茶トラはでかい?大きさ・性格・寿命についてご紹介!

茶トラはでかい?大きさ・性格・寿命についてご紹介!

キジトラやサバトラの柄が変化して生まれた茶トラ。メスや子猫の入手が困難ですが、でかい体のわりに甘えん坊な性格で長生きしてくれると大人気です。そんな茶トラの英語表記や性格、体がでかい理由、子猫やメスが少ない理由やキジトラ・サバトラの柄との関係について解説します。

茶トラとはどんな猫?

布団にいる茶トラ

とても人気で、映画やCMなどでも広く知られる茶トラですが、日本猫の一種で、きつね色の体にトラ柄の雑種です。

甘えたがりでやんちゃな性格をもつ子が多いため、猫との濃厚なスキンシップを楽しみたい人におすすめです。雑種のため、ペットショップでもほとんど売られておらず、子猫が欲しいときは保護猫の募集などから見つけるしかありません。

有名な茶トラ

「もっと知りたい!」という人には、こちらのブログや動画がおすすめ。
見ているだけでも、茶トラのかわいさに引き込まれること間違いなしですよ。

英語で何と言う?

茶トラいっぱい

茶トラの英語表記は『red mackerel tabby』(レッドマッカレルタビー)です。

マッカレルとは英語で魚のサバのことで、直訳すれば、『茶色のサバ柄の縞猫』です。

また、アメリカでは、『Ginger』(ジンジャー)や『Marmalade』(マーマレード)との愛称でよぶ場合もあります。どの呼び名も美味しそうなものばかりですね。

茶トラの種類

その色味や柄の入り方は猫によってさまざまですが、大まかに分けると3つの種類になります。

  • まるどら
  • 茶白
  • 白茶
名前の通り、全身のきつね色にトラのような柄が入っているタイプが『まるどら』です。全身のきつね色が優しい印象を与えてくれます。たまに、あごの部分のみ白色になる子も多いようです。

ほかにも、茶色の縞模様が顔やお腹、足などが白色という、きつね色部分のなかに白色が混ざったカラーの猫が『茶白』で、反対に茶色よりも白色の面積の方が多い場合が『白茶』です。

キジトラ・サバトラとの関係は?

茶トラ&キジ

茶トラは、キジトラやサバトラの色が変化して生まれた猫種です。

キジトラは、主に茶色ベースに少し黒の縞の模様が全身にあるのが特徴茶トラよりも全体的に暗めのカラーとなります。鳥の『キジ』に似ていることからその名がつけられました。

サバトラは、グレーやシルバーベースに黒の縞の模様が全身にあるのが特徴。名前の由来はサバのような色味から名づけられ、これらの色違いが茶トラというわけです。

茶トラはでかい?大きさについて

舐める茶トラ
Photo byTeamK

茶トラに対して、『でかい』というイメージをもつ人が多いのはなぜでしょうか。

それは、茶トラの遺伝と体質にあります。

茶トラは毛色を決める染色体の関係が原因で、オスが生まれやすく、その確率はなんと約8割。つまり、メスに出会える確率は相当低いというわけですそんな、メスに比べて体格の良いオスが多いゆえに、『茶トラ=体がでかい』というイメージがついているのでしょう。

また、茶トラは食欲が旺盛なタイプが多く、餌はあるだけ全部食べちゃいます。そのせいか、茶トラはやせ型よりもぽっちゃりが多い傾向にあります。でかいというイメージがつく理由は、どうやら食欲旺盛な子が多いことも関係しているようですね。

茶トラの性格

寝る茶トラ

茶トラの人気の理由は、毛のカラーだけではありません。

『人気の高さは性格にあり』といわれるほど、とてもステキな性格をしているんです。

①超がつくほど、甘えん坊

茶トラは、飼い主といつも一緒に居たいタイプで、超がつくほど甘えん坊。
とくにメスよりもオスの方が甘えん坊の傾向が強く、愛情表現もストレートです。飼い主がトイレやお風呂に行くときは、後ろからついていくことも。そのため、寂しがりの茶トラにとって長時間のお留守番はかなりのストレスになります。なるべくお留守番の時間は少なくして、一緒に遊ぶ時間を多くとって愛情を示してあげましょう。

また、猫は基本的には飼い主にしか懐かないほど人見知りの子が多いなか、茶トラは懐っこいさ抜群。警戒心がうすいため、飼い主はもちろん、あまり見慣れないお客さんに対してまでスリスリしに行く子が多い傾向にあります。小さな子どもがいる家庭や、はじめて猫を飼う人にもおすすめしたい猫ですね。

②やんちゃ

茶トラは、部屋を走り回ったり、高い所によじ登ったりと、とにかく運動が大好きというやんちゃな一面ももっています。一緒に生活するときは、茶トラがケガなどしないように飼育環境をしっかりと準備してあげましょう。上り下りできるキャットタワーや飼い主と一緒に遊べるおもちゃなどがおすすめです。

③食べるのが大好き

茶トラを飼うときにとくに気をつけるべき点は、食べ過ぎです。
茶トラは食べるのが大好きで、なおかつ太りやすい体質をしています。かわいい顔に甘くなってついついおやつやご飯を与えすぎていたら、ぶくぶく太ってしまったなんてこともあるようです。

きちんと毎日適切な量のフードを与えることで、健康的な茶トラへと成長してくれます。肥満は健康の大敵です。

  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 下部尿路疾患
  • 関節痛
たとえば、これらを発病するリスクがあがってしまいます。太ってしまってグルーミングが面倒くさくなると、皮膚防になることもあります。時には厳しく、体調管理は飼い主がきちんとしてあげましょう。

茶トラは長生き?寿命について

茶トラ

茶トラの寿命は、室内飼いの一般的な猫と同じく、15~16年ほどです。

猫によっては20年も長生きするケースもあります。

人によっては、茶トラを自由に出入りできる生活をさせてあげたい場合もあるかもしれません。その場合、茶トラの寿命は、完全室内飼いの猫の寿命と比べて長生きどころか、短くなってしまうことも。

事故やウイルス感染などのリスクが高まるのは完全な野良猫だけでなく、半野良の猫の場合も当てはまるので注意してくださいね。

茶トラの値段

茶トラは、ペットショップなどでは子猫がほとんど出回りません。もともとは雑種ですからね。そのため、茶トラを飼いたい場合は、保健所や知り合いから譲渡してもらう必要があります。ですが、人気が高い猫種のため、貰い手が見つかりやすく、とくに子猫は大人気です。

そのため、なかなか手に入らない猫種であるといっても過言ではありません。
根気よく、譲渡会や保護施設の情報をチェックしておきましょう。

関連記事

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

Article Ranking