猫の鳴き声「ニャーニャー」は日本だけ?英語や世界各国での表現を紹介

猫の鳴き声「ニャーニャー」は日本だけ?英語や世界各国での表現を紹介

猫の鳴き声は、日本ではニャーニャーですよね。英語ではミューミュー、もしくはミャオウと、英語の授業で習ったのは記憶に新しいですよね。それでは、その他の国では何と表現するのでしょうか?世界各国の猫の鳴き声を詳しく見ていくことにしましょう。

momokogo
ライター

momokogo

保護猫、捨て猫を中心に現在まで累計9匹の猫を飼ってきました。犬は、里親探しや散歩のボランティアをしていた経験があります。現在は、9kgの猫と一緒にダイエットに励む毎日です。

記事の目次

  1. 1.猫の鳴き声「ニャーニャー」は日本だけ?英語では?
  2. 2.英語をはじめとする、外国語の猫の鳴き声
  3. 3.子猫がゴロゴロいうのを英語でなんと言う?
  4. 4.まとめ

猫の鳴き声「ニャーニャー」は日本だけ?英語では?

Photo byTy_Swartz

猫の鳴き声は、日本だと「にゃーにゃー」ですが、英語だとどうでしょうか?英語の授業で習ったのを思い出すと、確かミューミューとか、ミャウミャウだったような。

猫だけでなく、犬や鶏の鳴き声も、英語だと違った表現ですよね!同じ鳴き声なのに、聞く国によって言い方が違うのはとても面白いと思いませんか?

下記のサイトで詳しく解説していますので、興味のある方はご覧になってください。

のイメージ
ワンワン!犬の鳴き声は英語だと何と表現する?他の鳴き方も併せてご紹介!
日本語と英語で発音する犬の鳴き声にはかなり違いがあります。ではどんな表現方法があるのか、英語には日本語にはない面白い犬の鳴き声の種類がいくつかあります。そのことを知らない人が多くいるので英語での狼の鳴き声をなんと言うのか英語のスペルと一緒ご紹介します。

英語をはじめとする、外国語の猫の鳴き声

Photo byKirgiz03

猫の鳴き声は、日本だとニャーニャーですが、世界各国ではどのように表現するのでしょうか?

英語以外はどう表現するのかなど、興味深い雑学ですよね!では、外国語の鳴き方やそのローマ字表記などを詳しく見ていきましょう。

英語の猫の鳴き声

英語は英語でも、イギリスとあめでは猫の鳴き声が違ったふうに表現されるのをご存知でしょうか?

イギリスでは、「meow(ミャウ)」、アメリカでは「mew(ミュー)」と表現されるようです。連続で、ミャウミャウ、ミューミューというケースもあるみたいですね。

英語以外の猫の鳴き声

Photo byFree-Photos

続きまして、英語以外の諸外国で表現される猫の鳴き声を紹介していきます。

フランス語の猫の鳴き声

フランス語の猫の鳴き声は、「miaou(ミャウ)」と表現します。英語とよく似ていますよね。こちらも、ミャウミャウと連続でいうケースもあるようです。

ロシア語の猫の鳴き声

ロシア語では、「мяу(myau/ミャーウ)」と表現されます。ミャーウと聞いたら、なんだか喧嘩をしているオス猫のようなイメージが湧いてきそうですよね。ロシアの猫は、みんなこうやって鳴くのかなと思ってしまいそうです。

中国語の猫の鳴き声

中国では、「喵(miao/ミャオ)」と表現されています。なんだか、世界各国で言葉が違ってもニュアンスは似ていると感じますよね。

イタリア語の猫の鳴き声

イタリア語では、「miao(ミャーオ)」と表現されます。ミャーと長く伸ばすところがイタリア語の特徴ですね。イタリアの猫は、鳴き声が長いのでしょうか。

ドイツ語の猫の鳴き声

ドイツ語では、「miau(ミアォ)」と表現されます。ミアォと、聞こえなくもないですが、発情期のメス猫のイメージが湧いてきそうな感じですね。

韓国語の猫の鳴き声

韓国語では、「야옹(yaong/ヤオン)」と表現されます。ヤオンなんて、面白い響きですよね。こちらも、発情期のメス猫の鳴き声をイメージさせられるような感じです。

子猫がゴロゴロいうのを英語でなんと言う?

Photo byQuangpraha

子猫やリラックスしている猫が、低くゴロゴロと音を出すのは、「purr」 と表現します。発音は /pə:/ 。

プルプル、プルプルと言った感じですね!ちなみに、purrは音を表し、purringは動詞にも使うようです。

フリー写真素材ぱくたそ

まとめ

Photo byTeamK

いかがでしたでしょうか?同じ猫の鳴き声でも、国によってこんなに違うのはとても面白いですよね。

身近に海外の方がいらっしゃったり、もしくはご自身が海外に行かれた時は、是非とも猫の鳴き声で盛り上がってみてくださいね!

関連記事

Article Ranking