バーミーズとはどんな猫?性格や鳴き声・飼い方などをご紹介!

バーミーズとはどんな猫?性格や鳴き声・飼い方などをご紹介!

バーニーズという猫は、まさに猫らしい気質を持ち合わせる猫です。物事に動じることなく常に元気で快活です。猫の持つ色気と佇まいが破壊的な可愛さと評されています。今回はそんなバーニーズについての情報を集めてみいました。

バーミーズとはどんな猫?

魅力的な瞳を持っているバーミーズを愛してやまない!という愛猫も多いようです。

美しいバーミーズには2種類のバーミーズが存在するのです。バーミーズとは、実際にどのような猫なのでしょうか?

特徴

バーミーズは美しい被毛を持ち、しなやかなボディーラインが美しいバーミーズ。体を触ると、筋肉質で丈夫な体つきをしています。そのうえ小顔という猫らしい雰囲気を持っています。被毛のカラーは主に、茶色を主体にしています。血統的にはゴールドカラーの瞳が公認されているのです。オリエンタル系の美しさは、バーミーズ独自の持ち味なのです。

ボディー全体の特徴としては全体のパーツが丸みを帯びています。他の猫に比べると、やや小さめの猫という印象ですが貧弱な雰囲気は一切ありません。手足の長さも、程よい長さで足先まで丸みを帯びているのも特徴です。子猫の時期から、この可愛らしさは健在です。

アメリカンバーミーズとヨーロピアンバーミーズ

二通りの種類があるバーミーズは、まるでシャムネコと見間違えるようなしなやかな短毛も特徴的です。頭も丸く可愛らしい分いkkを持っています。亜アメリカンバーミーズ、ヨーロピアンバーミーズも瞳の色はゴールドです。この2つのタイプの違いは、アメリカンバーミーズが筋肉質でヨーロピアンバーミーズの方がスリム体型であることです。大きさについても、ヨーロピアンバーミーズの方が少しだけ大きな体型をしています。

適応能力の高さ

バーミーズは基本的に大人しい性格をしています。環境に適応する力も高く、どんな住居でもすぐに馴染みます。飼い主との暮らしも慈悲深く接する姿は、たまらなく愛しいと感じる程です。バーミーズならではの利発さは一緒に暮らすと垣間見える部分です。

毛色

バーミーズの毛色にはバリエーションがあります。一番知られているのがブラウン系かセーブル系です。そのほかに、シャンパン系のカラーのバーミーズもいます。販売価格の中でも特にシャンパン系のカラーがすぐにお客さんがついて商談中になるなど、有名な話です。

鳴き声

ヨーロピアンバーニーズの鳴き声です。落ち着いて成熟した声をお聞きください。

バーミーズの性格とは

バーミーズと言えば静かな猫、そんなイメージがあります。適応能力の高さから考えても、かなり利口な猫であることがわかります。猫と言えば比較的大きな声で鳴くものというイメージがあります。それでもバーミーズは小さく思慮深い声で鳴くのも特徴的です。

社交的な猫

シャム猫との、掛け合わせで誕生したバーミーズ。性格的には、大人しい反面社交的な一面を持つ猫です。だからこそ、適応能力の高さが伺えるわけです。飼い主とのコミュニケーションも喜んで取ろうとするタイプです。飼い主としても基本的な明るさを受け止めて相手をしてあげることが必要です。

バーミーズの価格

基本的にブリーダーから購入する場合には、30万円程度の予算を考えておいてください。

ペットショップの場合には、少しだけお求めやすい感覚もあります。しかしながら、専門的に繁殖をしている方から購入したいと願う方も多いのです。

バーミーズの飼い方

慈悲深い鳴き声で有名なバーミーズを飼育する時の注意点。いくつかご存じでしょうか?

基本的に来客を警戒することもなく高い適応能力で外からくる来客にも対応します。それでも、寂しがりやの性格をしています。長い時間の留守番などには向いていません。飼い主の傍で甘えながら遊ぶのが大好きな猫です。

ものおじしない性格

猫と言えば神経質?というイメージがありますが、バーミーズについては社交性と誰に対しても臆することなく接していく強さを感じます。多頭飼いにも向いていましす。その反面、飼い主にべったりとくっついています。遮光的で寂しがり屋いう二面性については温かく見守ってください。

無類の遊び好きだから食事は慎重に

バーニーズは遊び好きの猫です。筋肉質の体型を維持するためにも高たんぱくでカロリーが高い食事を準備する必要があります。猫と言っても、種類によって食生活も少しずつ違います。バーミーズの場合には、活発な性格をしていますので、アクロバティックな遊び方ができるような環境が必要です。キャットタワーなども設置してのびのびと過ごしてもらえるように配慮しましょう。

ブラッシングは美の極み

短い被毛ですが、密集した生え方をしている被毛部分は、シルクやベルベットのような肌さわりです。常にブラッシングをすることが重要です。体長が悪いと、毛艶も悪くなるほど敏感な反応を示す猫です。常にお手入れをするときに被毛の具合をチェックしておくと体調管理の一環にもなります。

病気に注意したい

バーミーズは闘病病にかかりやすい傾向があります。そして低カリウム血症を起こしやすい倍もあります。常に適正体重を維持できるように管理してあげることも必要です。シニア期を迎えた途端に、食欲不振になり調べると慢性腎不全にかかっていたという事も起こり得ます。糖尿病については雄猫の方が発症しやすいので要注意です。

飼い主さんから愛されることを望む猫としてバーミーズは愛らしい猫です。いつも飼い主さんの行動を監視しているような姿も、猫好きの人にはたまらない性格です。密着愛を示してきますので、優しく穏やかに対応してあげてください。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう