猫を多頭飼いするときの相性早見表を紹介!【性別・年齢・兄弟】

猫を多頭飼いするときの相性早見表を紹介!【性別・年齢・兄弟】

猫を新しく迎え入れるときには相性をみてあげることが非常に大切です。多頭飼いを考えていても相性が合わないと喧嘩の原因になりますので、初めの顔合わせには十分注意しましょう。多頭飼い擦るときに気をつけたいポイントと猫の相性について紹介します。

堀江
ライター

堀江

記事の目次

  1. 1.猫の多頭飼いは相性が大事
  2. 2.多頭飼いの先住猫と新入り猫の相性早見表
  3. 3.先住猫と新入り猫を仲良くさせるコツや多頭飼いの注意点
  4. 4.まとめ

猫の多頭飼いは相性が大事

フリー写真素材ぱくたそ

猫は基本的に単体で生活する動物なので、自分の縄張りに他の猫が入ってくることに対して不快感を抱きます。
猫を多頭飼いしたい場合はまずは会わせてみてお互いの様子をみることが大切です。

猫は警戒心の強い動物なので、初めは警戒してお互い唸り合ったり逃げて顔を合わせないことがありますが、徐々に慣れていくこともあります。

しかし、相性が悪い場合はいつまでたっても仲良くできず、お互いにストレスを溜めていくこともありますので相性を考えてあげることはとても大切なことです。

猫が楽しく快適に過ごすために新しい猫を迎える際に気をつけたいポイントや猫の相性早見表を紹介します。

多頭飼いの先住猫と新入り猫の相性早見表

Photo by amika_san

先住猫と新入り猫の相性をみることは今後お互い楽しく仲良く生活してもらうために大切なことです。

以下が先住猫と新入り猫の相性早見表です。
性別・兄妹同士・年齢別のそれぞれの相性について紹介します。

  相性
同性
オスメス別
兄弟
子猫
成猫

性別での相性

先住猫が去勢手術や避妊手術をしているのであれば、性格も落ち着いていて繁殖の可能性もないので特にオスメスどちらでも問題はありませんが、去勢していないオスの猫二匹の場合は縄張り意識の強さから喧嘩してしまう可能性があります。

喧嘩が始まるとヒートアップしていきますので、猫同士の怪我や飼い主怪我、物の崩壊の可能性があります。初めのうなっている段階でお互いを離すようにしましょう。特に去勢していない場合は要注意です。

メス同士の場合は、受け入れが良い場合が多いですが個々に性格の違いがありますので初めはしっかりと距離ととって様子見してください。

年齢での相性

迎えるのが子猫の場合は、許容してくれる先住猫が多いです。

多少ストレスは抱えるものの、子猫のため高い場所に上れないので子猫にしつこくされても避難できる場所を用意しておいてあげれば問題ありません。

初めの会わせ方としては、子猫のニオイをよく嗅がせてあげてください。先住猫にとっては警戒するものというよりも気になるもののため近寄ってくる場合が多いです。先住猫の前に優しく見せて確認させてあげることが大切です。

のイメージ
失敗したくない猫の多頭飼い!二匹飼いする場合の準備・注意点を紹介
「愛猫に兄弟を」そんな思いから多頭飼いを考えることもあるでしょう。しかし、肝心の本猫は兄弟や仲間を欲しがっているのでしょうか?今回はそんな猫の多頭飼いに関するお話をします。「多頭飼いの注意点は?」「準備はどうしたら?」そんな悩みにお答えします。ぜひご覧下さい。

兄弟、姉妹同士の相性

兄弟・姉妹同士であれば、多頭飼いは特に問題ありません。

しかし、久々に会う場合は別です。
猫は覚えが良い動物ですが、長く会っていない場合はニオイを嗅いでも血縁関係であることはわからずに警戒することがほとんどです。

一緒に生活していないのにいきなり仲良くすることは難しいので、久々に会わせて一緒に暮らす場合は血縁関係であっても初めは距離をとって様子を見ることが大切です。
血縁関係があることで安心せずに慎重に会わせましょう。

老猫と子猫

老猫と子猫の場合は性別関係なく喧嘩の心配は少ないですが、先住猫の老犬がストレスで体調を壊す場合があるので、先住猫の老猫の体調管理と心のケアに注意する必要があります。

