デボンレックスとはどんな猫?性格・大きさを紹介【珍しい猫/ブリーダー】

デボンレックスとはどんな猫?性格・大きさを紹介【珍しい猫/ブリーダー】

みなさんはデボンレックスという猫の名前を聞いたことがありますか?日本ではあまり耳なじみがない名前ですよね。まだまだ珍しいデボンレックスですが、いったいどんな猫ちゃんなのでしょうか?デボンレックスの性格や特徴をまとめました!

にし
ライター

にし

幼少期からとにかく動物が大好きでたまらない。 特にゴールデンレトリーバーと琉金には目がない。 最近はオオハシとイグアナを飼ってみたいと密かに願っている。

記事の目次

  1. 1.デボンレックスとはどんな猫?
  2. 2.デボンレックスの性格
  3. 3.デボンレックスの購入方法と値段
  4. 4.デボンレックスのブリーダー
  5. 5.まとめ

デボンレックスとはどんな猫?

デボンレックスとは1960年代にイギリスで公認となった新しい猫の種類です。

特徴

特徴としては「プードルキャット」とも呼ばれる、その被毛です。

くるくるとカールした、スエードのようになめらかな被毛が最大の特徴といえます。コーニッシュレックスという同じような巻き毛の種類によく似ていますが、見分けるポイントとしてはデボンレックスの方がゆるやかなカールであることでしょう。

もともとコーニッシュレックスと同種として扱われていたのですが、被毛の縮れの遺伝子が違うことがわかり、新しい種として認められるようになりました。

また、小さい顔に大きくピンと伸びた耳を持つのも特徴のひとつです。被毛の種類は巻き毛ということ以外は個体差が大きく、カラーのバリエーションは数え切れないくらい存在します。

写真

子猫

チョコレート&タビーカラーの子猫ちゃんです。
大きな目とお耳がかわいいですね~!

こちらは黒猫のデボンレックスちゃん。
凛としたおすまし顔がとってもかわいらしいです。
デボンレックスは被毛のカラーの豊富さも特徴です!

成猫

くるくるの被毛がよくわかりますね!
本当にプードルのような被毛に見えて、とってもさわり心地がよさそうです。

大きさ

デボンレックスは小柄な猫で、体重は2.5~5kgほどと言われています。

しっかりとした骨格にしなやかな筋肉がついており、ピクシーキャット(妖精のような猫)と呼ばれることもあります。小さな顔立ちにすらりとした体、大きな耳と目が特徴です。

歴史

1960年、イギリスのデボン州の鉱山で、ベリル・コックスという女性が、縮れた被毛のオス猫を発見します。とても珍しい縮れ毛だったので、地元のメス猫と交配させたところ、誕生した子猫たちの中で一匹だけ縮れた被毛の子猫がいました。

その縮れ毛の子猫をカーリーと名づけ、同様に巻き毛が特徴のコーニッシュレックスと掛け合わせましたが、何故か生まれた子猫はすべて直毛の被毛でした。

そのことから、カーリーの巻き毛遺伝子がコーニッシュレックスとは別ものであることがわかり、新種として登録する運びとなりました。種を増やすために、交配する必要がありましたが、巻き毛の個体がいなく、困ったコックス婦人は遺伝子学者に相談し、計画的近親交配をすることとし、種の個体数を増やすことに成功しました。

その後、様々な別種と交配を続け、現在のデボンレックスが誕生しました。

毛色の種類

様々な交配を繰り返されて誕生したデボンレックスは被毛や模様の色が多種多様です。

親子でも全く違う毛色が出る場合もあるそうです。白や黒などの単色で模様がない子もいますし、三毛や縞模様など色々なバリエーションが存在します。

また、基本的には短毛種ですが、ペルシャとの血が濃く出る個体では稀に長毛種も誕生することがあるそうです。

寿命

寿命は一般的な猫と同じ程度で10年~15年くらいです。

とはいっても、他の猫と同様、個体差が大きく、大きく平均寿命を超えて長生きをする子もいます!

