デグーの飼い方・飼育について解説!トイレのしつけや病気にならないために気をつけるべきこと

デグーの飼い方・飼育について解説!トイレのしつけや病気にならないために気をつけるべきこと

ま~るい耳になが~い尻尾!大好きな飼い主に擦り寄る姿がとってもかわいいデグー。ここではデグーの性質や特徴から飼い方、飼育上の注意までまとめました。小動物のペットとして今大注目のデグーとはどんな生き物なのでしょうか!

にし
ライター

にし

幼少期からとにかく動物が大好きでたまらない。 特にゴールデンレトリーバーと琉金には目がない。 最近はオオハシとイグアナを飼ってみたいと密かに願っている。

記事の目次

  1. 1.デグーとは?
  2. 2.デグーってどんな生き物?
  3. 3.デグーについてもっと知ろう!
  4. 4.デグーの飼い方
  5. 5.デグーの飼育時の注意点

デグーとは?

みなさんデグーってご存知ですか?

大きめのネズミのような姿をしているげっ歯類の小動物です。巷で小動物ペットとしてじわじわ人気が上がってきています。

げっ歯類のペットといえばハムスターやモルモットが有名ですが、それよりも知能が高くなつきやすいと人気があるようです。デグーの性質から飼いやすさ、トイレのしつけや病気にならないための注意点まで、かわいいデグーの世界を覗いてみましょう!

デグーってどんな生き物?

Photo byGellinger

デグーはどんな生き物なのでしょうか?

デグーはネズミではない

長い尻尾に丸い耳を持つデグーは、いわゆるネズミとして捉われがちです。デグーマウスと呼ばれることもあり、勘違いをしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはネズミとは全く違う生態をしています。大きく違う点としては

  • デグーは完全草食、ネズミは雑食
  • デグーは昼行性、ネズミは夜行性
などです。確かにデグーの姿はネズミに近いですが、種族としてはモルモットやカピバラに近い動物なのです。なのでデグーマウスと呼ばれているのは間違いです。

その姿からデグーマウスと誤った名付けをされてしまい、販売されたことから世間へ広まってしまったようです。

しかしもう一度言いますが、デグーはネズミではないのでハムスターやマウス用のエサを与えてはいけないので注意してください。

デグーの特徴

  • 体長 20cm〜30cm程度(10cm程度の尻尾を含む)
  • 体重 170g〜230g程度

デグーは身体と同じくらいの長い尻尾が特徴です。アクシデントや事故で切れてしまうこともあるため、デグーを選ぶ時は尻尾が健康なことを確かめましょう。

また、歯が黄色いことも特徴です。健康時は歯が黄色く、白くなると体調が優れない証です。歯が白くなってきたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

デグーの性格

とても活発で元気がよく、遊ぶことも大好きです。

個体差はありますが、慣れると飼い主が大好きになり、いわゆるベタ慣れ状態になることも多く、ペットとして大変向いています。またデグーは大変知能が高く、人を見分けることも出来るため、よく世話をしてくれる人になつくことが多いそうです。

なつかせるためのポイント

  • 小さい頃から人の温もりに慣れさせる
  • 部屋でのお散歩やコミュニケーションを多くとる

小さい頃から手のひらに乗せたり、撫でたりしてあげると、人の体温が心地よい、安心できると感じるようです。部屋でのお散歩はケージ以外の世界に慣れさせるためと、デグーのストレス発散のために行います。部屋のお散歩をする際は、必ず飼い主の目に届く範囲で行い、あらかじめ食べクズや危険なものをなくしておきましょう。

デグーについてもっと知ろう!

デグーについてもっと知りましょう。寿命や毛色の種類、飼いやすさをご紹介します。

デグーの寿命

デグーの寿命は5年〜8年程度です。

小動物のペットとしては平均的な寿命ですね。うさぎやフェレット、ハリネズミなどと同程度の寿命です。

デグーの毛色

日本では主に3種類の毛色のデグーと出会えます。

アグーチ

『アグーチ=野生』という意味で、デグーの本来の毛色です。

全身茶色で、お腹のあたりが白からクリーム色の個体が多いです。一番一般的なデグーの毛色はアグーチになります。

ブルー

ブルーとありますが、青みがかった灰色です。

アグーチよりも身体が小さめの個体も多いです。日本ではとても人気があり、アグーチよりも高価な場合があります。

パイド

『パイド=まだら』という意味です。

経路にかかわらず、まだら模様がついているとパイドと呼ばれます。顔の一部だけや、全身パイドの個体など様々です。またベビーの時はパイドでなくとも成長に応じてまだら模様が出てくる時もあります。

デグーの飼いやすさ

デグーは知能の高さととても人懐っこい性格からとても飼いやすいペットだといえます。

また草食動物のため、においなども少ないです。鳴き声はありますが、小さい声なので近所迷惑になりにくい点も飼いやすさのポイントです。飼い主と遊びたい時や構って欲しい時は小さな鳴き声で甘えて来ますので、その愛情表現もデグーの愛らしさのひとつです。

ハムスターやモルモットなどと同じげっ歯類ですが、格段に人に懐きやすく寿命も長いため、ペットとしておすすめの小動物です。

デグーの飼い方

ここまでデグーの性質や特徴についてお話しました。

では実際にデグーの詳しい飼い方を見ていきましょう!

デグーを飼うために準備するもの

ケージ

単頭飼いであれば40cm×50cm程度の広さが最適です。

また、ジャンプ力があるので高さがある程度あり、ステップなどを用意してあげると良いでしょう。大きめの鳥かごも代用出来ます。

SANKO イージーホーム40 ハイ

参考価格: 1,650円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon7,680円
楽天1,650円

回し車

げっ歯類が大好きな回し車も入れてあげましょう。デグーはとにかく運動が大好きなので、よく回し車で遊んでくれます。

音が気になるようなら消音タイプを選びましょう。

SANKO メタルサイレント 25

参考価格: 1,853円

出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon1,853円
楽天2,178円

給水器

ハムスター用の給水器で代用出来ます。噛むと水が出るタイプがおすすめです。

マルカン ウォーターボトルフラット ‐ 小動物用 1

参考価格: 585円

出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon601円
楽天585円

巣箱

巣箱という名前ですが、デグーが安心して隠れられる場所であれば、形状は箱でなくとも構いません。
厚手のガーゼなどで作った布袋のようなものでも代用出来ます。

砂場

ケージ内に置くとおしっこや飲み水で湿ってしまう場合があるので、ケージの外に容器を用意するのもおすすめです。砂浴びには砂遊びでストレス発散効果と、身体についた皮脂や微生物の除去、両方の効果があります。週に2〜3回を目安に行いましょう。

SANKO デグーサンド

参考価格: 430円

出典: Amazon
出典: 楽天
Amazon430円
楽天516円

エサ

デグーには牧草をメインにデグーフードを与えましょう。

野菜や果物、種などはカロリー過多になってしまう可能性があります。与える際は含有糖類の確認をし、分量に気をつけましょう。

ニンジンやキャベツ、キュウリ、果物などデグーにとってはよくない成分が含まれているものも多いです。おやつに野菜などを与えたい場合は、ペットショップや動物病院で相談しましょう。

SANKO デグー・プラス

「三晃商会 SANKO デグー・プラス ダイエットメンテナンス 600g」 3個セット

参考価格: 698円

出典: Amazon
出典: 楽天
出典: 楽天
出典: 楽天
Amazon2,277円
楽天698円

トイレのしつけ

デグーは基本的にトイレのしつけができません。

マーキングの習性があるからです。自分のテリトリーを周りに示すために行なっているので、1つの場所に決めることが難しいようです。基本的にデグーが一度マーキングをした場所に繰り返しマーキングをするので、そこをトイレとして認識してもらうのは可能です。

人間の都合でトイレはここ、と決めても従ってもらうのは大変難しいでしょう。デグーがマーキングを施したところにトイレセットを設置してみましょう。

コミュニケーション

1:慣れるまで待とう

環境になれるまでは、ケージの隅にいることが多いです。

なかなか出てこなくても無理に出すことは逆効果になるのでやめましょう。繰り返し名前を呼ぶことで、自分の名前も認識します。
 

2:ケージから出てくるまで待とう

ケージの扉を開けて、エサを見せながら名前を呼んでみましょう。

ケージの外に出てきたら、デグーの気がすむまで外を観察させましょう。自分から手のひらに乗ってきたり、手からエサを食べるようになればもう大丈夫!

撫でられるのが大好きなのでたくさんナデナデしてあげましょう。

3:鳴き声は感情のバロメーター

嬉しい時や機嫌がいい時は『ピィピィ』『ピロピロ』と鳴きます。

寂しい時や不安な時は『チーチー』、嫌な時や機嫌が悪いと『ジジジッ』と鳴きます。感情豊かなところもデグーの魅力のひとつです。

コミュニケーションを取りながら、その子の好きなふれ合い方を見つけてあげましょう。

デグーの飼育時の注意点

最後にデグー飼育時の注意点についてです。

肉食動物とのふれ合いには注意

デグーと共に他の動物を飼うことはあまりおすすめしません。

理由としては甘えん坊のデグーのストレスになるからです。また、犬や猫、蛇などの肉食動物との同居は危険も伴います。デグーが部屋でお散歩する際や、飼い主とのふれ合い時は、犬や猫などの肉食動物が同じ空間にいないようにしてください。

同じペットとはいえ、猫や犬がデグーのすばしっこさに思わず本能的に獲物だと襲ってしまうことがあるからです。デグー自身は社交的で好奇心も旺盛のため、同じ空間にいると自分から寄っていってしまうことがあります。デグーはもちろん猫や犬のためにも、思わぬ悲劇を起こさぬよう、空間は分けて飼育することをおすすめします。

病気にならないために

デグーは比較的丈夫で病気にもかかりにくいとされています。

しかし肥満や糖尿病を避けるため、エサやおやつの与えすぎには十分注意してください。与えてもいいおやつの種類がわからない時は、自分だけで判断せず必ず動物病院やペットショップで相談してください。

デグーを始め小動物は身体が小さいために、良いも悪いもすぐに体調に現れます。かわいいからといっておやつをたくさん与えるなど、甘やかし過ぎるのは逆効果です。

いかがでしたでしょうか?

ハムスターやモルモットよりも寿命が長く、とっても人なつっこいデグー。

すり寄って甘える姿や手の上で眠ってしまうほどリラックスしている姿は信頼されていると実感できます。

鳴き声やにおいが少ない点も飼いやすさのポイントです。是非とってもかわいいデグーを家族の一員に加えてみてはいかがでしょうか?

関連記事