シニアになると一気に体調を崩す場合がありますので、おかしいと思った場合はすぐに受診するようにしましょう。
ストレスと診断された場合は、よりケアし共存方法を考える必要があります。

先住猫と新入り猫を仲良くさせるコツや多頭飼いの注意点

フリー写真素材ぱくたそ

先住猫と新入り猫を仲良くさせるためには飼い主が配慮しなければならないポイントや生活環境を整える必要があります。

先住猫と新入り猫を仲良くさせるためのポイントや生活環境について紹介します。

多頭飼いに向いてる猫

Photo byBoutiqueBreizh

複数飼いに向いている猫として、ベンガルやラグドールなどの猫たちがいます。
ラグドールは優しい性格から、新しい猫を迎え入れてもそれほど敵対せずに受け入れてくれる可能性が高いです。

のイメージ
ラグドールの性格丸わかり!オス・メスや毛色でで性格異なる?
「まるで犬みたい」と言われるほどの愛らしさを持つ猫、ラグドール。その性格から、飼いやすい猫としても人気があります。本記事では、ラグドールの一般的な性格をはじめ、性別や毛色による性格の違いを解説します。お迎えを検討中の人は、ぜひ参考にして下さい。

ベンガルはやんちゃな性格なため相性のよい猫を迎え入れてあげると遊び相手ができて喜んでくれる場合が多いです。
激しく走り回ることがありますので、留守番時など崩壊してほしくないものは片付けておくようにしましょう。

初対面は慎重に

Photo bydimitrisvetsikas1969

多頭飼いをするためには初めのワンタッチがとても重要なものになります。

唸る、吹き付けるくらいでしたら徐々に慣れて仲良くなることも可能ですが、初めから激しい喧嘩になってしまうと仲良く生活することは難しくなります。

初めは、距離をとり喧嘩をさせないようにして、しばらくは柵越しに会わせる程度が良いでしょう。
子猫を迎え入れる場合は喧嘩の心配はありませんが、先住猫が子猫にしつこくされて大きなストレスを溜める場合がありますので、先住猫が子猫に邪魔されない安心してくつろげる場所を用意してあげましょう。

先住猫を優先させる

ごはんの時間や先住猫が甘えてきたときは、先住猫を優先してお世話することが大切です。
猫なのでひがんでいじめることはありませんが、自分と飼い主の時間を邪魔されることにストレスを溜める猫も多いです。

先住猫とは今までどおり接してあげることが大切です。
甘えることも多くなる可能性がありますが、邪険にせずにかまってあげることが大切です。

新しい猫にかまいすぎない

新しい猫が心配でついかまってしまうこともありますが、新しい猫ばかりにかまいすぎず、先住猫の心のケアもしてあげてください。

先住猫は新しい猫がくることで環境の変化があります。
猫は環境の変化は嫌がりますのでストレスを感じている場合が多いです。

先住猫にはいつもより少し多く声をかけてみる、ごはんにトッピングしてみる、快適な場所を用意するなどストレスが出来る限り溜まらないようにケアしてあげることが大切です。

慣れるまでは見守る

少し慣れてきたかなと思っても安心せずに、先住猫と新入り猫が接しているときは優しく見守ってあげてください。
先住猫が子猫にしつこくされていたり、喧嘩しそうな雰囲気であればすぐに別々にさせることが大切です。

猫の喧嘩は関係を一気に悪化させますので、避けるように気をつけて生活しましょう。

トイレは別々に用意する

猫は自分のニオイを大切にする動物です。トイレはそれぞれ専用に1つずつ用意しましょう。

猫二匹の場合は2~3個用意し、清潔に保つようにしましょう。
いつでも快適にトイレにいけるようにしておくことが大切です。

のイメージ
臭わない部屋へ!猫の臭い対策まとめ【トイレ・体臭・口臭・夏場】
一般的に猫は臭うと思われがちですが、一緒に暮らしていると全然臭いは気にならないものです。しかし、猫が病気やケガをしている場合や、季節によっては臭いがすることも…。今回は、万が一臭いがした場合の、その原因と対策についてお伝えします。

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

猫の相性を見ることは難しいですが、猫の様子を確認しながら顔合わせをすることで、安全な顔合わせをおこなうことができます。
心配な場合は、絶対に喧嘩が出来ないように柵を作ってからおこなうのが良いでしょう。

猫がお互い楽しく暮らせるようにしっかりと相性をみてあげてください。

関連記事

Article Ranking