のイメージ
猫の人間換算の年齢早見表を紹介!あなたの猫は何歳?
いつもやさしい瞳と泣き声で甘えてくる猫。「そういえばもう何歳?」何突如思うときありませんか?「いつまでも子猫だと思っていた子が、いつの間にか成猫になっている!」「最近寝ている姿しか見ていない・・・。」あなたの猫の人間換算の年齢と年齢別の成長段階をご紹介します。

デボンレックスの性格

デボンレックスの特徴はわかりましたが、それではどんな性格の猫ちゃんなのでしょうか?
飼いやすさもあわせてご紹介します!

賢くて、好奇心が旺盛

デボンレックスはとても賢い猫です。

人の行動をよく見て、色々なことを覚えようとします。おもちゃを取ってくる、お手をする、など覚えてくれるでしょう。

また、人間をはじめ、他の動物にも興味津々で社交性があるので来客や多頭飼いも問題ありません。

かまってちゃんな甘えん坊

デボンレックスはとても遊び好きで、愛情深く、甘えん坊な性格です。

飼い主さんや同居動物のことが大好きになることが多く、子供のいる家庭も多頭飼いも問題ないでしょう。
基本的に寂しがりやなのでいつもそばにいてほしいと寄ってくることが多いです。

感情表現がとても豊かな猫で、肩や膝に乗ってじゃれてくる、なんてことをしてくれるとっても愛らしい猫です。
猫というより犬のような性格なので、ツンケンした気まぐれ猫ちゃんが好きな方よりも、猫ちゃんにたくさん触りたい、猫ちゃんといっぱい遊びたい方に向いています。

いたずら大好き、元気いっぱい

好奇心が旺盛な一面はいたずら好きな性格にも現れています。

飼い主さんにかまってほしくていたずらしたり、わざと目の付くように行動したりするようです。そのやんちゃで元気いっぱいの様子からも猫というより小型犬のような性格と形容されるときがあります。とてもかわいらしい性格ですが、いたずらが過ぎるようだったり、危険を伴うようなときは防止策を講じたりが必要です。

しかし活発な性格のため、それをすべて封じてしまうことは猫ちゃんのストレスになります。一人で危険なく遊べるキャットタワーなどの遊び道具を用意してあげることが大切です。

猫初心者の方でも飼いやすい!

甘えん坊で飼い主さんが大好きなデボンレックスは、猫を初めて飼う方や多頭飼いに慣れていない方にとても向いています。愛情表現が得意なので、たくさん甘えさせてあげて遊んであげてください。
猫ちゃんが遊びたいときに、一緒にたくさん遊んであげることは猫ちゃんのストレス解消になり、いたずら防止にもなるのでおすすめです!

また、とても社交的な性格なので来客時に気を使わなくても大丈夫でしょう。もし嫌がるような場合があれば、別室に移してあげれば落ち着きます。

デボンレックスの購入方法と値段

日本ではまだまだ珍しいデボンレックスを家族として迎えたい場合は、ペットショップよりもブリーダーさんに相談することをおすすめします。

輸入という手段もありますが、日本国内にもデボンレックスのブリーダーさんがいますので、猫の負担を考えると、国内での入手がよいです。

価格としては15~25万円ほどですが、ブリーダーさんや血統によっても変化します。
様々な被毛のカラーがあるので、実際に触れ合わせてもらうのがよいでしょう。

デボンレックスのブリーダー

日本ではデボンレックスのブリーダーさんもまだまだ少ないです。
ペットフルおすすめの国内ブリーダーさんをご紹介します!

キャッテリー・サクラクワイエット

猫写真家が本業のデボンレックスとシンガプーラのブリーダーさんです。

HPにはさすがプロの写真家さん、と思わず唸るほどの素敵な写真で溢れています。
デボンレックスが気になる方は是非一度HPをご覧ください。

キャッテリー・サクラクワイエットへようこそ!

デボンレックスキャッテリー blomstra

デボンレックス専門のブリーダーさんです。

キャットショーでチャンピオンになった猫ちゃんが2019年秋頃に登場するようです。
海外の純潔種を掛け合わせ、デボンレックスの種を守る活動をされています。

デボンレックスキャッテリー blomstra

まとめ

いかがでしたでしょうか?

デボンレックスはとても魅力たっぷりの猫ちゃんでしたね。
一般的な猫の気まぐれな性格よりも、ふれあいを持ちたがるデボンレックスは、猫ちゃんとたくさん遊びたい方に向いているといえます。

是非最良のパートナーを探してみてくださいね!

関連記事

Article Ranking