猫にお香は危険?猫を飼っている人がお香を焚く際に注意すべき事をご紹介

猫にお香は危険?猫を飼っている人がお香を焚く際に注意すべき事をご紹介

リラックスするために部屋にお香やアロマを焚きたい!そうお考えの猫飼いさん、ちょっと待ってください。そのお香は猫にとって有害かもしれません。人間には効果があっても猫にとって有害な場合があります。特に気をつけるべき点をまとめました。

にし
ライター

にし

幼少期からとにかく動物が大好きでたまらない。 特にゴールデンレトリーバーと琉金には目がない。 最近はオオハシとイグアナを飼ってみたいと密かに願っている。

記事の目次

  1. 1.猫にお香は危険?
  2. 2.猫を飼ってる人がお香を焚く際に注意すべき事
  3. 3.エッセンシャルオイルも危険?

猫にお香は危険?

リラックス効果を得る手段としてお香を焚く方も多いでしょう。

しかし猫を飼っている方は注意が必要です。お香は猫に有害だという噂があるからです。では実際にどのような理由があるのでしょうか。

猫に有害な原材料を使用している場合がある

Photo byHans

お香に使われている植物には猫にとって有害なものがあります。

白檀という香木にはモノテルペン炭化水素が含まれていますが、その中のリモネンという成分が猫にとっては毒性が高いといわれています。

白檀は別名チャンダンやサンダルウッドとも呼ばれています。チャンダンやサンダルウッドという名前でお香にはよく含有されているので原材料を気にしてみてください。

エッセンシャルオイルが含まれている場合がある

詳しくは後述しますが、猫にはアロマオイルやエッセンシャルオイルが有害だと言われています。お香にもアロマオイルやエッセンシャルオイルが配合されている場合があります。原材料には特に気をつけましょう。

発表されているデータが少ない

単純にお香が危険といっても白檀以外の成分にも危険な場合があるかもしれません。

しかし研究発表されているデータが少ないため、どれも経験や憶測の段階のものもあります。仏壇で線香を焚きたいけど線香は猫に有害なのか、煙と匂い成分とどちらが害が強いのかなど詳しいことはわかっていないこともあります。

使用しないことが一番ですが、やむおえない場合は獣医師に相談することをおすすめします。

猫を飼ってる人がお香を焚く際に注意すべき事

Photo byDariuszSankowski

猫を飼っている方は出来るだけお香は焚かない事をおすすめしますが、どうしても焚きたい場合は以下に注意しましょう。

1:猫は別の部屋に移動させる

やむおえずお香を焚く場合は猫は別の部屋に隔離しましょう。
出来るだけお香の煙を猫に嗅がせないようにしましょう。
お香の使用が終わったら必ず換気を行い、お香の匂い成分がなくなってから猫を戻しましょう。

2:長期でのお香の使用は避ける

完全に遠くに隔離しているわけではない場合は、少しずつ猫の体内に有害物質が蓄積します。有害物質は排出されないので、少しずつ溜まり突然中毒状態に陥ることがあります。

一度使用してみて大丈夫そうに見えるからといって、使用を続けることは絶対に避けましょう。

3:お香の保管場所に気をつける

万が一でも猫がお香を口にしてしまったらとても危険です。猫の手が届くところでお香を保管することは避けましょう。

また、猫はいたずら好きなので猫があけられないような構造の瓶や棚などに入れて保管しましょう。

エッセンシャルオイルも危険?

前述したとおり、エッセンシャルオイル(精油)やアロマオイルは猫に有害だといわれています。
猫は肉食動物のため、人間や犬などとは肝臓の機能が違います。

雑食動物であれば解毒できる成分も、肉食動物である猫には解毒できない場合があります。

精油は植物の有機化合物が濃縮されているので、特に危険な成分が含まれていた場合、最悪の場合死に至ることもありますので特に注意しましょう。

Photo byFree-Photos

いかがでしたでしょうか?

猫には人間にとって良い効果があるものでも、お香やエッセンシャルオイルなど、特に気をつけないといけない物があります。

人間と猫はそもそもの体質が違います。使っていれば慣れるだろう、などの考えは禁物です。

何か新しいものを大切な猫ちゃんに使用したい場合は、まず猫に害がないかどうか必ず調べてから使用するように気をつけましょう。

関連記事

Article Ranking