代表的な警察犬の犬種は?警察犬の仕事や報酬・警察犬になるにはどうしたらいいのか?

代表的な警察犬の犬種は?警察犬の仕事や報酬・警察犬になるにはどうしたらいいのか?

ハンドラーに忠実で、淡々と仕事をこなす警察犬。実際に警察犬のおかげで解決した事件はいくつもあります。勇敢で格好いい警察犬の仕事内容や報酬等についてご説明します。あなたの愛犬も警察犬になれるかも?警察犬になる方法もご紹介!

代表的な警察犬の犬種は?

シェパード
Photo byGlobal-Tyrol

警察犬は、犯人の足跡のにおいを辿って逮捕に繋げたり、行方不明者のにおいを追って見つけ出したりと、とても格好いいですよね。

そんな警察犬の代表的な犬種をご紹介します。

ちなみに警察犬は、アメリカのイメージが強いですが、ドイツで最初に採用されたのがはじまりとされています。
警察犬の代表格であるジャーマンシェパードもドイツ原産の犬種です。

ジャーマンシェパード

シェパード
Photo by117271

ジャーマンシェパードは日本のほか、ドイツ、アメリカやイギリスでも警察犬として活躍する代表的な犬種です。
日本国内の警察犬で一番登録の多いのがジャーマンシェパードで、様々な現場で採用されています。

ラブラドールレトリバー

ラブ
Photo byKromdahl

ラブラドールレトリバーは、麻薬探知犬として採用されることが多い犬種です。
日本では1984年から警察犬として登録されました。

ドーベルマン

ドーベルマン
Photo byYamaBSM

ドーベルマンは、警戒心が強く番犬のイメージがある犬種ですが、警察犬としても活躍しています。
ほかにも、戦時中は軍用犬として重宝されました。

上記のほかに警察犬として日本警察犬協会が指定している犬種として、コリーやエアデールテリア、ボクサー、ゴールデンレトリバーがいます。
現在日本警察犬協会が指定している犬種は上記の7種類の犬種です。

ですが、民間の属宅警察犬はその限りではなく、様々な犬種が過去に警察犬として活躍しています。
例えばトイプードルやミニチュアシュナウザー、ミニチュアダックスフンド等も過去に警察犬として合格した実績があります。

名前はそれぞれトイプードルのあんずちゃん、ミニチュアダックスフンドのベッキーちゃん等、可愛らしい名前の一般家庭の犬が属宅警察犬として合格しています。

このように、日本では日本警察犬協会が指定する種類の犬種でなくても、能力が見合えば愛犬を属宅警察犬として活躍させることもできるのです。

警察犬の仕事とは?

シェパード

いろいろと役割を担う警察犬ですが、どのような仕事をしているのでしょうか?

警察犬の仕事を4つにわけてご紹介します。

足跡追及

主に事件現場の遺留品のにおいを覚え、そのにおいをもとに犯人の居場所を探る仕事です。
足跡追及は高い集中力と嗅覚を駆使しなければなりません。

よくニュース等で目にする警察犬は、足跡追及をしていることが多いです。

臭気選別

現場の遺留品が犯人のものであるかを突き止めることが臭気選別犬の仕事です。

鋭い嗅覚を利用し、物を嗅ぎ分ける能力に長けています。麻薬探知犬も臭気選別犬のひとつです。
その能力は裁判でも証拠として認められているほどです。

逮捕

逮捕活動をする警察犬の仕事は、犯人確保と犯人の見張りをします。

警戒心が強く、洞察力必要です。足が速く犯人が逃げても捕まえることができるほか、場合によっては犯人に対して噛み付いたり、警察官を守るような仕事もします。

捜索

雪崩や登山中での遭難等の際に活躍します。

かすかに残った臭気をもとに、行方不明者の捜索活動をします。災害救助犬等もこれにあたります。

警察犬の報酬は?

シェパード
Photo byadamkontor

警察犬は、警察の管轄内である場合は公務員となるため特別な報酬はありません。

属宅警察犬の場合は、地域によって異なりますが、ほとんどが時給制であり、報酬は時給3,000円程が相場です。

そのため、一般の人が属宅警察犬の報酬だけで生活をするのはかなり難しいでしょう。

また、現実は危険な場所であれば一般人の立ち入りは禁止されていることが多く、能力があっても災害救助犬として属宅警察犬が活躍する場は少ないことがあります。

警察犬になるにはどうしたらいいのか?

シェパード
Photo by_Asma_

警察犬になるには、年に1、2回行われている属宅警察犬審査会の試験に受かればどんな種類の犬でも属宅警察犬になることができます。

ただし警察犬になるにはかなり厳しい試験が待っており、一般的なしつけレベルでは絶対に警察犬になることはできません。

具体的には足跡追及試験、臭気選別試験のほか、拳銃の音が鳴っても逃げずにその場で待たせたり、障害物を飛び越える服従訓練もクリアしなければなりません。

何も知識がない人が、愛犬を警察犬にしようと考える場合は、警察犬の訓練が得意なドッグトレーナーとともに試験合格を目指すのが現実的でしょう。

まとめ

シェパード
Photo byCapri23auto

警察犬は、様々な能力を併せ持ったスペシャリストが担う仕事です。

時には行方不明者や犯人を捜し、警察官を防衛し、麻薬探知もします。愛犬を警察犬にするのは簡単ではありません。

生活ができる報酬を得ることができるわけでもありません。

しかしやりがいは何にも勝ることでしょう。愛犬を警察犬にするために、チャレンジしてみるのも面白いのではないでしょうか。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking