たらこの数え方は?たらこの数え方とその理由を紹介!

たらこの数え方は?たらこの数え方とその理由を紹介!

食卓に並ぶたらこ。生で食べても美味しいですし、少し焼いても美味しいですよね。皆さんはどんな食べ方が好きですか?さて、そんなたらこですが、その数え方を皆さんはご存知ですか?知っているようで知らなかったたらこの数え方と、そしてその理由をご紹介します。

たらこの数え方は?

見た目から何となく「1本」「2本」と数えがちなたらこですが、たらこの正式な数え方は「一腹(ひとはら)」です。これはたらこだけじゃなく、たらこを加工した明太子も同じです。

Photo by veroyama

なぜたらこは「一腹 ( ひとはら)」と数えるのか?

なぜ、たらこを「一腹」と数えるのかというと、「腹」は一匹の魚が持っている子の単位を表すからです。たらこや明太子の原材料は、タラの卵巣およびそれを加工した食品です。主にはスケソウダラの卵巣を塩漬けにしたものですが、そのスケソウダラが「1回の産卵で産む分量の卵」という意味で、左右の卵巣をセットで「一腹」と数えます。

注意しなければならないのが、たらこが1つの場合は「一腹」ではありません。もし、お店や居酒屋などで「たらこを一腹ください」と言いうと、細長い卵のまとまりが2本出てきてしまいます。ですので、我々が普段目にするようなたらこが1つだけ欲しい場合は、「たらこを片腹(かたはら)ください」といえば大丈夫です。「半腹」でも良いそうですよ。

たらこ豆知識

たらこは、別名「赤いダイヤ」とも呼ばれていて、塩分やコレステロールは高いものの、ビタミンAとビタミンB3(ナイアシン)が豊富に含まれる食材です。昭和30年代くらいまでは「鱈の子」と呼ばれることが多かったものの、漢字で「鱈子」と書いて「たらのこ」とも「たらこ」とも読めることから、いつしか「たらこ」と呼ばれ始めたそうです。

「赤いダイヤ」のほかに、北信越地方や北海道では「紅葉子(もみじこ)」という別称もあります。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう