ハリネズミがなつくためにすべき事6選をご紹介!なつかないで困っている方必見

ハリネズミがなつくためにすべき事6選をご紹介!なつかないで困っている方必見

ハリネズミを飼うようになったけど、全然なつかないで困っている方が多いです。この記事ではハリネズミがなつくためにすべき事6選をご紹介していきます。ハリネズミの性格や特徴を考慮してぜひなつきやすい環境を用意しましょう。

ハリネズミがなつくためににすべき事6選!

手のひらで丸まる可愛いハリネズミに憧れ、さっそくおうちに迎えた方、お困りではないですか?

そう、ぜんぜんなつかないですよね。

ちょっと臆病な個体だと、目が合っただけで「シュッ」と噴気音を出して警戒態勢になってしまったり・・・。とても、手のひらに乗せられる状態ではありません。我が家のハリネズミも最初はそうでした。

基本的に、ハリネズミは臆病な動物で、飼い始めてから慣れるまでにかなりの期間が必要です。残念ながら、短期間に手早くできるようななつかせ方はありません。焦って脅かしてしまってはますますなつかないようになってしまいます。そんなに寿命の短い動物ではないので、飼っているハリネズミの性格に合わせ、じっくり付き合っていくことが大切です。

そのうえで、ハリネズミがなつくためにすべきこと6選をご紹介します。

ハリネズミがなつくために① 落ち着ける環境を用意する!

なつかせ方を考える前にまず、ハリネズミの飼育環境をよく見なおしましょう。落ち着かない飼育環境では、慣れるハリネズミも慣れません。ケージの置き場所は、なるべく静かな場所を選んでいますか?ゆっくりと休める隠れ家は入っていますか?

そのあたりを中心に、一度飼育環境を見直しましょう。

ハリネズミがなつくために② そっとしておく!

Photo byszabfer

落ち着ける環境で飼育し始めたら、しばらくはそっとしておきましょう。

慣れない場所に来たばかりで、ハリネズミは緊張しています。

環境を整えたら、餌やりなど最低限の世話だけして様子を見ます。ここにどれだけの期間を費やせるか、が大切です。少なくとも、見ている目の前で餌を食べるようになるまではそっとしておきましょう。

ハリネズミがなつくために③ 匂いに注意!

Photo byBru-nO

ハリネズミは視力はそんなに良くありませんが、嗅覚がとても敏感です。

お世話をするとき、ハンドソープやハンドクリームの臭いが変わると、慣れない臭いに警戒してしまうことがあります。

なるべく、身に着ける臭いを変えないようにしましょう。ハリネズミのなつかせ方の、大切なポイントの一つです。特に女性の方は香水に注意しましょう。

ハリネズミがなつくために④ 脅かさない!

せっかく落ち着いてきたハリネズミも、脅かしてしまっては元通りどころか、ますます慣れなくなってしまいます。少し落ち着いてきたからといって、無理に触るようなことは厳禁です。大声や大きな音にも注意してください。

ハリネズミがなつくために⑤ 触れ合うなら、夜!

ハリネズミは夜行性の動物です。

そのため、飼育していても活発に活動し始めるのは夜になります。

ハリネズミが自分で起きだし、餌を食べたり水を飲んだりするタイミングを狙いましょう。

ハリネズミがなつくために⑥ 最初は短時間の触れ合いから!

ハリネズミの様子を見つつ、短時間の触れ合いから始めてみましょう。

我が家では、餌を食べているとき、そうっとおなかの下に手を入れて持ち上げることから始めました。嫌がったときはすぐにやめるのはもちろん、特に嫌がらなくても最初は数分くらいにしておきましょう。この方法で少しずつ慣らしていけば、やがて手に乗せられるようになります。

あくまでハリネズミの様子を見ながら行うのが、なつかせ方のコツです。

ハリネズミがなつくまでの期間は?

とにかく待つこと!

Photo bytigerlily713

さて、どのくらいの期間があれば、触れるくらいにまで慣れてくれるのか。

気になるところですよね。

しかし残念ですが、これは一概には言えません。

ハリネズミの性格によって左右されるため、飼っている個体によって大きく変わってくるからです。とにかく気長に待ってあげてください。我が家ではすでに大人になったハリネズミを飼いましたが、手に持てるようになるまで3か月かかりました。神経質な個体ならもっとかかるかもしれません。

慣れないからと焦るのではなく、気長に待ってあげてください。また、子どものハリネズミであれば順応性が高く、もっと早く慣れる傾向にあるようです。

もしハリネズミが慣れなくても・・・

Photo bySilvo

もしかしたら、いくら待ってもなつかない性格の個体を飼っているのかもしれません。たとえ、なつくことがなくても、あなたの大切なペットであることに変わりはありません。

愛情をもって、可愛がってあげてください。

慣れないというだけで、ハリネズミ自体の魅力はなにも変わっていません。もともと、ハリネズミは家畜や愛玩動物ではなく、野生動物です。まったく人慣れしなくても不思議ではないのです。

どうしても、触れない性格のハリネズミは飼いたくない、という場合、購入したペットショップに相談したり、知人に引き取ってもらいましょう。野生化してしまう恐れもあるので、野外に逃がすようなことは決してしないでください。

まとめ

繰り返しになりますが、ハリネズミは本来、臆病な動物です。触ったり抱っこしたりしたくなる気持ちはわかりますが、最初はぐっと我慢し、場所や音、臭いに気を付けて、とにかくハリネズミが落ち着けるまで待っていてあげましょう。そんなに寿命の短い動物ではないので、焦らなくても大丈夫です。

以下のページにハリネズミの寿命や品種をまとめていますので、あわせて参考にしてくださいね。

関連記事

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)