パグ・フレンチブルドッグ・ボストンテリアの違いとは?写真で徹底比較!

パグ・フレンチブルドッグ・ボストンテリアの違いとは?写真で徹底比較!

犬種の中には容姿が似ている犬種があります。パグとフレンチブルドッグ、そしてボストンテリアは、とても似ています。パグ、フレンチブルドッグとボストンテリアをどのように見分けるのかを解説します。実はそれぞれに特徴があるのです。

hoshino
ライター

hoshino

小型犬と家族同様に暮らして10年が経ちます。現在0歳から5歳までの小型犬を大切に育てています。毎日が発見と学びの連続です。

記事の目次

  1. 1.パグ・フレンチブルドッグ・ボストンテリアの違いとは?
  2. 2.違い① 大きさ
  3. 3.違い② 飼い方
  4. 4.違い③ 性格

パグ・フレンチブルドッグ・ボストンテリアの違いとは?

パグもフレンチブルドッグも、そしてボストンテリアにも共通した個性があります。それは密かに愛好家が多い「ブサ可愛い」という部分です。

まずはそれぞれの写真を見ていきましょう。

パグ

こちらの写真がパグです。

フレンチブルドッグ

そしてこちらがフレンチブルドッグです。

ボストンテリア

最後にこちらがボストンテリアです。

なんとも言えない表情を見せるそれぞれの犬達。似ているようで似ていないその容姿や、性格を比べてみました。画像を見比べると少しずつその違いがわかります。

今回の記事では飼いやすさや育てる上での注意点についても比べてみました。同じような種類でも、少しずつ違いがあります。似た犬でも明確な違いに気づいてください。

販売の値段は、ボストンテリアが一番高額で30万円~40万円となっています。フレンチブルドッグとパグは15万円~25万円が相場です。

違い① 大きさ

まずはパグ・フレンチブルドッグ・ボストンテリアの大きさを比べてみましょう。

パグ

パグの特徴は典型的な体型です。縦と横がほぼ同じ長さになっていて、実物を見ると想像していたよりもコンパクトに感じられるものです。

胴が短めで全身がぎゅっと引き締まった印象があります。写真で見比べるフレンチブルドッグやボストンテリアとの違いがわかります。

  • 体重・・6キロから8キロ
  • 体高・・25センチから28センチ

フレンチブルドッグ

個体によって比較的大きめのタイプと小さめのタイプがあります。

これは血統によって左右されます。全身は筋肉質で引き締まった印象です。

ここまではほぼ、パグと同じです。なかなか見分けがつかないのは雰囲気が似ているからです。ただ、パグよりも少し大きめのサイズであることは確かです。

  • 体重・・8キロから15キロ
  • 体高・・26センチから31センチ

ボストンテリア

フレンチブルドッグと似ていますが、よく観察すると違いがわかります。

まずは顔にしわが少ないことに気が付きます。手足が長くスマートな印象があります。耳がやや大きいのも違いの一種です。

  • 体重・・小型の場合7キロ未満 中型の場合7キロから9キロ前後  大型の場合には9キロから11キロまで大きくなります。
  • 体高さ・・38センチから43センチ

違い② 飼い方

フレンチブルドッグ

短頭種独特の鼻をしています。すぐに呼吸器の病気になりやすい傾向がありますので。散歩に連れ出すのもコンスタントな回数を日々こなせることが理想的です。運動は適度にさせて、過度の運動は避けるという習慣が必要です。画像でもわかるように鼻が極端に短いという点がわかります。

ボストンテリア

とにかく大食感と言われるほどの旺盛な食欲があります。好きなようにさせておくと肥満になってしまいます。そして気温の変化に敏感な犬種です・体温調整も苦手ですので寒暖の差を無くすようにしてください。

パグの飼い方

パグは抜け毛が多いのが特徴です。家族にアレルギーのある人が居る場合には、徹底して掃除をするべきです。そして暑さや寒さには弱いので、四季を通じて気温の変化には飼い主が敏感になってあげる必要があります。

違い③ 性格

パグ、フレンチブルドッグ、ボストンテリアは似ているので性格にも差はないのでは?という印象なのですが実際はどうなのでしょうか?

犬種によって性格はそれぞれに違いがあるものです。それぞれの犬種の性格を分析してみました。

パグ

パグは明るくて陽気な性格をしています。

その愛嬌のある表情がそのまま、性格として反映されているような雰囲気です。飼い主のいない時間も、マイペースで過ごせます。穏やかでのんびりとした性格は家族の一員としてすぐに打ち解けることができます。

ただ、独立心がかなり旺盛です。自分の考えを押し通そうとする頑固さが見え隠れする時があるのです。これもパグの持ち味だと飼い主として認識してあげることが必要です。その反面、パグは家族以外の人にも友好的に接していきます。

しつけ面も、あまり強く叱ってしまうと、飼い主に背中を向けてしまうほど、自分の考えを持っています。上手にしつけて、楽しく過ごせるように飼い主側も工夫をしてあげると、パグも飼い主を喜ばせようと愛情を示します。

フレンチブルドッグ

落ち着いた性格というのはパグと似ています。愛嬌があって常に機嫌よく振舞える性格をしています。

その風貌は「怖い犬」というイメージがありますが、実は繊細な部分も持ち合わせています。飼い主に強く叱られた、他の犬に吠えられた、そんなことでも落ち込みます。その性格を受け入れて、穏やかなにしつけを行うことが求められます。

フレンチブルドッグの性格についての詳細はぜひ下記の記事を参考にしてみて下さい。

のイメージ
フレンチブルドッグの性格丸わかり!【忍耐強い?/利口?/凶暴?】
鼻ペチャ好きにはたまらないフレンチブルドッグですが、どのような性格をした犬なのかご存知でしょうか?フレンチブルドッグはしぐさが人間のようで憎めない可愛らしさからファンが多い犬種です。フレンチブルドッグとはどのような性格をした犬なのか紹介します。

ボストンテリア

パグやフレンチブルドッグに比べると、正義感が強くとても落ち着いた性格をしています。なかなか辛抱強いので小さな子供が居る家庭でも、家族同様に生活することができます。

慎重に今の状況を判断して、行動を起こす利発さは、他の犬種よりも優れています。

その反面、感受性の強さも随一です。飼い主のその時の声のトーンや語気で飼い主の気持ちまで把握できる洞察力を持っています。テリア種の血を持つので、何かに熱中すると没頭します。そして頑固に譲らないという一面も持ち合わせます。

縄張り意識も強いので、ちょっとしたことで感情をむき出しにして攻撃性を出してしまう場合もあります。ここは要注意です。

関連記事

Article Ranking