またたびとは何?猫にまたたびを与えるとどういう効果があるのかご紹介!

またたびとは何?猫にまたたびを与えるとどういう効果があるのかご紹介!

またたびを猫に与えたいと思っている方は多くいるのではないでしょうか。その中でも猫に悪影響なのではないかと心配する人も少なくないと思います。今回はまたたびとは何なのか、猫にまたたびを与える際の注意点などをまとめましたので是非最後までご覧くださいね。

またたびとは何?

Photo bysusannp4

猫に与えるまたたびですが、そもそもまたたびとは何なのか、どのようなものなのかをご紹介します。

まずはまたたびとは何なのか、というところから説明していきましょう。またたびというのは、マタタビ科マタタビ属の植物です。主に山地などに広く分布しており日本にも多くあります。

また、またたびは夏梅とも呼ばれています。その理由は6月から7月にかけての夏の間に白い花を咲かせ、この時期になると葉っぱが白くなるからです。

余談ですが、私たちが普段食べているキウイフルーツもマタタビ科です。ほかにも、またたびそのものを漢方薬にしたり漬物やお浸しなどにして美味しく食べている地域もあるほどで、意外と身近な植物なんですね。

猫にまたたびを与えるとどうなる?

またたびは植物ということがわかりましたが、これを猫に与えるとどうなるのか。悪影響があるのではないかと心配されている方も少なくないと思います。またたびを猫に与えるとどのような反応をするのか紹介します。

猫にまたたびを与えた場合悪影響があるのかと心配する方もいるのではないでしょうか。猫にまたたびを与えると、またたびから発せられる成分によって人間がお酒を飲んだ時と同じように酔っぱらってテンションが上がったような状態になります。

これは個体差がありますので、かなり酔っている泥酔状態になる猫もいれば少し嬉しそうな様子になる程度の猫もいます。およそ8割の猫はまたたびをかぐと喜んでいるような様子になるようです。

また、泥酔状態になるなんて危険じゃないのかと考える方もいるかと思いますが、またたびに依存性や中毒性はありませんので安心して与えることができます。

猫へのまたたびの効果は?

Photo bywilkernet

猫にまたたびを与えるとテンションが上がり酔ったような状態になりますが、これ以外にも何か効果はあるのでしょうか。

実はまたたびには意外な効果があったのです。

ストレス軽減

またたびにはストレスを解消する効果もあります。先ほどご紹介した通り、猫がまたたびをかぐとテンションが上がったような状態になりますので、テンションが上がり思い切り走ったりすることによってストレス解消が期待できます。また、またたびの成分が入っているおもちゃで遊ばせるのもとても効果的です。

食欲増進

猫にまたたびを与えると食欲増進する効果があります。猫の食欲が減っていて食が細くなってしまっている場合に与えるとよいでしょう。ごはんにまたたびを混ぜて与えるのがとても効果的です。ごはんだけではなく、水をあまり飲まない子には水にまたたびを混ぜるのもいいですね。

老化防止

またたび入りのおもちゃやまたたびの枝などで遊ばせることで老化防止の効果を期待することができます。なぜかというと、猫は普段あまり咀嚼をしない動物ですのでまたたびの枝などを噛ませることで脳に刺激が与えられ、その結果老化防止につながります。

虫歯予防

こちらもまたたび入りのおもちゃやまたたびの枝などを噛ませることで虫歯を予防する効果が得られます。またたびはよだれの分泌を促進する効果があるためです。

またたびの種類【スプレー/粉末】

Photo byMabelAmber

またたびにはいくつか種類があります。与える状況によって使い分けるといいでしょう。

粉末

粉末状のまたたび。与える量ですが、耳かきの半分程度が最適です。あまりに多くの量を与えると呼吸困難になってしまう場合があるので注意しましょう。

スプレー

スプレータイプのまたたび。猫に直接振りかけるのではなく、おもちゃや爪とぎなどに振りかけて使用します。粉末タイプはそのまま与えるもので、こちらはおもちゃなどに振りかけて間接的に与える使い方です。
用途によって使い分けるといいでしょう。

またたびの木の枝

またたびの木の枝です。そのまま与えてあげることでストレス発散や老化防止、虫歯予防などの効果が期待できます。

こういう場合は危険!またたびを与える際の注意点

Photo bypikabum

猫にまたたびを与える場合、注意しなければいけない点がいくつかあります。猫にまたたびを与えたいと考えている方はよく読んで理解しておきましょう。

与える量に注意

またたびは与えすぎると呼吸困難に陥り、最悪の場合には死に至ることもあります。粉末タイプやスプレータイプのものは与えすぎやすいので量の調節を気を付けましょう。粉末タイプのものは一気に吸い込んでしまうとせき込んでしまったりすることもあるので注意が必要です。
先ほども少し紹介しましたが、与える量は大人の猫であっても耳かきの半分以下の量にしましょう。
始めてまたたびを与える時や不安な方は「またたびの木の枝」から与えるようにするといいですね。

またたびの実は丸飲みの危険がある

またたびの実を与える場合、誤って丸飲みしてしまうと消化系を詰まらせてしまい開腹手術となってしまう可能性がありますのであまりおすすめしません。

またたびは成猫になってから

またたびは成猫になってから与えるようにしましょう。なぜかというと、子猫の時にはまたたびを与えてもあまり効果を発揮しないためです。そしてまたたびは脳を麻痺させる作用があるため、子猫にまたたびを与えると成長が妨げられる可能性があります。子猫と同様に、妊娠中の猫にもあまり効果がありません。

余談ですが、成猫でもオスの方が効果を発揮しやすいようです。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう