猫の人間換算の年齢早見表を紹介!あなたの猫は何歳?

猫の人間換算の年齢早見表を紹介!あなたの猫は何歳?

いつもやさしい瞳と泣き声で甘えてくる猫。「そういえばもう何歳?」何突如思うときありませんか?「いつまでも子猫だと思っていた子が、いつの間にか成猫になっている!」「最近寝ている姿しか見ていない・・・。」あなたの猫の人間換算の年齢と年齢別の成長段階をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.猫の人間換算の年齢早見表
  2. 2.年齢別による成長段階
  3. 3.猫の平均寿命
  4. 4.年齢が分からない猫の年齢の見分け方
  5. 5.まとめ

いつの間にか子猫だった家の猫が立派な姓猫になり、最近大分落ち着いてきたな・・・と思い始めている飼い主の方、おうちの猫が人間換算にすると一体何歳なのか知っていますか?

人間換算の年齢を知ることによりおうちの猫にも正しいケアをすることが出来ます。
ここではおうちの猫が人間換算にすると一体何歳なのか、換算表を使ってご紹介します。年齢の数え方にも注意しながら見ていきます。

猫の人間換算の年齢早見表

猫の、人間換算の早見表をご紹介します。

フリー写真素材ぱくたそ

人間
1ヶ月 1歳
2ヶ月 3歳
3ヶ月 5歳
6ヶ月 9歳
9ヶ月 13歳
1歳 18歳
1歳半 20歳
2歳 24歳
3歳 28歳
4歳 32歳
数え方は、2歳以降から1歳ごとに4歳増えていく

年齢別による成長段階

フリー写真素材ぱくたそ

猫は成長段階によって欲求や行動が違っていきます。そのため、猫の成長段階に合わせて飼い主のケアの仕方も違ってきます。猫の成長段階によって、適切なケアが出来るように常に考える必要があります。

ここから猫の成長段階をいくつかのステージにわけて紹介します。目安として参考にしてみて下さい。

子猫(0歳〜1歳)

Photo byJan-Mallander

子猫の時期には乳歯が生え、骨格や筋肉が発達し運動能力の高まります。この時期に、いろいろなことを経験させ、いろいろなものに慣れさせる必要があります。

子猫は急激に成長し、生後4ヶ月を超えると成長のスピードは緩やかになってきます。
4ヶ月頃までは、エネルギーの高いフードを与え、4ヶ月以降からはエネルギーの調整が必要になってきます。取り過ぎると脂肪細胞が増え、成猫になったときに生活習慣病のリスクが高まります。

4ヶ月から12ヶ月の間に、初乳を介して母猫から受け取った免疫力が減少してくるので、感染症に注意する必要があります。ワクチン接種をし、子猫か健康を維持するようにしましょう。

成猫(1歳〜7歳)

Photo byChiemsee2016

猫は1歳を過ぎた頃から、立派な成猫になってきます。
一人前になり、交尾、妊娠、出産が可能になります。一番活発な時期で、気力も体力もあります。雄猫の発情が盛んになり、ケンカが多くなってきます。

5歳以降から犬歯が丸くなり始め、運動能力も低下してきます。生活習慣病が見え始める時期なので、健康管理に注意します。

高齢猫(7歳〜)

Photo bybogitw

見た目は成猫と変わりません。ですが、高齢猫の時期には老化の兆しが見え始めてきます。

寝ている時間が増え、遊ばなくなってきます。
被毛が薄くなり、毛艶が衰えてきます。
運動量や代謝が落ちてきて、内蔵機能や免疫力が低下してきます。

定期的に体調チェックをし、病気や肥満に気を付けた方が良いでしょう。
病院で定期的に健康チェックをしている場合は、回数を増やしてみても良いかもしれません。

長寿猫(10歳〜)

Photo byNennieinszweidrei

長寿猫の時期には、一日のほとんどを寝て過ごすようになります。

行動範囲が狭くなり、トイレの失敗や徘徊など、ボケの症状も現れる場合もあります。
猫の行動の変化や、健康管理にこれまで以上に注意が必要です。

猫にとって快適な環境を整える必要があります。

猫の寝床近くにトイレを置く、食事は柔らかいものにするなど、ストレスをできるだけ減らしてあげ、リラックス出来る居住空間を作った方が良いでしょう。

猫の平均寿命

フリー写真素材ぱくたそ

最近では、20年以上生きる猫の話も度々聞くようになり、珍しくなくなってきました。最近の猫は昔に比べたら大分長生きをするようになってきたようです。

一般社団法人ペットフード協会が発表した、2018年の調査によると、猫の平均寿命は15.32歳だったそうです。(2017年の調査では、15.32歳)その中でも、室内外の猫の平均寿命は15.97歳でした。野良猫を含まない、外に出る猫の平均寿命は13.63歳だったそうです。

外に出ると、交通事故やけんかによるけが、病気や感染症などのリスクが高くなるからでしょうか。
時々外に出てしまう猫もいるかと思いますが、具体的な数字を見ると出来れば完全室内飼いにした方が、寿命の観点だと良いと言えます。

のイメージ
猫の平均寿命は何歳?飼い方・性別・種類によって異なる寿命を紹介!
猫を飼っている人なら誰でも、愛猫がどれくらい生きるのか気になりますよね?猫は猫でも、野良猫や飼い猫、品種や性別によって平均寿命は変わってきます。ここでは、それぞれの平均寿命と、長生きさせるためのポイントなどを紹介していきます。

年齢が分からない猫の年齢の見分け方

Photo by hisashi_0822

いくつか方法はありますが、歯を見て判断するのがわかりやすいです。

成猫よりも子猫の方が、わりと判断しやすいようです。
子猫の場合は体重や乳歯か永久歯かで判断できます。

成猫の場合は、素人には難しいかもしれないので、獣医さんに判断してもらうと良いでしょう。歯茎の状態、歯のすり減り方、歯垢のつき具合で獣医さんが判断してくれます。

ただ、野良猫の場合は栄養状態によっても変わるので、おおよその年齢しか分からないので、参考程度にしましょう。

のイメージ
あなたの猫は何歳?猫の年齢の見分け方をご紹介!
保護猫を飼い始めた時、譲渡された時には、「いったいうちの子は今何歳なんだろう?」と年齢の見分け方が気になる所ですよね。年齢によってはごはんや暮らし方も大きく変わってきます。今回は誕生日がわからない猫の年齢の見分け方をアドバイスします!
のイメージ
野良猫の寿命と地域猫についてご紹介!
野良猫の寿命は短いと言われています。ところが、地域猫になると野良猫よりも寿命は長い傾向にあります。野良猫と地域猫は何が違うのか、なぜ寿命に差が出るのか、その実際を知ればなるほどと納得できるはずです。今回は、野良猫と地域猫についてお話します。

まとめ

  • 猫の人間換算年齢は2歳ぐらいまでは急激に増え、それ以降は1年に4歳ずつ増えていく。
     
  • 猫は成長段階によって、そのときにあったケアが必要。
  • 猫の平均寿命は室外飼いより室内外の猫の方が長い。
  • 年齢が分からない猫の場合、歯の状態を見るとある程度の年齢が分かる。

まとめ

人間換算表を見ておうちの猫が人間では何歳位になるのか分かりましたでしょうか?

それぞれの猫に応じてケアの仕方も変わってくるので、飼い主の方は自分の猫の年齢にあったケアをする必要があるでしょう。上手なケアによって、大切な猫の寿命も延び、一緒にいられる時間もそれだけ長くなります。

猫は飼い主の方が一番の頼りです。
大切な猫のために、その子の年齢にあったケアを心がけましょう。

関連記事

Article Ranking