猫の「スコ座り」とはどういう座り方?その意味や由来について解説!

猫の「スコ座り」とはどういう座り方?その意味や由来について解説!

猫が足を伸ばしてソファなどに座る姿【スコ座り】、まるでおっさんがソファもたれかかっているような姿は、なんとも愛らしい光景です。そんなおっさん座りのような座り方、一体どんな意味や由来があるのでしょうか?ここでは猫の【スコ座り】の謎を解説していきます!

猫の「スコ座り」とはどういう座り方?

猫が足を前にだらぁんと伸ばし、ソファなどでくつろいでいる座り方を【スコ座り】と言います。

このスコ座り、まるでお風呂あがりのおじさんがくつろいでいる姿に似ていることから、【おっさん座り】などと言われることもあります。

スコ座り種類

実は、猫のおっさん座り(スコ座り)には、3つの種類があるんです。

背もたれ型

文字通り、壁やクッションなどを背もたれにして座る姿勢のことを言います。

腹筋型

背もたれは使用せず、腹筋の力を利用して座る座り方のことを言います。

自立型

重力で上半身のバランスを取って座る座り方のことを言います。もちろん、この座り方の場合、背もたれも腹筋も使用してません。

由来

おっさん座りとの言われている【スコ座り】そのネーミングの由来は、スコティッシュフォールドからきています。

実はこのスコ座り、他の猫ではあまり見られないのですが、スコティッシュフォールドがよくする座り方として有名なのです。そんため、SNS上でよく目にする方も多いのではないでしょうか。

このような理由から、おっさん座りは【スコ座り】と呼ばれるようになったのです。

スコ座りする意味は?

スコティッシュフォールドのスコ座り、単にリラックスしているだけかと思いきや、それだけではなくこんな意味もあったのです。

リラックス

実は、スコ座りをしたままお昼寝してしまう猫もいるほど、スコ座りはリラックスできる座り方なのです。パッと見ると、なんだか窮屈そうな態勢も、身体が柔らかい猫にとってはリラックスできる座り方なのです。

毛づくろい

猫は、起きている時間の大半を毛繕いについやすと言ってもいいほどきれい好きな生き物です。そのため、スコ座りをすることで、お腹周辺をキレイにしようとしているのです。

信頼している

動物は、基本的に弱点であるお腹を自ら晒しだすことを嫌がります。しかし、それをあえてするということは、飼い主さんや家族を信頼しているという証でもあります。

スコ座りで病気の可能性?

垂れ耳に胴長短足が愛らしいスコティッシュフォールドですが、その姿はもともとは奇形で生まれたものなのです。

実は、スコティッシュフォールドは、他の猫種に比べ関節が柔らかいと言われています。そのため、スコ座りが得意なのですが、この関節の柔らかさは、遺伝性の病気が関連していることもあるのです。

スコティッシュフォールドに多い病気に【遺伝性骨形成異常症】というものがあります。この病気は、先天性による遺伝が多く2歳~3歳くらの成長期に発症することが多いと言われています。

症状としては、以下のようなものがあります。

  • 骨や関節に痛みが生じる
  • 骨の変形や軟骨が増えることで、触った時にコブが触れるようになる
発症すると、症状が徐々に悪化し歩行が困難になる場合もあります。そのため、異変を感じたらなるべく早く動物病院で調べてもらうようにしましょう。

スコティッシュフォールド以外の猫もスコ座りするの?

日本猫だって、このようにスコ座りができるんです!

スコ座りと聞くと、スコティッシュフォールドしかしないように思いがちですが、スコティッシュフォールドに限らず他の猫もスコ座りをします。

ただ、短足のスコティッシュフォールドがやるからこそ、おっさんが座っているような見た目になるため、SNSなどでは人気が高いようです。

スコ立ちとは?

スコ座りだけでなく、スコティッシュフォールド好きの人たちの中では【スコ立ち】というのも人気です。まるでミーアキャットが立っているみたなスコ立ち、一体どんな姿なのでしょうか。画像と共にスコ立ちを紹介していきます。

いかがでしたか?スコ座りに匹敵するくらい、スコ座りも可愛いですね。皆さんも、愛らしいスコティッシュフォールドのスコ座りやスコ立ちに癒されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking