猫パンチの威力とスピードを紹介!猫パンチは侮れない・・

猫パンチの威力とスピードを紹介!猫パンチは侮れない・・

可愛いルックスからは想像つかない、猫パンチの威力。気持ち良さそうに眠っている、と思いきや突然猫パンチをしてくる猫には思わず「意味がわからない…」と思ってしまいます。今回は、そんな猫パンチの威力、そして猫パンチをする意味について解説します。

猫パンチとは?

猫パンチには、パシっといい音がでるくらい高速なものから、ふにゃっと触るような優しい猫パンチまで豊かなバリエーションがあります。

そんな猫パンチには、一体どのような意味があるのでしょう?
猫の気持ちになりながら、解説します。

猫パンチをする意味

猫パンチは、基本、猫の機嫌が優れない時や、不満が爆発した時に繰り出される、猫の必殺技のようなものです。その他、猫同士や飼い主と「じゃれ合いたい」「遊びたい」といった意味で猫パンチをしてくる場合もあります。

猫同士の喧嘩の際にも、猫パンチはかなり有効な技と言えます。まるでボクシングのように、最初は様子見として軽いジャブからスタート、徐々に相手の出方を伺いながら強さを調整して行きます。

怒りが最高潮に増すと、爪を立てて相手に怪我を負わせる場合も…。日頃お世話する飼い主相手でも、猫は容赦しません。

猫が猫パンチをする理由は下記の記事で更に詳細をまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

猫パンチの威力とスピード

Photo by yoppy

では実際に、猫パンチにはどのくらいの威力があるのでしょう?

猫の気分によって、その威力やスピードにも大きな違いがあるようです。詳しくご紹介して行きます。

猫パンチの意味と威力【遊びの時はゆっくりスピード】

猫同士のじゃれ合いやオモチャで遊ぶ際に繰り出す猫パンチは、「遊ぼう!」のサイン。

手を伸ばしてくるような仕草を見せ、スピードもゆっくりです。爪も立てず、痛いと感じるほど強いパンチではありません。

猫は、本当に怒った時や機嫌を害した時のみ爪を立てます。きちんとシーンによって配慮できる、賢い動物です。
猫パンチをしたからといって、すぐにしからないよう注意しましょうね。

猫パンチの意味と威力【不機嫌な時はどっしり重め】

Photo byThomasWolter

機嫌の悪い時など「もう!」と猫なりに居た堪れない感情に陥った時は、ズシンと重ための猫パンチを食らわせてきます。

最初はゆっくり、こちらが理解できずにいると、それに従い強さとスピードをアップさせるので、まともに受けてるとそこそこ痛いものです…。

基本、このような場合は爪を立てることはありません。
飼い主は、猫が何を訴えているのかによくよく耳を傾けるよう心がけましょう。

猫パンチの意味と威力【喧嘩の時はプロのボクサー並】

Photo by hisashi_0822

猫同士の喧嘩の際、猫は自らの身を守るため、爪を立てて相手に猫パンチを繰り出します。速さもその威力もかなりのもの。時速40キロ〜50キロほど出るときもあり、それはまるで、プロのボクサー並です。

特にオス猫の場合はメス猫に比べ力があるので、人間でも注意が必要。例えば野良猫など、相手が警戒していると知らず人間が近寄り猫パンチにより負傷する、というケースも少なくありません。

野良猫は家猫に比べて警戒心が強いのです。安易に近づきすぎないよう、注意しましょう。

まとめ

Photo by amika_san

猫と同じネコ科の動物、ライオン。可愛い猫の中には少なからずあの、勇敢で凶暴なライオンの血が混じっている、とも言えます。

しかし、そこはやっぱり可愛い猫。よほど機嫌を逆なでしない限り、猫は飼い主に危険な猫パンチをすることはありません。

じゃれ合いの延長で猫パンチを不意打ちで食らわされることもありますが、それは猫からの愛情表現です。「大好きだよ!だからいっぱい遊んでね!」のサインだと受け止め、猫とのコミュニケーションを高めて行きましょう。

関連記事

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

Article Ranking