猫の便秘対策にオリーブオイルが効果あるって本当?

猫の便秘対策にオリーブオイルが効果あるって本当?

猫の便秘には「オリーブオイル」に良いと言われています。実際にどんな便秘対策にどのような効果があるのか。そして接種法や量について飼い主は知識を高めるべきでしょう。この機会に猫の便秘対策を徹底検証してみました。与えすぎにだけに注意をしてください。

hoshino
ライター

hoshino

小型犬と家族同様に暮らして10年が経ちます。現在0歳から5歳までの小型犬を大切に育てています。毎日が発見と学びの連続です。

記事の目次

  1. 1.猫の便秘対策にオリーブオイルが効果あるって本当?
  2. 2.猫にオリーブオイルを摂り過ぎると悪影響はある?
  3. 3.猫へのオリーブオイルの与え方
  4. 4.他に猫の便秘解消に効く方法はある?

猫の便秘対策にオリーブオイルが効果あるって本当?

オリーブオイルは、人間の健康にとってはとても有益な効果があります。

では、オリーブオイルを猫の便秘対策として与えるのは大丈夫なのでしょうか?

実際に、オリーブオイルは猫の便秘対策に効果はあります。

まずは安全性については安心してください。ただ、どれだけ、どのタイミングで与えれば良いのか?はなかなかわからないことですよね。

そこで今回は便秘気味の猫にオリーブオイルを正しく与える方法をまとめました。くれぐれも、摂りすぎには注意してください。

猫の中にはオリーブオイルを嫌がる子もいます。無理強いをすることは避けましょう。嫌がる猫を押さえつけてまで与える必要はありません。

オリーブオイルは天然の便秘薬

多くの飼い主が、猫にオリーブオイルを適量与えると便秘対策になるという知識を持ち合わせています。食べさせる方法としてはご飯に混ぜるというのが、一番オーソドックスな方法です。オリーブオイルは猫の体内に入っても刺激の少ないオイルです。そのうえ酸化しにくいので、飼い主としても管理しやすいのが特徴です。

そもそも、オリーブオイルは植物性油脂でできています。腸の中に入ったときにも、液状のまま便に到達します。つまり腸壁にこびりついてしまった宿便を解消できるという効果があるのです。よく考えるの理にかなった方法です。猫のオーナーは、ぜひオリーブオイルを手元に置いておいてください。必ず便秘時には役に立つものです。オリーブオイルを摂りすぎると、悪影響もあることを知っておいてください。ただ、オリーブオイルが合わない猫もいます。嘔吐させてまで摂る必要はありません。

オリーブオイルの便秘以外の効果

基本的に人間の体に良いとされている効能が、猫にも適用されます。

例えばオリーブオイルには抗酸化作用があります。適量、猫に接種することえ。血液がさらさらになります。そして動脈硬化を防ぐという役割もあります。腸内の、悪玉コレステロールを減らすという役割もあるのです。

毛玉対策にもなる

猫は自分の毛を食べる癖があります。「毛球症」という病気になる傾向があります。

そんなときにオリーブオイルを与えると胃に溜まりがちな毛玉を処理しやすくなります。つまり腸が活発に動くことで毛玉が便に排出されやすくなるのです。オリーブオイルを取りすぎるのは逆効果です。なかなか毛玉を嘔吐しない場合もあります。そんな時にはオリーブオイルを摂取させると腸内で作用するのです。

被毛と血液にも良い

被毛の艶があまりよくないと悩む飼い主も多いようです。そして、日々の健康管理にはまず、血液がサラサラであることが大切です。それを両方、適えるのがオリーブオイルです。健康に良いということで、摂りすぎてしまわないように気を付ける必要もあります。

オリーブの実を与えても効果ある?

インターネットの検索で、オリーブの実に夢中になっている猫の画像を見かけます。つまり猫はオリーブの実も大好きです。

与えすぎにだけ注意をすれば、健康上、何の問題もありません。オリーブを取りすぎることで病気になることは、ほとんどありません。それでも適量を守るのは大切なことです。1個程度を食べることに、何の問題もありませんが、やはり取りすぎは下痢の原因にもなりますので注意が必要です。

猫にオリーブオイルを摂り過ぎると悪影響はある?

概ね、猫の体重の目安は4キロの猫に小さじ1/2から1杯が適量です。

便秘気味だからと言って、安易に多くのオリーブオイルを与えるのは、下痢を引き起こすなど、危険性があります。具体的な悪影響は、腸に関するトラブルや他の臓器に与える影響です。そして体重オーバーになる可能性もあるのです。

肥満に注意

オリーブオイルが体に良いことは十分にわかっています。ただ、オリーブオイルを調子に乗って、猫が欲しがるだけを、与えてしまうと肥満の原因にもなります。確かにオリーブオイルは太りにくいオイルと言われています。それでも、猫の体重目安に反して多くのオリーブオイルを与えることはタブーです。

猫へのオリーブオイルの与え方

猫にオリーブオイルを与える方法はシンプルです。日々の食事内容に混ぜて与えることが一番安全です。

もしかすると、神経質な猫には、ご飯に異物が入っていると勘違いする場合もあるかもしれません。そこは猫の個性に合わせてオリーブオイルの量を調整してください。繊細な猫には、少量を綿棒に含ませて舐めさせるという方法が良いでしょう。綿棒の使い方としては肛門を刺激するという方法も良いでしょう。

ご飯に混ぜるのが難しい場合

少量のオリーブオイルをスポイドやシリンジで吸い上げて、猫の口の横から直接飲ませる方法があります。ただ、量には注意してください。数滴ずつをゆっくりと与えてください。

他に猫の便秘解消に効く方法はある?

肛門を刺激するという方法

オリーブオイルを塗った綿棒で、軽く肛門近くを刺激するという方法も効果的です。その刺激で排泄がしやすくなる場合もあるからです。

マタタビ

猫がマタタビを食べると次のような効果が期待できます。

  • ストレスの軽減
  • アンチエイジング(廊下の予防)
  • 食欲の増進
マタタビを見ると、急に愛猫が興奮する・・と心配になる飼い主もいるようです。特にバラの香りと似ている「βーフェニルエチルアルコール」は猫の臭覚を刺激するようです。実は中枢神経を麻痺させてしまう強い作用があります。くれぐれも与えすぎに注意をしてください。猫には、またたびが良いと漠然と理解している飼い主もいます。またたびが、猫に与える効果についても知っておきましょう。

関連記事

Article Ranking