで悲しい事故を未然に防ぎましょう。

猫は車のエンジンルームに入ってしまう

猫がボンネットの上でゴロゴロ昼寝しているのは街中でよく見かける光景ですね。

轢いてしまわないように出発の時は車の下を確認する方もいます。それでは猫が車のエンジンルームに入ってしまうことがあるのをご存知でしょうか?

そしてその場合、対処法を失敗すると不幸な事故に繋がることがあります。

今回は事故を未然に防ぐために、対策方法を学んでいきましょう。

猫がエンジンルームに侵入することでの事故

Photo byemkanicepic

深夜から早朝にかけて寒さが厳しい冬、寒さを凌ぐ場所として外で暮らしている猫がエンジンルームへ入り込んでしまうことがあります。

この際にエンジンルームに猫が入り込んでいることに気付かずに車を発進させてしまう事故が増えています。

外にうまく逃げることが出来なかった猫がエンジンの熱やエンジンベルト、タイヤに巻き込まれて最悪の場合死に至るケースも多いです。

乗車している側としては、なかなか気付かない場合もあり、エンジン音の異変や異臭などで気付く場合もあります。
事故が起きた場合、車にも異常を来たす場合もあるので猫や人間の命を守るためにも未然に対策を施すことが重要です。

猫がエンジンルームに入る理由

それでは何故、猫はエンジンルームに入ってしまうのでしょうか?

1:暖を取るため

エンジンを止めたばかりのエンジンルームは熱を持っているので、寒がりの猫には暖を取るにはうってつけの場所なのです。

猫がボンネットの上や、車の下が好きなのも同じ理由ですが、空気や地面に触れている部分が多いので小さな空間のエンジンルームの方が冬は暖かくいられます。

2:狭くて暗い場所だから

エンジンルームは猫にとって細かく仕切られている個室のような場所です。

暗くて狭い場所が好きな猫にとってはエンジンルームがリラックス出来る秘密の隠れ家のようなものなのかもしれません。家猫も袋の中や家具の陰にいることを好むことが多いので猫にとって狭くて暗い場所は落ち着く寝床なのでしょう。

どうやってエンジンルームの中に入るのか?

ボンネットが閉じられている車でも猫は車の下からエンジンルームに入ることが出来ます。
部品と部品の小さな隙間から入ってしまうのはさすが身体のやわらかな猫といったところですね。

猫がエンジンルームに入らないようにする対策

それでは猫がエンジンルームに入ることでの不慮の事故を未然に防ぐための対策についてご紹介していきます。

1:忌避材を撒く

車の周りに忌避剤を撒きましょう。忌避剤には植物性由来でワサビやハーブなどで出来ているものもあります。
このタイプは動物が間違って口にしても死ぬことはないのでおすすめです。

アース製薬 アースガーデン ネコ専用のみはり番 1000g

参考価格: 720円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon1,296円
楽天720円

2:超音波発生器を置く

人間には聞こえないけれど、猫や犬などの動物には不快に感じる音を発生します。電池タイプのものや、ソーラー電池内臓のものもあるので自宅状況に合わせたものを使用しましょう。

VOLADOR 猫よけ 動物撃退機 獣害退治 ソーラー充電&超音波式 IP44防水タイプ 野良猫退治 12ヶ月安心保証 日本語取扱説明書付属

参考価格: 2,680円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,680円

3:キャットカットを置く

樹脂やプラスチック製のツンツンした剣山のような形状のものです。
車の周りに置くことで、猫の通り道を邪魔して車付近への侵入を防ぎます。

丸萬 キャットカット 6枚入り

参考価格: 699円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon1,028円
楽天699円

猫がエンジンルームにいるかもしれない時の対処法

猫がエンジンルームにいる可能性がある時、どうやって対処すればいいのでしょうか。

ボンネットを開けて確認する

ボンネットを開ければエンジンルームに猫がいるか確認できます。その際にはいなかったとしても、何か猫がいた形跡があった場合は今後エンジンルームに侵入されないように対策を練りましょう。

エンジンをかける前に音を出す

エンジンをかける前に猫に対して警告してあげることがおすすめです。

  • 数回ボンネットを叩く
  • 軽くクラクションを鳴らす
  • 音を立ててドアを閉める
  • 声をかける
このようなことをすると、猫に人間が来たということを知らせてあげることができます。

しかし、猫が驚きエンジンルームの奥へと逃げ込む可能性もありますので、気配がするようであればJAFなどのサービスを利用することも視野に入れましょう。

エンジンをかける前に対策しよう

エンジンをかけてエンジン音をかければ猫が驚いて出ていくだろう、と思われる方もいると思います。

しかしエンジンをかけてしまうと中の機器が動き出し、猫にとって大変危険になります。出来るだけエンジンをかける前に対策をしましょう。

いかがでしたでしょうか?

寒い冬には外で暮らしている猫がエンジンルームに入りたくなる気持ちも分かります。

しかし実際エンジンルームの事故が発生すると、尊い猫の命だけでなく車が異常を来たし大事故に繋がる可能性もあります。不足の事故を防ぐためにも猫よけを設置するなどして、エンジンルームに猫を侵入させない対策を施しましょう。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking