トイプードルの散歩の時間・距離・頻度は?散歩時の注意点と一緒に紹介!

トイプードルの散歩の時間・距離・頻度は?散歩時の注意点と一緒に紹介!

小型犬のトイプードルでも散歩が必要なことをご存知でしょうか?今回はトイプードルの散歩の必要性について明らかにした後、適切な散歩時間、距離、頻度などを注意点を交えてご紹介していきます。散歩中の問題行動への対処法にも触れるので、気になる方は是非ご覧ください!

YUKA
ライター

YUKA

記事の目次

  1. 1.トイプードルに散歩は必要?
  2. 2.トイプードルの散歩はいつから始めたらいいの?
  3. 3.トイプードルの散歩の時間・頻度・距離は?
  4. 4.トイプードルの散歩の仕方
  5. 5.トイプードルの散歩時の対応
  6. 6.まとめ

トイプードルに散歩は必要?

Photo byFROGGYTUFF

最近、日本中でペットとして大人気のトイプードル。これから飼育を予定されている方も多いと思いますが、小型の室内犬に散歩は不要だと思っている方は意外と多いのではないでしょうか?

しかし、実は大の運動好きであるトイプードル。たとえ一匹でも尻尾を追いかけて遊び始めるなど、室内でジッとしていることが苦手な犬種です。そのため、散歩に連れ出して外の空気を吸わせてあげることはストレスの発散にも繋がる重要な日課だと言えるでしょう。運動量が足りないと肥満体質になってしまうこともあるので、毎日必ず散歩をしてあげてください。

トイプードルの散歩はいつから始めたらいいの?

トイプードルを初めて飼育する場合、散歩はいつから始めるのが最適なのかご存知でしょうか。

実は、散歩を始めるのに最適な時期は生後6か月以降だと言われています。この時期を選ぶのにはちゃんと理由があるので、以下で詳しくご説明したいと思います。

社会の秩序が分からない

生まれてから数か月の子犬に人間や他の犬との上下関係を理解させることは難しいです。そんな時期に屋外に連れ出すことは、高い危険性を伴います。子犬の安全を第一に考えて生後6か月以内の散歩は控えた方が良いでしょう。

3回のワクチン接種が済んでいない

また、骨や関節等の体のつくりが出来上がるまでの子犬は弱々しくて皮膚病や感染症にかかりやすいです。必ず、3回のワクチンを接種し終わってから外に連れ出すようにしましょう。大切なペットの健康を守るためには飼い主の注意が重要です。

トイプードルの散歩の時間・頻度・距離は?

Photo by Yasuhiko Ito

トイプードルを飼うに当たって、散歩を毎日行う以外にその時間や頻度、距離についても注意しなければなりません。
それらに関する具体的なポイントをまとめたので、目を通しておくことをおススメします。

散歩の時間

飼い犬の散歩は決まった時間にしているという方はきっと多いですよね。しかし、結論から言うと散歩の時間を設定することはあまりおススメ出来ません。一度、この時間は散歩だという感覚を身につけてしまった犬たちは、”散歩に行けないストレス”を感じやすくなってしまいます。

万が一外出できないような悪天候の時、いつもの時間の散歩がないだけで大きな不安要素となってしまう恐れがあるので、出来るだけ散歩の時間はバラつかせるよう意識しましょう。

散歩の頻度

基本的に、毎日散歩に連れて行ってあげましょう。

トイプードルは過去に猟犬であった犬種なので、沢山動いても疲れにくい体の仕組みを持っています。それにも関わらず、運動しない生活を習慣づけさせてしまうと次第に太りやすい体質になってしまうので、飼い主が普段から意識して運動させてあげることが必要です。

外出することでストレス発散に繋がったり、日光浴の効果で病気に強くなる等多数のメリットも存在するため、散歩の時間は大切にしてあげてくださいね。間隔をあけ、1日に2回散歩させてあげるのがベストです。

散歩の距離

1日に2回の散歩を前提にすると、1回の散歩で1~2㎞歩くのが小型犬のトイプードルにとって最適な距離だと言われています。

しかし、運動量は足の速さによって異なるので、ゆっくりペースで散歩する子には長めの散歩時間を取るなど、個体ごとに散歩時間を調節すると良いでしょう。

トイプードルの散歩の仕方

Photo byuser698

散歩もただするのではなく、愛犬が喜んでくれる要素を取り入れることで彼らにとってさらに楽しい時間となるでしょう。ここで、おススメのトイプードルの散歩方法をご紹介していくので参考にしてみてくださいね。

定期的に散歩コースを変える

私たち人間も、毎日同じ道を通るのは飽きてしまいますよね。

その感覚は犬たちも同じ。たまに散歩コースを変えてあげると、普段と違う景色や匂いを前にして彼らは好奇心でいっぱいになります。初めて見るモノ、コトから得られるワクワク感をまた得たい、と散歩に積極的に行きたがる子が増えるようです。

散歩中も触れ合いの時間を作る

散歩道に公園や広場があれば、歩くのはいったん休憩してそこで遊ぶ時間を取ってあげてください。

おススメなのはおもちゃを使用した遊びです。中でもボール遊びなら飼い主も一緒に遊べるので、ペットのトイプードルも大喜びすると思います。

トイプードルの散歩時の対応

散歩中に愛犬が吠えてうるさい、止まってしまって歩かない…、等の問題でお困りの飼い主の方は多いのではないでしょうか。それらの問題行動への適切な対処法についてご説明します。

吠える場合

Photo by Yasuhiko Ito

吠えている時は、”①一緒に遊びたい②怖い③警戒している”のうち、いずれかの感情を持っている可能性が高いです。状況ごとに愛犬の感情を読み取り、それに合った対処をしてあげましょう。

①一緒に遊びたい

散歩中に他の犬に出会った時、ついつい遊びたい気持ちが抑えられずに吠えてしまう子がいます。多くの場合、犬同士の触れ合いの機会が増えていくにつれて克服出来るようなので、相手の犬が嫌がっていなければ積極的に交流させると良いでしょう。

②怖い

怖がりな子であれば、何かしら怖いと感じるものがそばにあると吠えてしまうことがあります。これは個体ごとの性格が原因であるため、克服することは難しいです。その場で有効な対策としては、吠える原因になっているものを愛犬のそばから取り除いてあげると良いでしょう。

③警戒している

Photo by Dakiny

初めて会う人や、犬に対して警戒心を抱くと落ち着きを失って吠えてしまうことがありますが、これについては飼い主との信頼関係が高いほど早く克服させることが出来ます。

まずは飼い主の方が目上の立場であることを理解させるため、「お手」や「お座り」等の簡単なしつけが確実に出来るようにしてください。

そして、散歩中に吠え始めた時には「お座り」をさせて落ち着きを取り戻させます。そのまま吠えずにいられたら、沢山褒めてあげてください。ご褒美としておやつを与えるのも非常に効果的です。

この流れを幾度か繰り返しているうちに、頭の良い犬たちは散歩中に吠えなければ褒めてもらえることを理解します。警戒心よりもご褒美をもらえることで頭がいっぱいになって次第に警戒心が薄れていくことでしょう。

歩かない場合

怖がりな子は、吠える以外に歩かなくなってしまうこともあります。もしも散歩中に歩きたがらなくなった場合には、恐怖の原因となっているものを突き止めてそれを避ける、もしくはその道を避けて散歩すると良いでしょう。

全く動こうとしない時には落ち着きを失っている可能性が高いので、”警戒して吠える”時に有効な対処法と同様の落ち着け方を行うようにしてください。「お座り」をさせた後、再度歩けるようになったらご褒美をあげて褒めてあげましょう。

散歩を嫌がる場合

散歩デビューしたての子は、まだ外の世界の楽しさを知らないために初めは散歩に行くのを嫌がりがちです。

どうしても歩こうとしなければ、まずは自宅の庭やベランダに出してあげることから始めてください。遠くから聞こえる犬の鳴き声や、車の音に聞き慣れてくれば徐々に散歩に行きたがるようになると思います。

まとめ

今回はトイプードルの散歩に関するお役立ち情報を多数ご紹介しました。初めて犬を飼育する方なら散歩の必要性から疑問に感じることが多かったかと思いますが、いかにこの犬種にとって散歩が重要な日課であるのか理解して頂けたのではないでしょうか。

そもそも散歩に行きたがらなかったり、散歩中の問題行動が見られる子には記事内でご紹介した対処法を活用してみてください。

たまに、公園で遊ぶ時間を取ってあげたりして愛犬が喜ぶ様子が見られれば、それは飼い主にとっても嬉しいことでしょう。飼い主、飼い犬とも「楽しい時間」となるような散歩を是非実現してみてください!

関連記事