飛行機に犬を乗せても大丈夫?犬の飛行機利用のリスクを紹介

飛行機に犬を乗せても大丈夫?犬の飛行機利用のリスクを紹介

犬を連れて遠出する時には、飛行機が1つの選択肢になります。特に、海外を含めて飛行機以外の交通手段がない行先では、飛行機を利用しないと愛犬と離れ離れになってしまいます。犬と一緒に飛行機を利用する時にはどんなことに注意した方が良いのかをご紹介します。

orion
ライター

orion

動物病院で看護師として7年半勤務し、現在は動物の訪問介護・ペットシッター・飼い主さん向けセミナー講師を行っています。甘えん坊な猫1匹と同居中。

記事の目次

  1. 1.飛行機に犬を乗せるまでの流れ
  2. 2.飛行機に犬を乗せる事のリスク
  3. 3.飛行機に犬を乗せる準備
  4. 4.飛行機へ乗せるのを控えるべき犬は?
  5. 5.まとめ
飛行機の翼

現在さまざまなルールの下で飛行機を使って犬と移動することは可能になっています。
しかし、一部の海外航空会社を除いて、飼い主さんと愛犬は離れた空間で1時間以上を過ごし移動することになります。

「うちの子は安全な飛行機移動ができるのかな?」
と不安に思っている飼い主さんに向けて、飛行機移動の流れや注意点をお話します。

飛行機に犬を乗せるまでの流れ

まずは、愛犬と飛行機に乗るための手順を知っておきましょう。

国内移動だけの場合と、日本以外の国に渡る場合では手続きが異なる部分があるため、日本国内での移動を中心にご紹介します。

国内線の利用

1.航空会社のホームページでサービス内容を確認

PCをのぞく犬

最初に行うことは、航空会社のホームページで犬の輸送に関わる部分をよく確認することです。
ホームページの案内の中には、

  • 輸送可能な動物種・条件
  • 輸送環境(照明や室温、音など)
  • 対応ケージサイズ・重量制限
  • 輸送にかかる料金
  • お預かりからお返しまでの流れ
といったことが記載されているので、きちんとすべてを確認しておきましょう。
きちんと預けるためのスペースを確保するためにも、事前に航空会社に予約をしておくか、問い合わせをしておくことをおすすめします。

こういった確認事項を怠り、当日になって「知らなかった!」となっても、フライトをキャンセルするしかなくなる場合もあります。

2.出発日までに物品と愛犬の準備

笑顔に見える犬

出発日までに預け入れに必要な物品を準備しておきましょう。

航空会社によってはケージの貸し出しを行っていますが、ペットにしてみれば知らない箱におさまるよりも、普段から自分が使っているケージに入る方が安心できます。

また、ケージに取り付けることができる飲水用の給水器は、お皿タイプはこぼれる危険性から受け付けてもらえません。ケージの扉に取り付けるタイプの給水器から愛犬が水を飲むことに慣れていなければ、緊張や室温の上昇によって体温が上がってしまった時に、お水を飲めない可能性があります。

そのため、事前に航空会社に預け入れる時にも使えるケージを使ったクレートトレーニングや、給水ボトルからの飲水の練習をしておきましょう。

3.当日は愛犬の様子をしっかりチェック

ごはんを食べる犬

当日は自分の出発準備で最後までバタバタしてしまうこともあるでしょう。

しかし、搭乗直前に愛犬のごはんをたっぷりあげてしまったり、逆に空腹になっていると、嘔吐などの体調不良の原因になりがちです。

また、いつもと違う雰囲気を感じた子の中には、体調に変化が生じている可能性もあります。
必ず前日までに自分の準備を終わらせ、当日はゆっくり愛犬の様子を確かめられるようにしておきましょう。

4.預け入れは十分な時間を確保

時計

航空会社へのペットの預け入れ対応時間は、搭乗30分前までなどと決まっていることがほとんどです。
自分の搭乗時間に余裕を持つのはもちろん、預け入れの手続きに時間がかかる可能性を視野に入れて、十分な時間を確保しておきましょう。

当日に焦らなくても良いように、ペットの預け入れカウンターを確認しておくと安心です。

そして、料金の支払いをこの段階で行うことも多いため、費用の準備も忘れずにしておきましょう。
事前にインターネット上でクレジットカード払いを行うことができる場合もあるため、できるだけ手続きを簡単にしておきたいなら利用することをおすすめします。

5.到着空港で愛犬を引き取り

犬を抱っこする人

愛犬を預けたら、移動中は客室とは異なる貨物室での移動となるため、飼い主さんは到着するまで様子を見に行くことはできません。

そのため、目的地に到着後、手荷物受け取りと同時に愛犬を引き取ることになるでしょう。
引き取った後は必ずすぐに愛犬の様子を確認し、体が熱くなっていないかなど体調をチェックしてください。

無事に引き取った後は排泄や飲水時間を設けるなど、愛犬のケアを優先してあげてくださいね。

国内線移動時に役立つページ紹介

PCとスマホ

ここでは国内線を利用する時に役立つ各航空会社のホームページをご紹介しておきます。
路線により¥3,000~¥6,000と料金が異なるため、必ず自分が乗る便に照らし合わせて確認してください。
また、同意書や確認書の提出が必須になるため、事前に自宅で印刷し、記入したものを持参しましょう。
 

  • JAL(日本航空)
ペットとおでかけサービス https://www.jal.co.jp/dom/support/pet/
 
  • ANA(全日空)
ペットをお連れのお客様【国内線】 https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/pets/
 
  • SKYMARK(スカイマーク)
ペットのお預かり https://www.skymark.co.jp/ja/baggage/pet.html

また、peach(ピーチ)・Jetstar(ジェットスター)・Vanilla Air(バニラエア)といった大手のLCC航空会社ではペットの預け入れができません。
※バニラエアでは盲導犬・聴導犬・介助犬の搭乗は可能と明記あり

国際線の利用

飛行機機内

海外への移動時にはさらに準備が必要になります。
乗り継ぎの手続きを始め、何よりも移動する相手国によって必要な書類は異なり、検疫にまつわる手続きもややこしくなります。

特に狂犬病予防注射に関わる接種証明や健康診断書など、引っ越しなどで愛犬も連れて行く場合には数か月前から準備が必要になることもあるため、早めに相手国の大使館に確認しておきましょう。

また、国内線では一部を除いてペットの機内持ち込みはできませんが、ユナイテッド航空などの海外航空会社によっては、小型犬に限り自分の隣の座席スペースを利用する機内持ち込みが可能になる場合もあります。

海外へのフライトは長時間にわたるため、「愛犬をそばで見守りたい」「検疫手続きを簡単にしたい」という人は、一括で業者に依頼してみるのも1つの方法ですよ。

コンチネンタル ペットサービス株式会社 ペットインキャビン

飛行機に犬を乗せる事のリスク

飛行機に犬を乗せる時には、自分の車で移動する時などに比べ、飼い主さん自身が愛犬に目を配ることが難しくなります。

飛行機移動にまつわるリスクも必ず知った上で犬を乗せましょう。

熱中症・低体温症リスク

暑い

飛行機での犬の死亡事故の多くは熱中症です。

移動中がケージの中に入っていなければいけないため、愛犬たちが自分の体温に合わせて快適なスペースに移動することはできません。

また、ペットの輸送に関しては、貨物室をできるだけ快適な温度に保てるよう航空会社も配慮してくれますが、ケージの中は湿気や熱がこもりやすく、パンティングによる体温調節がうまくいかない危険性があります。

そのため、犬を預け入れる場合には、暑い季節(初夏~初秋)や昼間の気温が上がりやすい時期・時間帯は避ける方が安心です。

ANAでは保冷剤サービスなどを行ってくれますが、愛犬のケージの中には季節に合わせて冷感素材のマットなどを入れて対策してあげましょう。

また、冬になると極端に寒くなることも考えられます。
子犬や老犬、寒さに弱い犬種などは特に、蓄熱素材の毛布を入れるといった工夫をしてあげてくださいね。

音や気圧の変化・環境ストレスによる体調不良

寝ている犬

ペットが入る貨物室は、フライト中は暗くなる場合がほとんどです。

また、客室でも飛行機が運航するにあたってさまざまな音が聞こえてきますよね。愛犬は飼い主さんと離れた場所で、聞き慣れない音や他のペットの声・物音を聞き続けなければいけません。

そのため、性格的に繊細な子だと、真っ暗で騒音が響く環境ストレスによって、嘔吐・下痢・元気低下などの体調不良を示すことがあります。フライト中だけでなく、移動後数日経ってから症状が出ることもあるため、愛犬の様子をしっかり見守ってあげましょう。

また、気圧の変化で人でも耳に違和感を感じることがあるように、犬でも同じ症状が出る可能性も考えられます。
フライト後に耳・聴覚機能に異常が出る可能性もゼロではないため要注意です。

実際に飛行機移動で事故は起こったの?

悲しそうな後ろ姿の犬

実際に2013年8月には、国内航空会社の貨物室でチワワが亡くなるという事故が起きています。
その際の体温は47℃以上に上昇していたようで、それ以降その航空会社では熱中症にまつわる対策・注意事項を記載しています。

また、アメリカの海外航空会社での事故も報告されています。

  • 2018年3月
機内持ち込みのフレンチブルドッグの子犬だったが、客室乗務員により手荷物棚に入れることを指示され到着時には死亡
  • 2018年5月
ポメラニアンが貨物室で死亡しているのを乗り継ぎ空港で確認

飛行機内ではいつもと違う環境・物音などによって、愛犬が興奮したり緊張することも多くあります。
パニックになってしまったのかケージ内で爪が折れたり、負傷する事故も報告されているため、必ずしも安全とは言えません。

飛行機に犬を乗せる準備

抱っこされる犬

ここからは、飛行機移動に必需品となる物品の紹介をしていきます。

飛行機に乗る可能性がある子は、ぜひ今から使い慣れておきましょう。

ケージの準備

飛行機移動の必需品は、何と言ってもケージ(クレート)です。
サイズに関しては各航空会社によって基準がまちまちなので、自分が乗る便の会社に確認しましょう。

基本的には金属・硬質プラスチックを利用した、頑丈なものが必要になります。
愛犬が体を回転させたり、立っても余裕があるものを選んでください。

普段お家にいる時から寝る場所としても活用し、「この中なら安心して過ごせる」と愛犬が思えるようにトレーニングしておきましょう。

のイメージ
犬のクレートのおすすめ7選を紹介!【移動用/飛行機/サイズ】
愛犬にとって安心・安全なクレートを選ぶためには、大きさや素材などに注意する必要があります。本記事では、クレートを選びの注意点と共に、おすすめクレート7選をご紹介。愛犬にぴったりのクレートを見つけるためにも、ぜひ本記事のおすすめランキングを参考にしてください。

プチリュバン デラックス キャリーバッグ60 L 幅40×高40.5×奥行60cm 中・大型犬用

参考価格: 9,800円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon9,800円

給水用品

例え1時間ほどのフライトだったとしても、預け入れから引き取りまでの時間はそれ以上になります。
そのため、預けられている間飲水できるよう、取り付けられる給水器も用意しておきましょう。

お家ではお皿タイプの方がむせにくくて良いのですが、飛行中はお皿が置けません。
フライトが決まったら早めに使い方を愛犬に覚えてもらいましょう。

ペット用 ウォーターノズル ブラウン ウォーターノズル 犬猫

参考価格: 1,089円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,089円
楽天

保冷・保温用品

普段から自分が使い慣れている保冷・保温用品なら、貨物室での温度変化にも対応しながら愛犬のストレス軽減にも役立つためたいへん便利です。

季節に合わせて電気を必要としない商品を選んであげてください。
ただし、全面が冷たい・暖かい(暑い)とならないように、空間が区切れるとよりベストです。

ペット クールマット AUGYMER 冷却ジェルシート

参考価格: 1,280円

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon1,280円
楽天

飛行機へ乗せるのを控えるべき犬は?

犬をなでる手

飛行機を愛犬と利用する時には、愛犬が飛行機に乗っても大丈夫なタイプ・体調かどうかは確認してあげましょう。

  • 元気・食欲がある
  • 便・尿に異常はない
  • 持病はない
  • 飼い主さんと離れる時間があっても耐えられる
  • 知らない人・動物に過剰に反応しない
という条件を満たすことができればベストです。

貨物室での預かりになることがほとんどなので、犬だけで過ごすことが難しい・体調に不安がある子は飛行機移動に向いていません。

他にも、以下のような条件に当てはまらないか確認して、場合によっては移動手段の変更・中止を検討してあげてくださいね。

短頭種

パグ
Photo byToberoon

  • ブルドッグ
  • フレンチブルドッグ
  • ボストンテリア
  • シーズー
  • パグ
  • ペキニーズ
といった日本でも人気の犬種は、鼻が短いことから体温調節が苦手だったり、呼吸器疾患を抱えている子が多くなります。

暑い時期には熱中症リスクが高まることから、預け入れサービスを停止している航空会社もあるため注意しましょう。

子犬や老犬、妊娠中の犬

眠る子犬

体温調節機能や免疫力、ストレスの影響を受けやすい生後半年以内の子犬や8歳以上の老犬に関しては、体調に合わせて別の移動手段を検討した方が良い場合があります。

特に子犬が生後4か月以内の場合は、ワクチン接種による免疫も十分についていないことが考えられるため飛行機移動は避けましょう。

妊娠中も母犬へのストレスが大きすぎるため、同じく避けるようにしましょう。

持病を抱えている犬

獣医と犬

慢性的な病気を抱えている子の場合、ストレスによって病状が悪化するリスクは考えておかなければいけません。

特に、

  • 心臓疾患
  • 気管虚脱を始めとした呼吸器疾患
を抱えている子は、飛行中の突然死のリスクが大きいと言わざるを得ません。

他にも、一時的であっても感染症を抱えていたり、嘔吐・下痢を始めとする消化器症状、元気・食欲の低下が見られる子は移動を延期してあげましょう。

まとめ

ここまで読むと、「国内での飛行機移動ってやっぱり不安?」と思った飼い主さんもいるでしょう。
そんな時には、毎回の運航ではありませんが、JALが行った沖縄ツアーの1つである「JALワンワンJET」のような特別なフライトを選んでみるのも良いかもしれません。

過去に開催 JALワンワンJET
愛犬と機内でも一緒!JALが3回目の「ワンワンJET」開催。成田~那覇のチャーター便同乗レポート

機内で一緒に過ごすのはもちろん、獣医師が同行したりと至れり尽くせりです。

また、飛行機移動に向かない性格の犬や犬種の場合は、新幹線での移動を検討してみてはいかがでしょうか?
通常の路線や特急と合わせると、電車でも国内のほとんどが移動可能です。

もしも新幹線を使った移動を検討している方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

のイメージ
犬連れで新幹線に乗ることはできる?料金や乗車の際のマナー・ルールについてご紹介!
『どうやって遠出をするか』愛犬家だけでなくペットを飼っている方共通の悩みのひとつですね。移動手段としては自家用車、新幹線、飛行機など色々と選択肢がありますが、実際にペットを連れての乗車は出来るのでしょうか?今回は新幹線に愛犬と一緒に乗車できるか調べました。

関連記事

Article Ranking